» 『4skillsアクセス解析』〜2016年総まとめ編〜

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

お知らせ

『4skillsアクセス解析』〜2016年総まとめ編〜

2017.02.02

『4skills』は、英語4技能試験を受験する方や、学校の授業等で4技能の向上を重視した英語教育を取り入れたい方のための情報サイトです。

運営しているオンライン英会話スクール「ベストティーチャー」は各種資格・検定試験の対策コースを提供していますので、その知見も活かし、GTEC CBTやTEAPなど比較的新しい試験に関する情報もいち早くお伝えしています。

今回は2016年を振り返り、この一年間で掲載した記事の人気TOP5や読者層などを一挙まとめて公開します!
ちなみに皆さん 、2017年の干支は「酉」ですが英語でなんというかご存知でしょうか?
「Chicken 」ではなく、「Rooster(雄鶏)」と表現しますよ。
2017年も皆様にとって魅力的な情報をお届けできるように全力を尽くしていきますので、是非ご期待ください。

ad0c1c247738ebed8b7b8dfb873a98e0_s

2016年に公開された記事は127本。今年は英語教育に力を入れている大学へのインタビューや英検対策記事が主な記事となりました。

アクセス状況を振り返ってみると、「英検」と「TEAP」が注目を集めたようです。英検は2016年度より各級ごとで試験内容の変更があり、特に2級試験にライティング問題が出題されたことで、英作文の対策記事が多く読まれました。TEAPはまだ新しい試験ということもあり、試験概要についての記事が多く閲覧されています。TEAPを開発した上智大学をはじめ、現在多くの大学が英語外部試験を入試に活用しています。高校生の皆様は、TEAPやIELTS, TOEFL iBT, 英検など、様々な試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

「英語力」はグローバル化が叫ばれる現代に置いて必須スキルとなります。また、ただ英語が使えるだけでなく文化の異なる人々とコミュニケーションをとるスキルや多様性を理解することも重要です。インターネットが国境をなくし、リアルタイムで世界中の人と繋がることができる今、理解する力(Listening, Reading)と発信する力(Speaking, Writing)の4つの力をまず身につけることが重要です。

4skillsは今後も4技能の普及と対策を通じて、英語が使える日本人を増やすことを目指し、ご覧いただいている皆様に求められる情報を発信していきたいと思います。

<読者層>

24歳以下  38.54%
25歳〜34歳  20.37%

約50%の方が34歳以下の方という結果になりました。

2020年に向けて日本の英語教育が変化し始め、英語外部試験を受験に活用する大学が増加傾向にあります。また、2015年には上智大学と日本英語検定協会が共同開発した「TEAP」がスタートし、英語の「読む」「書く」「話す」「聞く」4つの総合的なスキルをつけることが重視される傾向にあります。

4skillsは各資格・試験の対策方法だけでなく、4技能試験を利用した入試や英語教育に力を入れている大学の取材を多く行っており、その結果、中・高校生やその保護者の方に多くご覧いただいているようです。

<PV数、セッション数、ユーザー数など>

 ページビュー数 919,941 
セッション数  390,766
訪問者数  280,056
 1セッションあたり閲覧ページ数 2.35 
平均セッション  1分26秒 
 直帰率 20.79% 

ページビュー数は約92万、訪問者数は約28万という結果になり、2016年も多くの方にご覧いただけました。2016年は英検の試験様式が大きく変化した年であったため、英検の記事が毎月人気記事にランクインしています。

<参照元>

Googleからの検索 191,158セッション(48.92%)
Yahooからの検索 113,156セッション(28.96%)

4skillsを訪れる方がどこからやってきているのか調べたところ、約80%が検索エンジン経由での流入だということが判明しました。

<検索ワード>

1位 teap 
2位 teap 難易度
3位 英作文 書き方
4位 英検2級 ライティング
5位 teap 対策

検索キーワードランキングの1位は「TEAP」!
3位と5位も「TEAP」に関する検索がランクインしており、英語4技能への関心が高まる中、併せてTEAPへの関心度も高まっているのではないかと感じます。英語外部試験を活用する大学も増加しているため、入試要項などで見かける頻度が高くなり広く周知されたこともあるでしょう。高校2・3年生の皆様はぜひ定期的に受験し、英語学習のモチベーションアップや受験に活用してみてはいかがでしょうか?

<年次セッション数ランキング>

こちらは、2016年度のセッション数のランキングです。

1位  10月9日 (日)   4,720
2位 10月8日 (土)   4,433
3位 6月12日 (日)  3,142
4位 11月20日 (日)  2,540
5位 1月24日  (日)  2,354

ランキングをぱっと見ただけで何か閃いた方は相当の英語試験マスターかもしれませんね。
なんと、6月12日に英検第1回一次試験、10月9日には英検第2回一次試験の試験が実施されました。また、11月20日にはTEAPとGTEC CBTが同時開催された日です。

試験前日や当日の隙間時間に4skillsを見ていただいているということがわかりますね。
直前対策記事なども公開しているので、最後のブラッシュアップにご活用いただければと思います。

<2016年の人気記事ランキング TOP5>

1位  TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

-2016-09-01-11.58.03

公開日 : 2016年7月7日
ページビュー : 52,480

堂々トップはTEAPの概要記事です。こちらは毎月4skillsのランキング上位に入る記事です。2017年度以降の入試からTEAPを大学入試に活用する大学数が増加傾向にあり、また上智大学や早稲田大学などの上位大学の入学試験で活用できることから、高校生やその保護者の方、指導者の方に是非見ていただきたい記事となっております!

2位   英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

s_essey

公開日 : 2015年6月3日
ページビュー : 39,609

英検の英作文も意識した記事となっており、使えるコロケーションがたくさん記載されていますよ!2016年から2級にライティング問題が追加され、英作文対策が注目されました。2級は英検の中でも受験者数が多くポピュラーな級のため、年齢を問わず多くの受験者の方々に参考にしていただきたい記事となっています。

3位 英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

eiken2-essay

公開日 : 2016年6月15日
ページビュー : 28,541

2016年から英検の試験内容が変更され、2級においては、ライティング問題が追加されました!2016年第1回一次試験では、変更について知らない受験者も多くいたそうです。しっかり新英検試験の対策を行い、合格を目指しましょう!

4位 英検2級ライティングは結論・理由・まとめで英作文しよう!

eiken2w

公開日 : 2016年5月26日
ページビュー : 25,597

なんと、第3位にも英検2級のライティング対策記事がランクインしました。新試験へ変更は受験者にとって非常に衝撃的な出来事だったと思われます。新英検試験対策が間に合わず、惜しくも合格できなかった方やこれから受験予定の方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

5位  【2017年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事 

上智大学

公開日 : 2016年7月7日
ページビュー : 24,022

TEAPとは、上智大学と日本英語検定協会が共同で作成した「大学教育レベルにふさわしい英語力」を正確に測定する、アカデミック英語能力判定試験です。上智大学では、TEAPを利用した入試を行なっています。是非TEAP利用入試活用して憧れのキャンパスライフを手に入れましょう!

今後も有益な情報を発信し続けます!

2017年は一体どんな年になるでしょうか?教育指導要領の改訂もそろそろ動き出すとも言われています。また2018年には小学校の英語教科義務化がスタートするため、低学年児童向けの英語教育が活発化していくのではないでしょうか。

4skillsは今後も英語学習者や教育に携わるの皆さまに役立つ情報を発信していきますので、ご期待ください!

 

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?