» 英検準2級&3級、新形式に伴う変更内容の詳細が公表されました!

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

4技能試験ニュース

英検準2級&3級、新形式に伴う変更内容の詳細が公表されました!

2017.05.12

日本英語検定協会は、英検全級に対し4技能化を進めており、2017年度第一回実用英語検定より「準2級」と「3級」にライティングテストを導入します。それに伴い、「準2級」と「3級」各々の変更内容の詳細が公表されました。

(1)試験時間の変更

ライティングテストの導入に伴い、「準2級」「3級」の筆記試験の時間が10分延長されます。準2級は現行の65分から75分、3級は現行の40分から50分へと変更されます。

(2)問題形式の変更

ライティングテストの導入に伴い、「準2級」「3級」ともに語句整序問題が削除されます。

(3)測定技能の変更

「リーディング」「リスニング」に加え「ライティング」も一次試験で測定し、スコアに提示されます。

(4)一次試験のCSEスコアの基準値の変更

一次試験が2技能から3技能に増えることから、一次試験のCSEスコアの基準値も変更されます。「準2級」はCSEスコアの満点1800、一次合格スコア1322、「3級」はCSEスコアの満点1650、一次試験合格スコア1103となります。

 

英検CSEスコアについて詳しく知りたい方は、読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?をご覧下さい。

準2級、3級ライティング試験の採点方法と各観点

準2級

・採点方法

解答は4つの観点で採点されます。観点ごとに0〜4点の5段階で評価され、得点の満点は16点となります。CSEスコアの満点は600点です。

・各観点について

①内容 課題で求められている内容(意見とそれに沿った理由2つ)が含まれているかどうか

②構成 英文の構成や流れがわかりやすく論理的であるか

③語彙 課題に相応しい語彙を正しく使えているか

④文法 文構造のバリュエーションやそれらを正しく使えているか

3級

・採点方法

解答は4つの観点で採点されます。観点ごとに0〜4点の5段階で評価され、得点の満点は16点となります。CSEスコアの満点は550点です。

・各観点について

①内容 課題で求められている内容(意見とそれに沿った理由2つ)が含まれているかどうか

②構成 英文の構成や流れがわかりやすく論理的であるか

③語彙 課題に相応しい語彙を正しく使えているか

④文法 文法的に正しい英文が書けているかどうか

日本英語検定協会のホームページでは、「準2級」「3級」のライティングテストの観点ごとの解答アドバイス、解答作成時の注意点なども公表しているので、是非参考にしてみてください。

参照:日本英語検定協会ホームページ

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2017年4月入学入試

【2017年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
2017年4月入学入試

TEAP採用大学の出願時条件まとめ