» 【速報】英検®︎、通常採点に加えAIによる「自動採点」の導入決定を発表:2019年度開始

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

4技能試験ニュース

【速報】英検®︎、通常採点に加えAIによる「自動採点」の導入決定を発表:2019年度開始

2018.10.19

18日、公益財団法人 日本英語検定協会は公式ホームページにて、2019年度から「従来型の英検」と「英検CBT」において、通常採点と並行しAI(Artificial Intelligence=人工知能)による自動採点を導入することを正式に発表しました。今回発表された内容を以下にまとめています。

AIによる自動採点

日本英語検定協会はこれまで複数のAIサービス事業者と共に、スピーキングとライティングテストにおける自動採点化の共同研究を進めてきました。中国のiFlytek社(株式会社サインウェーブ)を含む複数のサービス事業者との共同研究において人の手を介した通常の採点に引けを取らない採点結果が出たため、自動採点を導入し、精度向上、生産性向上等の改善を順次進めていくことを発表しました。

AIによる自動採点の特徴

日本英語検定協会はAIによる自動採点の主な特徴として、以下の4つを挙げています。

■品質を保持しつつ、24時間稼働の実現

■人間による通常採点を補完する採点精度の向上

■採点期間短縮の実現

■無回答や白紙答案仕分けによる採点者の負担軽減

自動採点機能「評価エンジン」

日本英語検定協会がスピーキング・ライティング自動採点において共同研究を続けてきたiFlytek社が提供する「評価エンジン」は10年以上前から中国の高校・大学入試の英語スピーキング試験に採用されており、高い評価を得ているようです。今回、この評価エンジンに英検回答データを機械学習をさせ、採点業務の実証実験をおこなった結果一定の成果が見られたため、自己採点機能の導入を決定したと発表しています。

2019年度、自動採点導入対象試験

日本英語検定協会が2019年度から自動採点を導入する試験の詳細は以下の通りです。

試験の種類 技能 1級 準1級 2級 準2級 3級 4級 5級
従来型の英検 ライティング  ◯  ◯  –  –
スピーキング  △  △  ◯  ◯
英検CBT ライティング  ◯  ◯  ◯  –  –
スピーキング  –  –  ◯  ◯ ◯   –  –

◯=2019年度第1回検定から導入開始

△=随時導入する予定

-=導入予定なし

英検が発表した詳しい情報はこちらです。

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

タグ一覧

人気記事

1
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

2
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

3
学習法・勉強法

英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

英検®︎3級二次試験は中1英語で合格!スピーキングでパニックにならないための面接シュミレーション!

5
学習法・勉強法

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ