» これなら続く!海外ドラマや映画を活用したリスニング学習法とは?

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

学習法・勉強法

これなら続く!海外ドラマや映画を活用したリスニング学習法とは?

2017.10.05

リスニングに苦手意識をもっている皆さん、リスニングを勉強という感覚なしに対策できる方法があれば、苦手意識を克服しやすいと思いませんか?
試験対策用のテキストももちろん必要なものですが、リスニングに苦手意識がある方にとってはテキストに向かいながら対策をするだけでは苦しいですよね。テキスト以外の方法も活用してリスニング力をつける、という新しい勉強法を併用すれば、苦手意識が軽減されるのではないでしょうか。

この記事では、テキストを使わずに、ドラマや映画を観ることでリスニング力アップに繋がる勉強法をご紹介します!

ドラマ・映画を観ることのメリット

ドラマや映画をリスニングの勉強に取り入れると、3つの大きな利点があります。

1. 自然な速さの会話に慣れることができる

2. 長い会話のリスニングに慣れることができる

3. さまざまなアクセントの英語を聴くことができる

テキストの学習だけでは難しいこれらの利点によってリスニング力がアップし、テストでもスコアアップを狙えるようになります。

ではこの3つの利点について、もう少し詳しく見ていきましょう。

1. 自然な速さの英語に慣れる

リスニング対策教材などで聴く英語はあまり日常的な英語でなく、テスト用に作られたどちらかと言うとゆっくりしたスピードの英語です。しかし、ドラマや映画ではネイティブスピーカーの自然な速さで話しているため、試験で出題されるものより速いスピードでの聴き取り力が必要になります。その速さに慣れると、試験でのリスニングは余裕をもって取り組むことができるようになります。

2. 長い会話のリスニングに慣れる

近頃、4技能試験ではどの試験のリスニングでも、TOEICのPart3、IELTSのSection3、英検のPart1のように長めの会話文が出題されることが多くなっています。普段から長めの会話文を聴いておくと、テストのときでも焦らずリスニングに集中することができるようになります。ドラマや映画を活用すると、長い連続した会話を聴くことになるので、長い間集中して英語での会話を聴き続けることに慣れることができます。

3. さまざまなアクセントの英語を聴くことができる

TOEICやIELTS、TOEFLなどの4技能試験のリスニングテストでは、さまざまな地域のアクセントの英語が流されます。アメリカ英語が身近である日本人にとっては、アクセントの異なるイギリス英語やオーストラリア英語を聴き取ることは簡単ではありません。ドラマや映画では設定により、アメリカだけでなく、様々な地域のアクセントの英語が使われます。代表的な例は「ハリーポッター」です。ハリーポッターはイギリスが舞台ということもあり、登場人物は基本的にブリティッシュアクセントの英語を話します。アクセントの異なる英語を聴き慣れていれば、テストでも慌てることなく対応できるようになります。自分の受ける資格試験に合わせて、アクセントの違いを元にドラマや映画を選んでみても良いかもしれませんね。

以上が、ドラマや映画を勉強に取り入れることのメリットです。
ここからは、実際にどのように勉強に取り入れていくのかをご紹介します。

ドラマや映画を使った勉強法

ドラマや映画を使ってリスニングの勉強をするときは、以下の順番で行います。

1. 英語音声+日本語字幕

一番初めは、話の内容をつかむこと、セリフをなんとなく覚えることを意識して観ます。このときは、なるべく字幕に頼らず、音声を聴くように心がける程度で良いです。

2. 英語音声+英語字幕

ストーリーがほとんど頭に入った状態で、今度は字幕も英語にして観ます。すると、それまで聴き取れなかった単語も字幕を追うことで分かります。内容はだいたいつかんでいるため、英語での言い回しに気が回るようになります。ここで、ポイントとなるのは初めて出会った単語を調べることです。知らない単語を、状況を思い浮かべながら調べることで、生きた語彙力がグッと伸びます。しかし知らない単語を全て調べていては、ドラマや映画を観ることさえ嫌になってしまいますので、全体の80%が理解できる程度をめどに単語をピックアップして調べていくことが大切です。

3. 英語音声・字幕なし

ここが最終段階です。内容はすでに頭に入っており、知らない単語もほとんどなくなった状態で、英語音声のみで観てみます。すると、字幕に頼ることもできないため、耳で一生懸命英語を聴き取ろうとしますよね。ここまでやってもまだ完璧には英語を聴き取り、理解することは難しいと思います。そんなときは、字幕なしではどうしても分からなかった部分を、字幕をつけて確認する作業を同時に行います。最終的には80%の英語を聴き取ることができれば、理解できるようになるでしょう。

ここまでが大まかな勉強法の流れです。
かなり時間がかかる作業ですが、好きなドラマや英語を使えば興味もわいて、続けることができるのではないでしょうか。スキマ時間を見つけて着実に進めていけば、リスニング力はアップします!
また、余力があればシャドーイングという、聴いた英語をそのまま繰り返すことを行うと、スピーキングにも効果的です。

以下は、この方法を効果的に活用するポイントです。

1. 知らない単語は調べる

2. 80%内容を理解できるようになるまで繰り返し行う

3. 飽きないドラマや映画を選ぶ

最後に

いかかでしたでしょうか。普段何気なく観ているドラマや映画をリスニングの勉強に活用するとたくさんのメリットがあり、リスニング力アップに繋がります!自分の好きなドラマや映画を使って勉強してみるのも良いですね。最近の4技能試験で求められる複雑な会話を聞き取るリスニング力は、ドラマや映画を使った新しい勉強法で強化しましょう!

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?