» 【2018年4月入学入試】青山学院大学、TEAP等の英語試験を自己推薦等の入学試験に活用

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】青山学院大学、TEAP等の英語試験を自己推薦等の入学試験に活用

2016.09.07

2018年度入試において、青山学院大学は、文学部英米文学科、地球社会共生学部の「自己推薦入試」、地球社会共生学部の「全国高等学校キリスト者推薦入試」、地球社会共生学部と経済学部の「海外修学経験者入試」、さらにその他一部の学部学科の「一般入試」においてTEAPをはじめとする民間4技能試験を活用しています。

対象となる4技能試験はTEAP、実用英語技能検定、TOEIC 、TOEFL iBT、IELTSです。上記の指定された英語試験で基準スコアを満たすことで、出願資格を得ることができます。入試によって活用できる英語試験が異なるため、注意をしながら確認しましょう。(※2017年8月更新)

 

特別入試におけるTEAPの基準スコアについては、以下の表をご覧ください。

入試の種類 学部・学科 出願基準スコア
自己推薦入試 ①文学部英米文学科
②地球社会共生学部

①4技能300以上
②A:276以上
 B~F:226以上

全国高等学校キリスト者
推薦入試

地球社会共生学部 226点以上
海外修学経験者入試 ①地球社会共生学部
②経済学部
①226以上
②290以上

この記事は、TEAP採用大学を参照しています。また、一般入試の詳細は11月以降に公表される予定です。当サイトでも随時お伝えしてまいります。

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?