GTEC CBTとTEAPを徹底比較しよう!

みなさん、GTEC CBTとTEAPの違いはご存知ですか?
2020年から始まる「大学入学共通テスト(新テスト)」にも、活用される可能性が高いのが、GTEC CBTとTEAPです。ぜひ、この2つの試験について知っておきましょう。

それでは、GTEC CBTとTEAPの違いやそれぞれの特徴をご紹介します。


概要

試験 受験対象 開発元 料金 回数
GTEC CBT 高校生向け ベネッセ

9,720円

年3回
TEAP 高校3年生向け 日本英語検定協会

15,00円

年3回

試験内容

試験 試験時間 試験媒体 満点 CEFRレベル
GTEC CBT 175分 PC

1400点

A1-C1
TEAP 200分 マークシート

400点

A2-B2

READING

試験 回答方法 時間 問題数 満点
GTEC CBT マウスクリック 55分 約40問 350点
TEAP マークシート 70分 60問 100点

LISTENING

試験 回答方法 時間 問題数 満点
GTEC CBT マウスクリック 35分 約40問 350点
TEAP マークシート 約50分 4問 100点

WRITING

試験 回答方法 時間 問題数 満点
GTEC CBT キーボード入力 65分 6問 350点
TEAP 回答用紙へ記入 70分 2問 100点

SPEAKING

試験 回答方法 時間 問題数 満点
GTEC CBT マイクに録音 20分 7問 350点
TEAP 1対1面接 約10分 4問 100点

 


全体的な比較 

GTEC CBTのREADINGやLISTENINGは、大学の講義や学生生活をベースに問題が構成されているものが多いです。そのため、身近な問題だけでなく、アカデミックな内容で出題されるものもあります。WRITINGでは、Eメールを書いたり自分の意見を述べたりとある程度の技術が必要となってきます。SPEAKINGは録音されたものを採点されているため、人前では緊張してしまう人には良いかもしれませんが、自分の意見をはっきりとスムーズに言えるようにもならなければいけません。

TEAPも学生生活がベースとなっていますが、READINGとLISTENINGでは主に大学で使われる文献やグラフを分析しながら理解していく必要があります。そのため、慣れていない人には少し難しいと感じる部分もあるかもしれません。WRITINGに関しては、2問しかないため、じっくりと集中して解くことができます。SPEAKINGは、1対1の面接方式です。実際に面接官と話しながら行われるため、自然な会話を想定しながら試験を受けることができます。

 

詳細はそれぞれの公式ホームページをご覧ください。
GTEC CBT公式ホームページ TEAP公式ホームページ


いかがでしたでしょうか?

いろんな種類の英語4技能試験を受けて、自分に合う試験を見つけてみるのもいいかもしれません。良い点数を取って、受験・就活・仕事などに役立ててください!

<オススメの対策法紹介>

オンライン英会話ベストティーチャーの「TEAP対策コース」ではライティングスピーキングの対策ができます。詳しく知りたい人は?をクリックしてください。

「GTEC CBT対策コース」では、ライティングとスピーキングの対策ができます。自分の書いた英文は講師が添削してくれるので、試験対策に最適です。詳しくは?をクリック!

 

 

GTEC CBT対策記事まとめ

記事内容 記事名
リーディング GTEC CBTリーディングはスキミングとスキャニングで読みとる!
【GTEC CBTリーディング対策】速読力をあげる2つの勉強法
リスニング GTEC CBTのリスニングで確実に高得点を取るポイント
GTEC CBTリスニングで要点をつかむための練習法
GTEC CBTリスニング対策としてメモの取り方を学べ!
【GTEC CBTリスニング対策】問題攻略のために知っておくべき3つの留意点
ライティング GTEC CBTライティングはカタマリ学習法で攻略せよ
GTEC CBTライティングEメール作成問題に効くテンプレート!
GTEC CBTライティング意見展開問題はThesis statementが命!
【GTEC CBTライティング対策】パートごとの使えるフレーズと、解答のポイント
スピーキング   GTEC CBTスピーキング意見展開問題のテンプレート集
GTEC CBTスピーキング情報伝達・照会問題の留守電・道案内のテンプレート 
【GTEC CBTスピーキング対策】使えるテンプレートとフレーズをパート別に徹底解説!

 

この記事を誰かに共有する