» 2020年新テスト、国立大学はマーク式と民間英語4技能試験の採用が決定に

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

4技能試験ニュース

2020年新テスト、国立大学はマーク式と民間英語4技能試験の採用が決定に

2017.11.16

国立大学協会は、大学入試センター試験に代わり2020年から実施される大学入学共通テスト(新テスト)の英語について、”新テストの枠組みにおける5教科7科目の位置づけとして認定試験を「一般選抜」の全受験生に課すとともに、平成35年度までは、センターの新テストにおいて実施される英語試験を併せて課すこととし、それらの結果を入学者選抜に活用する”と11月10日に発表しました。

これにより2023年までは、従来のマークシート式と民間英語4技能試験の両方を全国立大校の受験生に課すことになりました。

また、2024年以降の大学入学者選抜における英語4技能評価のあり方については、新テスト導入後の認定試験の実施・定着状況等をもとに、引き続き検討していくとしています。

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?