» 2016年度から英検4級、5級にスピーキングテスト導入が決定

英語4技能資格・検定試験対策サイト

4技能試験ニュース

2016年度から英検4級、5級にスピーキングテスト導入が決定

2015.10.30

リーディング・リスニングで構成されていた英検4級、5級にスピーキングテストが導入されることが本日発表されました。今までは英検3級以上の級からスピーキングテストが実施されていましたが、2016年度より4級と5級にも導入されるとのことです。これで、全ての級で3技能以上を試される試験となりました。

 

英検が発表したプレスリリースの内容

公益財団法人 日本英語検定協会から、来年度 2016年度の第1回実用英語技能検定より、「4級」、「5級」にスピーキングテストを導入することが本日発表されました。

それにより、2016年度以降、実用英語技能検定は全級(「1級」・「準1級」・「2級」・「準2級」・「3級」・「4級」・「5級」)で スピーキングテストの受験が可能となります。また、ライティングにおきましても、先のプレスリリースでの発表の通り、まずは来年度第1回から「2級」で導入し、続けて「準2級」、「3級」も早期実現に向けて、ただいま準備を進めているとのことです。

※ 英検2級のライティング導入につきましては、【速報】CEFR B1レベルの英検2級が4技能化!大学入試で最も利用される可能性もを参照ください。

英検の全級が4技能化!?

英検も4技能強化に向けて、日々試験内容が進化しています。全級が4技能試験になる日も遠くはないでしょう。スピーキングをはじめとした、4技能をバランスよく学習できるのはオンライン英会話のベストティーチャーだけです。ベストティーチャーでは1級と準1級の英検対策コースを用意しております。4級、5級を考えている方で、まだスピーキング対策をしたことがない人はぜひ有効活用してくださいね!

 

※ 詳細は実用英語技能検定「4級」、「5級」 スピーキングテスト導入のお知らせ〜来年度2016年度 第1回より開始〜をご覧ください。

 

英検2級対策
  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

3
2017年4月入学入試

【2017年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

4
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

5
学習法・勉強法

【旧形式】英検準1級一次試験の開始後20分で14点満点中10点を取れる英作文を書く7つのコツ