» 【海外留学企画】オーストラリア語学留学の特徴と準備方法

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

海外大学・MBA留学

【海外留学企画】オーストラリア語学留学の特徴と準備方法

2018.06.19

「【海外留学企画】留学先としてオーストラリアのここがおすすめ!」の記事では、留学先の選択肢としてのオーストラリアをご紹介いたしました。長期、短期にかかわらず、「留学生活」をする環境選びの参考になったのではないでしょうか。

さて、本記事では、高校卒業以降に留学する方に向け、「オーストラリアの語学留学」の特徴と留学準備方法をまとめました。これから留学準備を始める、あるいは検討している方にオススメです。

オーストラリアは、英語を母国語とする国でありながら、多くの移民や留学生に対して英語教育を提供してきた実績を持っています。また、多民族国家であることから「わかりやすい英語」を使うようになったため、地域的な違いが少ないのもオーストラリアの大きな特徴といえます。

オーストラリアの語学学校とは?

自分自身の英語力を高めたいという方にオススメなのが、英語圏の国で生活をしながら現地の語学学校に通うことです。実際に現地のネイティブスピーカーの生活を間近にしながら、学校で習った英語を使うことができるのが一番のメリットといえます。

オーストラリアの語学学校の英語コースは一般的に、ELICOS(エリコス=English Language Intensive Course for Overseas Students)と呼ばれ、オーストラリア国内に190以上の教育機関が存在しています。英語学校は、「私立の英語学校」と「大学付属・カレッジ付属」に分けられます。

私立の語学学校は、コースの内容や期間などを比較的自由に設定できるのが特徴で、大学・カレッジ付属の語学学校は、進学を希望する学生や、5週間以上学ぶ留学希望者に向いています。多くの私立の語学学校のコースは毎週月曜日に入学でき、コースの期間も2週間程度の短期から半年以上の長期まで、自分の希望や目的に合わせて選ぶことが可能です。フルタイム(全日制)の授業は週25時間以上と定められており、20時間が通常のクラス授業、残りはコンピュータールームや図書館などを利用する自習時間になっているのが一般的です。なお、保有するビザの状況に応じて、パートタイム(半日)のコースを選ぶこともできます。

入学条件

オーストラリアの語学学校の場合、進学準備英語コースや専門英語コース、インターンシップ・プログラムなどを除き、英語力の要件はほとんどありません。多くの学校が18歳以上からですが、一部16歳以上あるいは小中高生が参加できるジュニアコースを提供している学校もあります。授業料は、地域や学校、コースによって違いがありますが、1週間でA$350~A$450(約¥30,000〜¥37,000)程度となっています。

語学学校のコースの種類

語学力の向上を目的にするか、語学力の向上に加えて進学を目指す場合には、選択することになるのが一般英語コース(General English)といえます。また、以下の2つのコース以外にも英語4技能試験のIELTSのスコアアップやケンブリッジ英検合格を目指すための対策コースなども選択できる語学学校も多くあります。そのため、留学の目的に応じて語学学校選びをすると良いでしょう。

【一般英語コース】

日常会話、実用的な英語力アップを目指す方に最適なコースです。一般的なコミュニケーションに重点を置き、実用的な会話や聞き取り能力を身につけることができます。また、クラスはレベル分けされているので、自分の英語力に合ったクラスからスタートできるのが特徴です。

【進学準備英語コース】

英語圏の大学・大学院への進学を目指す人が対象で、英文の読解やレポート・論文の書き方、リサーチの方法など、大学で学ぶためのアカデミックスキルを総合的に勉強できます。提携の大学等への進学を希望する場合は、規定の成績でコースを修了すると、入学に必要な英語資格試験が免除されます。

オーストラリアへの語学留学の流れ

滞在したい都市や通いたいと思う学校を選ぶことも大事ですが、実際の出発日から遡って、留学準備を進めることも大切です。具体的な留学の目標・目的を明確にすることが一番重要ですが、他にも準備をしなければいけないことがたくさんありますが、まずは、以下に記載したことを「やるべきこと」として情報を集めてみてください。

いかがでしたか。オーストラリアへの語学留学をするイメージが湧きましたか?語学留学は期間が短い場合が多いので、英語力について具体的な留学の目標・目的を明確にすることが一番重要です。

留学の準備を進めていくと学校への出願、ビザの申請、保険の手続きといった今までにやったことがない手続きが多くあります。少し手間のかかる手続きは、留学エージェントにすべて任せてしまうこともできますが、実際に現地行った後のトラブル時に、自分自身で手配した経験が生きることもあります。ネット上にはさまざまな情報が載っていますので、時間の余裕がある場合は、できるだけ自分で手続きしてみることをオススメします。

オーストラリア政府の教育関連公式ウェブサイト「Study in Australia」

オーストラリア連邦政府に認定されている政府認定校の検索「CRICOS」

オーストラリアの学生ビザの取得方法はこちら「オーストラリア学生ビザ(サブクラス500)」

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

3
学習法・勉強法

英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

5
学習法・勉強法

英検®︎3級二次試験は中1英語で合格!スピーキングでパニックにならないための面接シュミレーション!