» 【英検®︎準2級】一次試験合格するためのライティング対策

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

学習法・勉強法

【英検®︎準2級】一次試験合格するためのライティング対策

2018.04.13

英検準2級の一次試験(筆記試験)対策をしている中学生、高校生のみなさん!英検対策は順調に進んでいますか。

この記事では、英検準2級一次試験合格に向けて、ライティング対策法を丁寧にわかりやすくご紹介していきます。

*試験概要は2018年4月時点のものです。

効果的なライティングの対策法・勉強法を知りたい!

「ライティング問題を効率よく進められるテンプレートを知りたい!」

「得点につながる採点のポイントを知りたい!」

「時間内にライティング問題を完答するための時間配分を知りたい!」

ベッティ

こんな思いを持ちながら英検準2級一次試験のライティング対策をしている方、必見よ!

 

英検®︎準2級一次試験の概要

英検®︎準2級合格に必要な英語レベル

英検準2級に出題される英語のレベルは高校の初級から中級程度で、センター試験の問題形式と共通点が多く、大学入試対策にも最適です。

準2級合格のためには、「日常生活に必要な一般的な英語を理解し、使用できること」が求められます。

また日本英語検定協会によると、準2級は「これまで5級・4級・3級と着実に英語の基礎力を身に付け、基本的な応用力として次の段階へ繋がる重要な級」であるとしています。

試験概要

一次試験(リーディング・ライティング75分/リスニング約25分)
技能 問題形式 詳細 問題数  時間配分(例)
リーディング    短文の語句
空所補充
文脈に合う適切な語句を補う。 20 60分    
会話文の文
空所補充
会話文の空所に適切な文や語句を補う。 5
長文の語句
空所補充
パッセージの空所に文脈に合う適切な語句を補う。 5
長文の内容
一致選択
パッセージ(長文)の内容に関する質問に答える。 7
ライティング 英作文

質問に対する解答を英作文

 15分
リスニング    会話の応答文
選択
会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う(放送回数1回) 10  25分 
会話の内容
一致選択
会話の内容に関する質問に答える(放送回数1回) 10 
文の内容
一致選択
短いパッセージの内容に関する質問に答える(放送回数1回)   10

スコア・合格点

英検準2級の一次試験の合格点は、英検CSEスコア1322点/1800点、二次試験の合格点は406点/600点です。

準2級の一次試験は、各技能をバランスよく得点することが大切です。

英検 CSEスコアについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください!読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

英検CSEスコアは試験が実施されるごとに統計的に算出されるため、回次によって何問正解すれば合格かという正答数は異なります。しかし日本英語検定協会によると、各技能6割程度の設問に正答している人の多くが一次試験に合格しているようです。

ライティング問題の採点ポイント

英検準2級の英検CSEスコアでは、リーディング・リスニング・ライティングの技能ごとに600点満点とされており、3技能の合計で1322点/1800点を越えると合格になります。ライティング問題は筆記試験の中の1問のみですが、解答は4つのポイントで採点されます。ポイントごとに0〜4点(16点満点)の5段階で評価CSEスコアは600点満点で評価されます

ポイント①

内容:課題で聞かれていることに答えているか

「課題に対して、あなたの意見とその理由を2つ英文で答えなさい」と問題文で指示されます。自分の意見をしっかりと述べることはもちろん大切ですが、その理由を2つ英作文することを徹底しましょう。この際、理由を1つしか書かかなかったり、自分の意見が曖昧だったりすると、減点の対象になりますので気をつけましょう!

ポイント②

構成:英作文の構成が論理的であり、わかりやすいか

読み手にとって読みやすく、理解しやすい英作文を書くことが求められます。英検準2級のライティング問題では課題に対して自分の意見とその理由を2つ書きますが、接続詞(However, Also, First, Second)等を使い、文全体の構成と流れをわかりやすくしましょう。

ポイント③

語彙:内容に対して、適切な語彙を使えているか

「英単語のスペルを正しく書けているか」や「伝えたい内容に適切な語彙を使っているか」が評価されます。書いた英作文の内容やニュアンスが相手に伝わるかどうか、読み手の立場に立って語彙の使い方を考えてみましょう。

ポイント④

文法:文構造のバリエーションとその正確性

英作文の中に、同じ単語や言い回しを多用するのは避けましょう。同じ表現を何度も使うと、退屈で単調な文章になってしまい、減点対象となります。例えば、「Good」の言い換えとして「Amazing」「Wonderful」「Excellent」などがありますね。単語の言い換え表現だけでなく、文の言い換え表現も織り交ぜていきましょう。


ライティング対策法・勉強法

英検準2級ライティング問題の採点ポイント①〜④をおさらいしました。これで、採点官がどういったポイントに注目しながら採点をしているかイメージができたと思います!

それでは具体的に、英検準2級の英作文の仕方を確認していきましょう。

パラグラフの構成(テンプレート)

英検準2級ライティングは、「導入(Introduction)」・「本文(Body)」・「結論(Conclusion)」の3つを50〜60語で英作文します。

それでは、例題を使って解説していきますよ!

例題 :
・あなたは、外国人の友だちから以下のQUESTIONをされました。
・QUESTIONについて、あなたの意見とその理由を2つ英文で書きなさい。
・語数の目安は50語〜60語です。
・解答がQUESTIONに対応していないと判断された場合は、0点と採点されることがあります。QUESTIONをよく読んでから答えてください。

QUESTION:
Do you think trains should run 24 hours a day in Tokyo?

ベッティ

まずは、設問をよく読んで、質問を理解しよう!「何を聞かれているのか」「どのように答えるのか」を確認してから解答を始めましょうね!

導入(Introduction)

最初に、自分の意見をはっきりと述べます。TOPICに対して賛成の場合はI think〜、反対の場合はI do not think〜から書き始めると良いでしょう。導入で自分の意見を述べる際は、QUESTIONの文をそのまま使用するのがベストです!

賛成の場合:I think that trains should run 24 hours a day in Tokyo.

反対の場合:I do not think that trains should run 24 hours a day in Tokyo.

ベッティ

導入の冒頭文で「I think that ~」「I do not think that ~」と述べることによって、「聞かれたことにしっかりと答えますよ!」と採点官にアピール出来ることができるよ!

本文(Body)

設問に「QUESTIONについて、あなたの意見とその理由を2つ英文で書きなさい」とあります。そのため本文(Body)では、導入(Introduction)で述べた自分の意見を支える理由を2つ英作文します。

今回は、賛成の例を見てみましょう!

There are two reasons.
First,  it is convenient that people can use trains 24 hours a day in Tokyo. For example, if trains stop working in midnight, those who miss the last train have to wait until the morning. 
Second, job creation will help economy to grow. Running trains 24 hours a day will increase job opportunities.

ベッティ

「Because 」から文を始めないように気をつけね!減点対象よ。「Because」は、「~~~, because ~~~.」という形で使うのが正解だよ。

結論(Conclusion)

最後は、再度自分の意見を述べます。以下のように書き始めると良いでしょう。

「For these reasons, I think that ~~~」や「Therefore, I believe that ~~~」といった表現が使えます。これは暗記してしまいましょう!

結論(Conclusion):Therefore, I believe that trains should run 24 hours a day in Tokyo.

ベッティ

結論を書き忘れると減点対象よ!試験中にパニックになって書き忘れないように、普段からの練習が大切ね!

解答例

それでは実際に完成した解答例を見てみましょう!

I think that trains should run 24 hours a day in Tokyo.
There are two reasons. 
First,  it is convenient that people can use trains 24 hours a day in Tokyo. For example, if trains stop working in midnight, those who miss the last train have to wait until the morning. 
Second, job creation will help the economy to grow. Running trains 24 hours a day will increase job opportunities.
Therefore, I believe that trains should run 24 hours a day in Tokyo.

これで、83語です。

指示文には50語〜60語を目安に英作文しましょうと書いてあるので、少し多いくらいでしょうか。本番はもう少し語数を減らしてもいいですが、このくらいの文字数オーバーなら心配することはありません。


まとめ

英検準2級ライティング対策の準備は、これで整いましたね!今回ご紹介した英作文のテンプレートに沿って対策を行えば、ライティングで点数が稼げ、合格点を突破出来ること間違いないでしょう。

もし、「まだ不安が残るな…」と思う中学生・高校生の方がいれば、

記事内で紹介した「導入(Introduction)」・「本文(Body)」・「結論(Conclusion)」の流れを何度も練習してから本番にチャレンジしてください。

みなさんが、英検準2級に合格出来るよう応援しています。

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

英検®︎準2級関連記事一覧

記事内容 記事名
まとめ記事 【英検®︎準2級総まとめ】試験概要・問題内容・合格点・対策法・レベル・日程
英単語 【英検準2級対策】過去問を分析!知っておくべき頻出単語・熟語まとめ
穴埋め対策問題  【英検®︎直前!準2級確認テスト】これを解いてから本番に臨め!
リーディング  英検®︎準2級リーディングはむしろ得点源!問題形式ごとのコツはこれだ
リスニング 【英検®︎準2級】初心者でも一次試験合格するためのリスニング
英検®︎準2級リスニングが苦手な方に読んでほしい決定版対策記事
ライティング 英検®︎準2級ライティングで減点されない英作文の書き方とは?
【英検®︎準2級】一次試験合格するためのライティング対策
英検®︎準2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く3つのコツ
スピーキング 英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!
英検®︎準2級二次試験の面接で出題される問題を全問解説!
【英検®︎準2級面接スピーキング】二次試験合格のコツと対策法
【英検®︎2級二次試験】面接直前でも10分でできる!合格するための4つの対策法

タグ一覧

人気記事

1
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

2
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

3
学習法・勉強法

英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

英検®︎3級二次試験は中1英語で合格!スピーキングでパニックにならないための面接シュミレーション!

5
学習法・勉強法

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ