» 英語ができると人生が変わる。英語ができることの14のメリット!

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

初めての4技能

英語ができると人生が変わる。英語ができることの14のメリット!

2017.09.27

「英語ができると人生が変わる!」たとえあなたが、「英語を勉強したいけどモチベーションが上がらない」とか「英語を勉強するメリットがわからない」と思っていたとしても、英語で人生が変わるなんて言われたら、英語のことが気になりませんか?
本記事では、英語ができるようになると、「日常生活」「ビジネス」「学校」「考え方」などのシーンで、あなたにどのようなメリットが生まれるかをお伝えします。

英語ができると人生が変わる!英語ができることの14のメリット!

《日常生活編》

1.海外の映画やドラマを字幕なしで鑑賞できるようになり、本来の映画そのものを楽しめるようになる

海外の映画やドラマを、英語で楽しめるようになりたい!そう思う人は少なからずいるのではないでしょうか?
英語ができるようになると、映画やドラマを字幕を読むというわずらわしさ抜きに、本来の形で楽しめるようになります。大好きな俳優や女優の肉声をじっくり体感したり、英語ならではの表現を味わえるようになったりします。
また英語だけで鑑賞できるようになると、海外映画やドラマの字幕がいかに極端に意訳されているかがわかり、それをまた楽しむこともできます。

2.友達の輪が広がり、世界中の人と仲良くできるようになる

英語ができるようになると、世界各国の人々とコミュニケーションが取れるようになり、友達の輪がグンと広がります。世界ではどんどんグローバル化が進んでおり、世界のあちらこちらでさまざまな国籍の人が入り混じっていることは、いまや珍しくありません。つまり、外国人との出会いはあらゆる所に存在していますが、世界中に英語を話せる人は20億人ぐらいといわれているのに対して、日本語を話せる人は2億人ぐらいといわれています。この数字を比べただけでも、英語は日本語よりも外国人とのコミュニケーションツールとして断然有利だとわかります。
また、海外の人は日本人にくらべて初対面でも打ち解けやすく、英語が話せるだけですぐ仲良くなれることも多いのです。世界中に友達がいるなんて、なんかかっこいいですよね。

3.海外旅行で困っても解決でき、旅行が充実するようになる

海外旅行のときに、多くの人が困るのが言語の壁ではないでしょうか?しかし、英語ができればこの悩みはかなり解消できるでしょう。世界の多くの国では、海外旅行者が多く訪れる空港やホテルには高確率で英語が話せるスタッフがいますし、今も世界では英語が話せる人口がどんどん増えています。もしあなたが旅先で困ったことがあっても、英語ができれば、誰かに助けを求めることができるでしょう。
また、英語ができれば旅先で出会った外国人と仲良くなって旅をより充実させたり、旅先で騙されたりすることが少なくなることも大きなメリットですよ。

4.日本で困ってる外国人を助けられて、感謝されることがある

日本を訪れる外国人は、今や年間2,000万人以上です。日本全国で、多くの外国人旅行者を見かけますよね。観光地に行ったら、日本人よりも外国人観光客のほうが多いなんてことも。しかし、外国人観光客の多くが日本語を話すことができません。そんなときに、便利なのが英語です。困っている外国人を助けられたら相手から感謝され、とても良い気持ちになれますよね。また、そんな経験を通して、今以上に日本を好きになってくれる外国人が増えたら、何だか誇らしい気持ちにさえなりますね。

《ビジネス編》

1.情報を調べるときに英語のソースが読めると、情報を取得する幅が広がる

ビジネスに欠かすことのできないものは、“情報”ですよね。インターネット上には、ありとあらゆる情報が溢れています。もちろん日本語での情報もたくさんありますが、英語での情報のほうが圧倒的に多いのです。インターネットの大きな特徴が“w.w.w.”(world wide web)であることはご承知でしょう。国の枠を軽々と飛び越えるからこそのインターネットです。例えば、最新のテクノロジーの情報など、日本語ではあまり書かれていない内容の情報が、英語だと無数に書かれていたりします。
情報が多い分、取捨選択することが求められてきますが、英語ができると情報の入り口が一気に広がります。

2.就職のときに役立つ

グローバル化にともない、現在、日本の企業のほとんどで英語ができる人材を求めています。一部の企業では、入社の条件として、ある一定以上のTOEICのスコアを求めている企業もありますし、社内公用語が英語の企業もあります。英語ができることは、就職において大きなアドバンデージになり、この英語ができる人材を求める動きは今後もっと活発になっていくでしょう。

3.多くの仕事を任せてもらえるようになる

グローバル化は、経済において最も急速に広がっています。規模の大小を問わず、今や日本の企業が海外の企業や個人と取引をすることは当たり前になってきており、人口減少にともなう国内市場の縮小とあいまって、海外市場を無視してビジネスはできなくなってきています。そんなときに必要なのが、“英語ができるビジネスパーソン”です。英語での交渉、メール・文書の作成など、英語ができる人材にしか任せられない仕事があります。そのような仕事ができることはあなたの可能性を広げると同時に、上司や同僚からの信頼を厚くすることにつながるでしょう。

4.英語ができる人材のほうが高収入

英語ができる人のほうが、英語ができない人より平均年収が高いという調査結果があります。その理由としては、やはり現在の日本ではまだまだ英語ができる人材が希少で、価値が高いということがいえるでしょう。英語ができる人材が少ないのに関わらず、世界市場を無視しては、ビジネスができない現状では、英語ができる人材の価値はとても高くなります。平均年収が高いとされる外資系企業の社員などが、仕事で使える最低限の英語力を求められるのは当然です。
また企業によっては、昇進や昇給の条件としてTOEICなどのある一定以上のスコアが求められることもあり、英語ができないと昇進や昇給ができないという現実もあります。

《学問編》

1.海外の大学にも行けるという、選択肢が増える

海外の大学(主に英語圏)に行きたいと思った場合は、英語4技能試験(TOEFL、IELTSなど)の結果を大学に提出することが求められます。この英語技能試験である一定の基準のスコアをとらないと、海外の大学に進学することは難しいでしょう。海外の大学に進学することが最良とはいえませんが、大学を決める選択肢は大きく増えます。海外の大学に行くと、日本にはない特殊な学部の授業が受けられたり、海外のさまざまなバックグラウンドを持った学生と交流することができます。日本にいたのでは考えられなかった新しい可能性との出会いも期待できますね。

2.研究に必要な論文を読むことができる

大学や大学院の研究では、多くの論文を読むこと、そして自ら卒業論文等を書くことが求められます。ある限られた分野の研究においては、英語の論文しか出版されていないことがあります。英語ができればより多くの情報に接することや英語からしか得ることができない情報を取得することができます。学問の世界でもグローバル化は急速に進んでいて、論文は英語がスタンダードになってきています。海外も意識して論文を書く場合は、必然的に英語で論文が書くことが求められます。英語ができることは、論文制作においても大きなアドバンテージとなることは、間違いないでしょう。

3.留学するときに奨学金をもらえる

海外の大学や高校に行きたいけど、学費が高くて行けない…。という悩みを抱えている人もいるかと思います。しかし、英語ができれば海外留学のための奨学金をもらえることがあります。英語力だけで奨学金をもらえるということは少ないですが、条件の一つとして、ある一定以上の英語資格試験のスコアをもっていることが求められることが多いのです。

《考え方編》

1.自信がつく

それまでできなかったあることができるようになると、誰しも自信になります。もしあなたが、以前は全く聞くことも話すこともできなかった英語を今は使えて、海外旅行や仕事でも活用できたら、成長を強く感じることができるのではないでしょうか。また、海外のどの国に行っても物怖じせず、旅行や生活をできることは自信になりますよね。このように、英語が使えるようになることで、自分を強くすることができるのです。

2.人に尊敬されることが増える

「英語を使う仕事をこなして、上司や同僚に尊敬された。」「友達や恋人、家族と海外旅行に行って、英語でコミュニケーションがとれて見直された。」「日本で困っている外国人を助けたことで、友達に一目置かれた。」生活のさまざまな場面で英語ができるだけで尊敬されることが!人に尊敬されることは気持ちの良いことですよね!

3.日本や日本語について深く考えたり、良さを実感できるようになる

英語ができるようになると、不思議と日本語についても考えるようになります。他の言葉にはない日本独特の表現や言い回しの素晴らしさに気づかされたりします。また、外国人と各国の文化について話し合うこともでき、日本の文化や日本の国としての素晴らしさに気づくこともできます。英語はあなたに“Discover Japan”を運んでくれるのです。

最後に

英語ができることの良さをわかっていただけたでしょうか?
英語ができるようになると、人生のさまざまな場面で役立ちますし、なによりも自分自身の自信につながります。もちろん英語を習得することは簡単ではなく、それなりの時間と労力を必要としますが、それ以上の大きな価値があると思います。
また、今後大学入試に英語4技能試験が導入されていく動きからも、英語になるべく早く取り組むことは受験の成功にもつながりますよ。
皆さんもぜひ英語をできるようになって、人生にもうひとスパイスを加えてみてはどうでしょうか?

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?