» 高校生注目!洋楽で無料のスピーキング対策をしよう!

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

学習法・勉強法

高校生注目!洋楽で無料のスピーキング対策をしよう!

2015.06.01

高校ではスピーキングを重点的に教えてもらえる機会は少なく、高校生にとってTOEFLやGTECのスピーキング対策は難しいのではないでしょうか?

多くの高校生は「スピーキング」の基礎がないまま、いきなり英語を話そうとします。しかし、練習皆無、つまり「0」の状態から英語を話せるようにはなりません。

スピーキングの基礎力を付けるために一番の重要事項が、英語の単語とフレーズを覚えることです。

では、どうやって低コストで、効果的に、そして楽しく単語とフレーズを覚えることができるか。

それは、「洋楽を聴くこと」です。

0061f2fba0179f89fb1e06435fd69c79_m

私の実体験では、洋楽を聴くことが一番の効果的なスピーキング対策です。好きな歌手や曲を聴きながらわからない単語やフレーズを辞書で調べることで、自然とヴォキャブラリーが増え、好きな曲なので何度も聴いて自然と覚えます。

私の好きな曲で、日本でもとても有名な曲、”Somewhere Over The Rainbow” (「虹の彼方に」)には私が当初知らなかった単語や素敵なフレーズ、イディオムがたくさん入っています。

たとえば、 dare to ~ (思い切って〜する)のイディオムは、この曲を通して知りました。このように楽しみながら一つ一つの単語やフレーズを覚えていき、ストックした状態でスピーキングに活かすことができます。

なんで洋楽が効果的なの?

①音楽なのでメロディーに乗って、そして楽しみながら単語やフレーズを覚えることができます。また、好きな曲を聴いているから苦にはなりません。

②インターネットから音楽を聴いている場合、無料で音楽を聴くことができます。つまり、無料でスピーキング対策ができます。

③音楽は登校中、歩きながら、作業しながら、寝る前と、いつでもどこでも聴くことができます。スキマ時間を英語の勉強時間にすることができます。

④耳から単語を覚えているから発音が自然と良くなります。話すときも自然とネイティブに近い発音で話すことができます。

d2b568953cf7446bc54b555d506406fc_m

本当に洋楽がスピーキング練習になるの?

洋楽を聴いてて本当にスピーキングができるようになるの?って疑問を持たれる方は少なくないと思います。会話形式の実践的なスピーキング対策も重要ですが、英語の単語やフレーズの土台がないとスピーキングはできません。まずは洋楽を通して、耳から様々な単語、フレーズ、イディオムのインプットをして、気になったものがあればそれを声に出してアウトプットしましょう。それを何度も繰り返すことで自然と覚えていき、英語を話すことになったときに「この単語使ってやろう!」って思うようになります。

 

まとめ

洋楽を聴くのは楽しい、いつでもどこでも聴けて、そして発音がネイティブに近い発音になるためスピーキング対策にしてメリットは大きいと考えられます。洋楽を聴くことで多くの英語の単語やフレーズを増やしましょう。

 

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?