» 英検1級ライティング問題は英作文の前に日本語で回答を考えよう!

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

学習法・勉強法

英検1級ライティング問題は英作文の前に日本語で回答を考えよう!

2016.06.09

英検対策講座

2016年度第一回試験から英検1級の英作文問題に出題形式の変更がありました。毎年の1級合格率は約11%ととても低いです。この変更に惑わされずに、その11%に入りたい! という方が多いのではないでしょうか? ライティングが得意な方も不得意な方もその変更に対応しなければなりませんね。今回は、出題形式の変更点とその攻略法を紹介します。

主な変更点

POINTSがなくなった

今までの試験では、TOPICと6つのPOINTSが与えられていました。そのPOINTSからTOPICに対する主張をサポートする理由を述べる形式でしたが、そのPOINTSがなくなりました。

そのため、POINTSとなる部分を自分の力で考えなければならないのです。悪く考えれば、知識量を増やさなければならない! よく考えれば、自分の考える通りに自由に書ける! ですね。

ワード数の増加

200語程度だった今までの試験から少し増加し、200~240語になりました。
少ししか変わっていないですが、その数十語の重みが伝わってきますよね。 試験中には数える時間がないかもしれないので、だいたいのワード数の感覚をつけていきましょう!

新英検1級ライティング攻略の技

その① 常に問題意識を持とう

POINTSがなくなってしまったわけですから、TOPICを十分理解して、筋の通る理由を3つ述べなければなりません。そのためには、正しい情報とそれに合わせた知識が必要になります。社会問題・環境問題や世界情勢など様々な分野からの出題が考えられます。普段からニュースを気にかけ、それに対して自分がどう思うか日常的に考えておくと試験でも簡単に理由がポンポンポンと出てくるでしょう。

頭で考えてればいいや、なんて思ってはいけません。忙しいときでも、必ず紙にTOPICに対しての主張と理由だけ箇条書きにしておきましょう。また、両方の立場の理由を書いておくと問題意識が深まります。

TOPIC : Should Japan allow more immigrants into the country?
・YES
The economy gets better/ Great chance to improve English/ Japanese culture will spread even more
・No
Results to poor public society/ The immigrants can be rude to local people/ The issue of suffrage will stand out

*英語ではまだ難しいという方は、最初は日本語で始めるのもいいかもしれません。

その② ワード数の感覚をつかんでおこう

ワード数増加で焦っている人・安心している人、さまざまかもしれません。しかし、自分の筆記スピードをしっかり把握しておけば、どのくらいの時間でどのくらいのワード数が書けるかを事前に把握できます。試験だと緊張していつも通り書けなくなる可能性もありますが、自分自身の筆記スピードを事前に分析しておくことが重要です。

コツは、200~240語ですので、だいたい220語を目標に書くことです。220語を目安にしておくと、一言減らしたくなっても・増やしたくなっても安心の数字です。220語の感覚をしっかりつかんでおきましょう。

また、いつも200語くらいで書き終わってしまう・・・いつも250語くらいになって焦っちゃう! と悩んでしまうかもしれません。書きたいことは書ききっちゃったし、削りたいものはもう削り終わっちゃったし、どうしよう! と困ったときの最終手段を準備しておきましょう。

その最終手段とは、類義語で調整することです。単語の形態を変えることで、単語を短くしたり長くしたりできます。地道な作業になりますが、これを自然と使えるようになるとちょうどいい長さの英作文が書けるようになるかもしれません。

a lot of   ⇆ lots of
numbers of ⇆ numerous
additional to ⇆ additionally 
to give an example ⇆ for example
as a result ⇆  results to
these days ⇆ nowadays/ recently
in conclusion ⇆ finally

2つの技を使って新ライティングを攻略しよう

いかがでしたでしょうか? 2つの技を使いこなせば英検1級合格も間違えなしです。2つの技を使った練習を何回も繰り返して、本番に備えましょう。形式変更に惑わされず、合格を手にしてください!

英検対策講座

 
 
  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2017年4月入学入試

【2017年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?