» 日本の大学入試での英検導入・利用状況

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

2016年4月入学入試

日本の大学入試での英検導入・利用状況

2015.06.23

年間およそ250万人が受験している英検。小学生以下の受験者もいるほど、幅広い世代からの知名度があります。そんな英検ですが、大学入試でも多様な活用がされています。今回は、大学入試において英検がどのように利用されているかをご紹介します。

英検の採用状況

実際に導入している大学とその学部学科と基準点は毎年異なりますので、最新ニュースをご確認ください。

推薦入試など特別入試での英検を利用している大学が多いです。また、準1級と2級の取得を求める大学が多いのも特徴と言えるでしょう。詳しい情報は、各大学のホームページ、または英検公式サイトでの検索が可能です。

英検の問題は、大学の入試問題に似ているとも言われています。資格のためだけに英検を受験するのではなく、英語学習の一環として英検を受けてみるのもいいかもしれません。

英検のスコアには合否結果だけでなく、受験者の英語力についての評価が記載されますので、それを元に英語学習をすすめることができます。

英検2級対策
  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?