» 【英検®︎2級総まとめ】英検®︎2級のレベル・問題形式・日程・合格点・活用法・対策法

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

学習法・勉強法

【英検®︎2級総まとめ】英検®︎2級のレベル・問題形式・日程・合格点・活用法・対策法

2018.05.15

 英検2級の受験を予定している学習者の皆さん、対策は順調に進んでいますか?

本記事では、英検2級を受けるなら絶対に知っておきたい問題のレベルや試験構成、試験日程や申し込み期限、合格点や英検2級の活用方法をまとめています。また筆記試験の時間配分や技能別の対策方法も詳しく解説しています。

*試験概要は2018年5月時点のものです。

こんな思いを持ちながら英検2級対策をしている方は、必見です!

「英検2級を初めて受験するので、試験の概要を知りたい!」

「英検2級に合格したらどんな活用方法があるのか知りたい!」

「一次試験の時間配分を知りたい!」

「直前にできることを知りたい!」

「各技能の対策方法が知りたい!」

 英検®︎2級の概要

英検®︎2級合格に必要な英語レベル

英検2級は、準2級までしっかりつけてきた英語力を実生活の様々な分野で応用できるレベルに高めることが目標となる級で、出題される問題は高校卒業・大学入試レベルが目安となります。受験者は海外留学や、国内での入試優遇・単位認定を目的とする高校生が高い割合を占めています。

2級合格のためには、「社会生活に必要な英語を理解し、また使用することができること」が求められます。

審査領域は次のように定められています。

リーディング 社会性のある内容の文章を読んで理解することができる
リスニング 社会性のある内容を聞いて理解することができる
スピーキング 社会性のある話題について会話でやりとりすることができる
ライティング 社会性のある話題について書くことができる

試験構成

英検2級の一次試験では、筆記試験(リーディング・ライティング)とリスニング、二次試験では、面接(スピーキング)が行われます。

まずは一次試験の問題構成を見てみましょう。

一次試験 筆記(85分)/リスニング(約25分)

測定技能 形式課題 形式 問題数 問題文の種類
リーディング 短文の語句
空所補充
文脈に合う適切な語句を補う 20 短文
会話文
長文の語句
空所補充
パッセージの空所に文脈に合う適切な語句を補う 6 説明文
長文の内容
一致選択
パッセージの内容に関する質問を答える 12 Eメール
説明文
ライティング 英作文 指定されたトピックについての英作文を書く 1 (英作文なので問題文はない)
リスニング 会話の内容
一致選択
会話の内容に関する質問に答える(放送回数1回) 15 会話文
文の内容
一致選択
短いパッセージの内容に関する質問に答える(放送回数1回) 15 物語文
説明文

一次試験に合格すると、二次試験を受験することができます。以下が二次試験の問題構成です。

 二次試験 スピーキング(約7分)

測定技能 形式課題 形式 問題数 解答形式
  スピーキング    音読 60語程度のパッセージを読む 1 個人面接

面接委員1人
(応答内容、発音、語い、文法、語法、情報量、積極的にコミュニケーションを図ろうとする意欲や態度などの観点で評価)

パッセージについての質問 音読したパッセージの内容について質問に答える 1
イラストについての質問 3コマのイラストの展開を説明する 1
受験者自身の意見など ある事象・意見について自分の意見などを述べる 1
受験者自身の意見など 日常生活の一般的な事柄に関する自分の意見などを述べる 1

2018年度試験日程

続いて2018年度の試験日程、受付期間をご紹介します。個人で受験する場合、インターネット申込、コンビニ申込、特約書店申込の、3つの申し込み方法があります。詳しい申し込み方法に関しては、英検のホームページをご覧ください!。

回次 受付期間 一次試験 二次試験
第1回

3月9日(金)~5月11日(金)
書店受付締切は5月7日(月)

6月3日(日)

A日程 :7月1日(日)

B日程 :7月8日(日)

第2回

8月1日(水)〜9月14日(金)
書店受付締切は9月7日(金) 

10月7日(日)

A日程 :11月4日(日)

B日程 :11月11日(日)

第3回

11月30日(金)~12月26日(水)
書店受付締切は12月19日(水)

2019年
1月27日(日)


A日程 :
2019年2月24日(日)

B日程 :2019年3月3日(日)

 

スコア・合格点

英検は受験級の合否のほか、CEFRに対応した英検CSEスコアが表示されます。英検CSEスコアでは、各技能が650点満点とされており、一次試験(リーディング・リスニング・ライティング)の合格点は3技能の合計で1520点/1950点(得点率78%)、二次試験(スピーキング)の合格点は460点/650点(得点率71%)です。ライティング問題は筆記試験の中の1問のみですが、650点満点で評価されるため一次試験の中での比重は最も大きい1問です。合格点の得点率が高いので、2級の一次試験は各技能をバランスよく得点することが大切です。

英検CSEスコアは試験が実施されるごとに統計的に算出されるため、各技能何問正解すれば合格かはっきりと発表されていませんが、各々6割程度の正答率が合格ラインだと推定されています。

英検CSEスコアについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

 英検®︎2級の活用法

英検2級に向けて勉強し、合格すると英語力の習得のみならず様々な優遇措置を受けられるメリットがあります。 自分の夢や進学目標に一歩近づくために、ぜひ活用してください!

①大学入試に利用する

英検2級を取得していると、多くの学校で総合評価に加点されたり、出願資格を得ることができます。また入試における学科試験の免除、入学金・授業料免除や入学後の英語科目の単位認定を行っている学校もあります。英検の大学入試優遇については、英検®︎の大学入試優遇についてまとめてみた (※2017年更新版)をご覧ください。

②就職活動に利用する

英検2級は就職採用試験の際、履歴書に記載すると英語力のアピールになります。

③留学に利用する

現在、北米を含む約400の大学・カレッジが留学時の語学力証明として、英検を認定しています。例えばアメリカの大学の場合、英検2級は2年制大学・ESL(大学付属の非英語圏の学生を対象とした英語コース)への留学において認められる可能性があります。英検を利用した留学について興味がある方は、公式サイトをチェックしてみてください!英検®︎で海外留学


英検®︎2級の受験対策法

まずは、全体的な留意点です。

筆記試験の時間配分

筆記試験(85分)において、時間の配分はとても大切です。以下の時間配分例を目安にすると、残り5分を残して、見直しに使うことができます。上で述べたように、合格のためには4技能をバランスよく得点することが不可欠なので、リーディングに時間がかかって、ライティングで時間がなくなってしまったということがないように、過去問を解く時から時間配分を意識して対策しましょう。

測定技能 大問 問題形式 問題数 時間配分例
リーディング 1 短文の語句
空所補充
20問 15分
2 長文の語句
空所補充
6問 10分
3 長文の内容
一致選択
12問 40分
ライティング 4  英作文 1問 15分
合計 39問 80/85分 

続いて、技能別の対策法をわかりやすく説明していきます!

リーディング対策法

リーディング問題は、大問1、2の空所補充問題と、大問3の内容一致問題から構成されています。効率的に解くためのコツを、それぞれ見ていきましょう。

1. 空所補充問題を解く時のポイント

空所補充問題は文章の流れを読み取って、適切な語句を選ぶ問題です。全てきちんと読まなくても答えが出る場合がほとんどなので、問題を解く時は読むことにあまり時間をかけず、軽く目を通して流し読みしましょう。また、解答の根拠となる部分に気づくことが解答への近道となります。前後を見て、空所に入るの語句の意味が順接なのか逆接なのかを考えましょう。

2. 内容一致問題を解く時のポイント

内容一致問題は、パッセージの内容に関する質問に答える問題です。解答のポイントとして、まずは設問から読み始めることをおすすめします。この時、設問の固有名詞や数字、その他のキーワードを頭に入れた上で文章を読むと、解答の根拠となる部分を見つけやすくなりますよ。時間短縮を狙いましょう!

リーディングの現在の力を試してみたい!という方は、空所補充問題を10問用意しましたので、ぜひこちらのページをチェックしてみてくださいね!【英検®︎直前!2級確認テスト】これを解いてから本番に臨め!

リスニング対策法

リスニング問題は、大きく第1部と第2部に分かれており、それぞれ15問で合計30問の構成です。第1部は対話形式の問題(個人宅への電話、施設の担当者と客との間の勧誘や依頼などの会話)、第2部は50語~60語程度のモノローグ(アナウンス、個人に関する話、社会的・科学的な話)となっています。問題は1回しか放送されないので、25分間集中力を切らさず、大事なポイントを聞き逃さないようにしましょう!

【第1部と第2部に共通するポイント】

1. 重要なメッセージが述べられることの多い冒頭文、第2文に注目する

放送分の冒頭からは、話者の関係、話そうとしているトピック、状況などが把握できます。先に結論を述べる傾向のある英語の会話/文章では、正解を導き出すために重要な情報がここで提供されることがあります。緊張していても、冒頭から十分に集中して聞く事が必要です!

2. 選択肢を先読みして、放送文の内容を推測する

問題を聞き終えた後に選択肢を見ると、迷っている間に次の問題が始まってしまうことがあります。そこで大切なのが、選択肢を先読みすることです。そうすることによって、事前に問題を予測することもでき、放送文の理解を一層深めることができるでしょう。

 リスニングで確実に点数を取るためには、欠かせないポイントがあります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。【英検®︎2級対策】リスニングで確実に得点を伸ばすための4つのポイント

ライティング対策法

ライティング試験では、与えられたTOPICについて、80〜100語程度で自分の意見とその理由を2つ書きます。「理由を2つ書く」ことが指示されているので、解答には必ず2つの理由を含めるようにしましょう。*POINTSというヒント単語を3つほど提示されていますが、このPOINTSを使わなくても問題ありません。

試験のルールに沿ってその場で文章を書くのは難しいことです。そこで試験本番では、結論・理由・まとめの3つのステップを使って書くことをオススメします!問題を例にとって、ご紹介していきます。

TOPIC::These days, many university students have part-time jobs. Do you think it is a good idea for students to work while attending university?
POINTS:Fee, Time, Experience

ステップ1. 結論 

まずは簡潔な1文で、出来るだけTOPICについての自分の意見を明確に述べましょう。” Do you think…? “という問いかけですので、YesまたはNoの立場で意見を述べることになります。” I (do not)think… “もしくは” I (do not)believe… “と始めると書き始めやすいでしょう。

 I think it is good for university students to have part-time jobs.

ステップ2. 理由 

なぜYes/Noなのか説得力のある理由を述べましょう。それぞれの理由を1〜2文で書くことをオススメします。2つ理由を述べるときは、1つ目の文頭に ” First reason is that… ” 2つ目の理由の文頭に ” Second reason is that… ” を使うと読みやすくなります。

First reason is that not all university students come from rich families. Some students need to work to help pay university fees and living costs. Second reason is that part-time jobs give students valuable experience. Work experience can help students gain a variety of skills that they can use in their future careers.

ステップ3. まとめ

最後にTOPICについての自分の意見を再度明らかにします。文頭には ” In conclusion, To summarize, To sum up, For these reasons, ” などが使えます。英文を言い換えて書くと、より得点upに繋がりますよ!

In conclusion, I think it is a good idea that university students work while attending university. (82語)

英検2級ライティング対策法をもっと詳しく知りたいという方は、

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

英検®︎2級ライティングは結論・理由・まとめで英作文しよう!

をご覧ください!

スピーキングの対策法

スピーキング試験では係員の指示に従い、面接室に入ります。試験は1:1の個別面談形式で行われ、試験時間は一人当たり7分程度です。面接室に入ったら、すべて英語でコミュニケーションを行います。簡単な挨拶の後、英語の短い文章(パッセージ)と3コマのイラストが印刷された問題カードを渡されて、試験が開始されます。

出題ジャンルは、社会性のある問題(環境にやさしい素材、新しいエネルギーなど)が多く出題されているようです。

次に、問題の構成、配点を見てみましょう。

問題の内容 配点
音読 問題カードのパッセージの音読 5
No.1 パッセージについての問題 5
No.2 イラストについての質問 10
No.3

受験者自身の意見を問う質問 (問題カードに関連した内容)

5
No.4

受験者自身の意見を問う質問 (問題カードとは関連しない内容)

5
アティチュード (態度) 3
 − 33点満点

面接の評価には、アティチュード(態度)という項目があり、積極的にコミュニケーションを取ろうとする意欲を示すことが大事です。決して早く話そうとはせず、しっかりと聞き取ってもらえるように、ハキハキと話すことが大事です。

いちばん良くないのは、黙ってしまうことです。たとえ英語を話すスキルは未熟であっても、知っている単語や文法を活用して自分の意見を伝えようとする姿勢があれば、評価はプラスになります。

英検2級スピーキング(面接・二次試験)の対策法をもっと詳しく知りたい方は、

英検®︎2級二次試験の面接で出題される問題を全問解説!をご覧ください!


まとめ 

いかがでしたか?

これで英検2級の試験構成、試験日程、申し込み期限、合格点や英検の活用方法、各技能別の対策方法がわかりましたね。

充分に時間がないという方、もっと細かく対策方法を知りたい!という方は以下の穴埋め対策問題や、技能別の対策記事をぜひチェックしてみでください。

皆さんが英検2級に合格できるよう心から応援しています!

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

【必見】英検®︎2級関連とくダネ情報&記事!

記事内容 記事名
穴埋め対策問題 【英検®︎直前!2級確認テスト】これを解いてから本番に臨め!
リーディング 英検®︎2級リーディングは単語に始まり単語に終わる
リスニング 英検®︎2級リスニングで合格ライン6割を確実に取る人が実践する5つのルール
【英検®︎2級対策】リスニングで確実に得点を伸ばすための4つのポイント
ライティング 英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ
英検®︎2級ライティングは結論・理由・まとめで英作文しよう!
スピーキング  英検®︎2級二次試験の面接で出題される問題を全問解説!
【英検®︎2級二次試験】面接直前でも10分でできる!合格するための4つの対策法

タグ一覧

人気記事

1
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

2
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

3
学習法・勉強法

英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

5
学習法・勉強法

英検®︎3級二次試験は中1英語で合格!スピーキングでパニックにならないための面接シュミレーション!