» 日本の大学入試でのGTEC CBT導入・利用状況

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

2016年4月入学入試

日本の大学入試でのGTEC CBT導入・利用状況

2015.05.26

GTEC CBTは関東から九州にかけて、多くの大学が入試で採用しています。その利用のされ方は、一般入試や推薦入試など様々です。今回は、大学入試においてGTEC CBTがどのように利用されているかをご紹介します。

GTEC CBT採用大学

実際に導入している大学とその学部学科と基準点は毎年異なりますので、最新ニュースをご確認ください。

GTEC CBTの傾向として、推薦入試での採用が多いようです。GTEC CBT採用大学の詳細については各大学の公式情報、またはGTEC CBT公式サイトをご確認ください。

現在は、一般入試よりも推薦入試などの特別入試での採用が多い傾向にあることがわかります。授業料の免除などの特別な制度もありますが様々な条件があるので、志望大学の公式ホームページをご覧ください。

GTEC CBTは年齢制限はなく、高校生以上の英語レベルの問題が出題されています。また、スコアの有効期限は受験日から2年なので、英語が得意で推薦入試に挑戦したい高校生は、勉強で忙しくなる前に受験をしてみてはいかがでしょうか。

ベストティーチャー GTEC CBT対策コース
  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?