» 【2018年4月入学入試】中央大学の英語運用能力特別入学試験はTEAP2技能を活用

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】中央大学の英語運用能力特別入学試験はTEAP2技能を活用

2015.12.14

中央大学では、多様な入試制度の1つとして「英語運用能力特別入学試験」を設けています。TEAP、TOEFL、TOEIC、英検などの高得点者で英語の運用能力に優れた方を対象としているため、TEAPのスコアを持っている方はぜひ検討してみてください!

2018年度入試の概要

必要となるTEAPスコア

TEAP(Reading、Listeningの合計)のスコアが140以上。文学部のみ、4技能280以上。

TEAPスコアを利用して出願可能な学部・学科

法学部(法律学科、国際企業関係法学科、政治学科)、経済学部(経済学科、経済情報システム学科、国際経済学科、公共・環境経済学科)商学部(経営学科、会計学科、商業・貿易学科、金融学科)、文学部(国文学専攻、英語文学文化専攻、ドイツ語文学文化専攻、フランス語文学文化専攻、中国言語文化専攻、日本史学専攻、東洋史学専攻、西洋史学専攻、哲学専攻、社会学専攻、社会情報学専攻、教育学専攻、心理学専攻)

募集人数

若干名

参考:中央大学HP 英語運用能力特別入学試験

 

TEAP対策

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?