【英検®︎準2級面接スピーキング】二次試験合格のコツと対策法

英検対策コースバナー

スピーキングに苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか?本記事では、英検準2級二次試験(面接形式スピーキングテスト)に合格するためのコツを丁寧にご紹介していきます。(2018年5月時点 情報)

〜目次〜

英検®︎準2級二次試験の概要
試験概要

 採点ポイント

面接シミュレーション
音読
 No.1 読んだパッセージに関する質問
 No.2 イラストAに描かれた5つの行動を描写
 No.3 イラストBに描かれた人物の状況説明
 No.4 問題カードのトピックに関連した一般的な質問
 No.5 問題カードのトピックに直接関係しない質問

面接に対するQ&A


英検®︎準2級二次試験の概要

試験概要

試験時間は約6分です。

形式・課題 問題詳細 配点 
音読 50語程度のパッセージを読む
No.1 パッセージについての質問 音読したパッセージの内容についての質問に答える 5
No.2 イラストについての質 イラスト中の人物の行動を描写する 5
No.3 イラストについての質問 イラスト中の人物の状況を説明する 5
No.4 受験者自身の考え・意見を述べる カードのトピックに関連した内容についての質問に答える
No.5 受験者自身の考え・意見を述べる 日常生活の身近な事柄についての質問に答える
(カードのトピックに直接関連しない内容も含む) 
5
アティチュード  積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢 3

33点満点で、19点で合格です。

採点ポイント

英検準2級レベルの目安は「高校中級程度」と言われ、合格するためには「日常生活に必要な英語を理解し、また使用することができる」ことが求められます。二次試験(面接スピーキング)の審査では「日常生活の話題についてやりとりすることができる」かどうかが試されます。

英検のスピーキングでは、音読や質問への応答内容の他に「アティチュード」という評価項目があります。詳しくは以下記事を参照ください↓

英検®️準2〜2級二次試験アティチュードで満点取る3つの方法

面接シミュレーション

二次試験会場の雰囲気を想像してみましょう。順番が近づくと面接教室の前で待つよう指示を受けます。面接教室の前で待ち、指示に従い教室に入り、面接官へ面接カード(面接の採点をするためのスコア表)を手渡します。

面接官の指示があってから着席します。着席したら”It is nice to see you”などと挨拶をしましょう。その後、面接官から氏名の確認、受験級の確認があり、少しの時間英語で会話をします。

音読

まずは、音読による発音テストです。音読の前に20秒間の黙読時間があります。ここではパッセージ全体にざっと目を通し、内容を把握しましょう。

音読のコツは、焦らずゆっくりと、大きな声で、はっきりと読み上げることです。パッセージのタイトルを読み上げることを忘れないよう気をつけましょう。

音読についての対策は以下記事を参照ください↓

英検®️準2級二次試験:音読と1問目で10点獲得するコツ

No.1 読んだパッセージに関する質問

続いて、質疑応答による会話力テストです。

“According to the passage, +What, When, Where, Who, Why, How 質問が問われます。聞き取りのコツは、 “According to the passage,” の後に続く質問の主語と動詞をしっかりと聞き取ることです!

No.2 イラストAに描かれた5つの行動を描写

イラストAに描かれている5人の行動をシンプルな短文でそれぞれ描写します。

主語は、” A man”  ” A woman”  “A boy”  “Two boys” などを使用し、時制は現在進行系(Be 動詞 + ing)を使用します。スピーキングのコツは、シンプルに答えることです。英検3級面接スピーキング対策法も参照してみてください。

No.3 イラストBに描かれた人物の状況説明

イラストBに描かれている、ある特定の人物の状況を説明をします。

“Look at the girl in Picture B.”などと指示がありますので、注意して聞きましょう。ポイントは、その人物が置かれた状況の「結果(状況)」とその「原因」の2点を述べることです。

問題カード見て答える問題は、 No.3 で終了です。No.3 の解答を終えると、面接官から「問題カードを裏返して置いてください」と指示があります。

No.4 問題カードのトピックに関連した一般的な質問

“Do you think 〜 ?” と始まる質問に答えます。

答えが “Yes” の場合は “Why?”  、答えが “No” の場合は “Why not?” と続けて質問され、”Yes/No”だけでなく、その「理由」や「根拠」を説明することが求められます。

No.5 問題カードのトピックに直接関係しない質問

日常的なトピックに関するに対して、Yes / Noで答え、続けて「理由」や「根拠」を説明することが求められます。

これで英検準2級二次試験は終了です!


面接に対するQ&A

面接試験に関する、よくある質問をまとめてみました。

Q. 面接官はどんな人ですか?

A.日本人の場合が多いですがネイティブのときもあります。受験者は面接官を選ぶことはできません。面接官に左右されないよう心の準備を心がけましょう!

Q. テストは全て英語で行われますか?

A. テストは全て英語です!面接教室に入った時点から挨拶、指示、質問は全て英語です。決まり切った表現には慣れておきましょう。

Q. 問題カードに発音の分からない単語がありました。どうすればいいですか?

A. 発音の仕方がわからい単語があった場合は、「ゴニョゴニョ」とごまかすのではなく、スペルからなんとか予想して読見上げるようにしましょう。

Q. リスニングが苦手です。聞き取れなかったときは?

A. 安心してください。聞き取れなかったら聞き直してください。”Could you say it one more time?”と聞き直しましょう。2、3回は聞き直しても大丈夫です!

Q. 聞き直してもわからなかったら?

A.  無言・沈黙は避けましょう。聞き取れた単語から質問を予測し何か答えましょう。何も答えないと得点は0点ですが、何か答えれば少しでも点数を稼げる可能性は十分あります。

Q. テスト時間は全部でどのくらいですか?

A. 受付から終了までは約1時間です。実際の面接時間は大体10分弱です。

Q. “May I come in?”は面接教室に入るときに言うべき?

A. 絶対に言わなければいけない決まりはありません。言っても言わなくても評価に影響はしません。ただ、”May I come in?”と言って、面接官とのコミュニケーションのスイッチを入れていくのはいいですね。


まとめ

本番に向けて、練習の時から「大きな声で・ゆっくりと」話すことを心がけましょう。本番で言葉が出てこなくて声が小さくなってしまったり、逆にペラペラと早口で喋ったりすると、せっかく説明しても聞き取ってもらえない恐れがあります。落ち着いて話すことができれば、英検準2級の面接は難しくありません。皆さんの合格を応援しています!

<オススメ!英検二次試験対策法>

オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」の英検対策コースでは、自宅にいながらライティングの添削やスピーキングの練習ができちゃいます!まずは無料体験してみませんか?詳しくはこちらから

英検対策コースバナー

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

この記事を誰かに共有する