» 【2017年4月入学入試】駒澤大学、TEAP等の英語試験を公募制推薦入学試験に活用

英語4技能資格・検定試験対策サイト

2017年4月入学入試

【2017年4月入学入試】駒澤大学、TEAP等の英語試験を公募制推薦入学試験に活用

2016.09.08

2017年度、駒沢大学は公募制推薦入学試験において「仏教学部」「経済学部」「グローバル・メディア・スタディーズ学部」の3学部を対象に、英語試験を活用しています。対象の英語試験は、TEAP、実用英語技能検定、IELTS、TOEFL iBT、TOEIC、GTEC CBT、GTEC for Students、全国商業高等学校協会の英語検定試験、財団法人日本国際連合協会の国連英検試験です。上記の指定された英語試験で基準スコアを満たすことで、出願資格を得ることとなります。また、入試によって活用できる英語試験が異なるため、注意をしながら確認しましょう。

各試験の基準スコアについては、以下の表をご覧ください。

仏教学部

英語試験 基準スコア
TOEFL iBT 39
TOEIC 480
実用英語技能検定 準2級

 

経済学部

英語試験 基準スコア
TOEFL iBT 45
TOEIC 500
実用英語技能検定 2級
全国商業高等学校協会
の英語検定試験
1級

 

グローバル・メディア・スタディーズ学部

英語試験 基準スコア
TOEFL iBT 54
TOEIC 600
GTEC CBT 940
GTEC for Students 640
TEAP 220
IELTS 4.5
実用英語技能検定 2級
全国商業高等学校協会の
英語検定試験
1級
財団法人日本国際連合協会の
国連英検試験
B級 

詳細については、以下の出典をご覧ください。
出典:駒澤大学公募制推薦入学試験要項