2020年度の英検®️S-Interviewについて日本英語検定協会の発表

英検S-Interview

2020年度から大学入試センター試験が「大学入学共通テスト」に移行し、英語の民間試験が併用されるようになります。共通テストの一環として英検を受験する場合は「新方式の英検」を受けなければなりません。

2019年度の新方式の英検は「英検CBT」と「英検2020 1 day S-CBT(高校2年生限定)」の2種類が実施され、「英検 2020 2 days S-Interview(以下S-Interview)」は実施しない方向となっていました。

【英検CBT】コンピュータで受験、スピーキングは吹き込み式

【英検2020 1 day S-CBT】2019年度に限りライティング以外はコンピュータで受験、ライティングのみ手書き、スピーキングは吹き込み式

【S-Interview】すべて手書き、スピーキングは試験官と対面式

新方式の英検については以下の記事もご参照ください↓

【英検®︎情報】新方式の英検®︎とは?従来型との違いを比較

この度、日本英語検定協会から2020年度に実施される「新方式の英検」の詳細が発表されたので、本記事でわかりやすくまとめました。

2020年度「新方式の英検®️」決定事項

・引き続き「英検CBT」と「英検2020 1 day S-CBT」の2種類を中心に実施する。

・上記2つのCBT方式での受験が難しい受験者(吃音、点字やテロップ、筆談などの合理的配慮が必要な方)に対しては「S-Interview」を実施する。

・「S-Interview」は従来の英検と同様、全国約400の公開会場の内、特別措置に適した会場で実施する。CBT用の英検テストセンターは使えない。

・「S-Interview」の試験日は従来型の英検と同様の日程とする。

つまり、障がい等の理由でコンピュータを使った回答や、吹き込み式スピーキング試験の実施が難しい受験生のみ合理的配慮として「英検2020 2 days S-Interview」の受験ができる、ということです。合理的配慮が必要ない方は、2019年度に引き続きCBT式で受験します。

詳細は公益財団法人 日本英語検定協会からのお知らせをご覧ください。

〈オススメ英検対策法〉

オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」の英検対策コースでは、自宅にいながらライティングの添削やスピーキングの練習ができちゃいます!まずは無料体験してみませんか?詳しくはこちらから
英検対策コースバナー

※英検®及び英検CBT®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

この記事を誰かに共有する