» 【2017年4月入学試験】神田外語大学、一般入試にTEAP等英語4技能試験を活用

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

2017年4月入学入試

【2017年4月入学試験】神田外語大学、一般入試にTEAP等英語4技能試験を活用

2016.08.30

神田外語大学は2017年度一般入試において、TEAP等英語4技能試験を活用することを発表しました。対象の学科は、英米語学科、中国語専攻、韓国語専攻、インドネシア語専攻、ベトナム語専攻、タイ語専攻、スペイン語専攻、ブラジル・ポルトガル専攻、国際コミュニケーション専攻、国際ビジネスキャリア専攻となっています。大学が定める基準スコアを満たすことで、一般入試における「英語」が満点に換算され、合否判定が行われます。

基準スコアは、以下の通りです。

 ケンブリッジ英検  PET以上
 実用英語技能検定  準1級以上
 GTEC CBT  トータルスコア1,100点以上
 IELTS  Overall Band Score 5.0以上
 TEAP (R/L+W+S)  4技能スコア合計280点以上
 TOEFL iBT  Total Score 60点以上
 TOEFL Junior Comprehensive  4技能スコア合計330点以上
 TOEIC & TOEIC SW  TOEIC 700点以上、
かつTOEIC SW合計250点以上

詳細は、以下の出典をご確認ください。

出典: 神田外語大学 一般入試・英語外部資格・検定試験(4技能)

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2017年4月入学入試

【2017年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?