» TEAP採用大学の出願時条件まとめ

英語4技能資格・検定試験対策サイト

2017年4月入学入試

TEAP採用大学の出願時条件まとめ

2016.07.07

2015年から2016年にかけて、TEAPを入試で利用する大学がますます増えてきました。首都圏に限らず、関西や九州などの大学でも利用され始めています。

本記事ではTEAP対策コースのベストティーチャーが、大学入試においてTEAPがどのように利用されているか、現在導入を発表している大学の実例とともにご紹介いたします。

TEAP採用大学

TEAP

大学によって、TEAPを一般入試で利用する場合と特別入試で利用する場合があります。また、4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)のスコアを必要とするか、2技能(リーディング、リスニング)のスコアを必要とするかの違いもあります。

ここでは入試形態別、ならびに必要とされる技能数別に、各TEAP採用大学が求める出願時のスコア、条件を紹介していきます。(大学はすべて五十音順で並んでいます。)

一般入試での利用

4技能

<学習院大学>
実施 : 国際社会学部国際社会学科
点数 : 210点~390点の基準スコアに応じ、英語試験の得点を100点~200点とみなす。
詳細 : 【2017年4月入学入試】学習院大学、TEAP等の4技能試験を入試に活用

<関西大学>
実施 : 文学部/外国語学部
点数 :文学部は226以上で出願資格を得ることができる。外国語学部は334以上で「外国語」を満点とする。
詳細:【2017年4月入学入試】関西大学、一般入試にてTEAP等の4技能英語試験を活用

<神田外語大学>
実施 : 外国語学部
点数 : 280以上で「英語」を満点とする。
詳細: 【2017年4月入学試験】神田外語大学、一般入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<関東学院大学>
実施 : 看護学部看護学科(後期)
点数 :4技能189以上、2技能87以上で出願資格を得ることができる。
詳細:【2017年4月入学試験】関東学院大学、一般入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<上智大学>
実施 : 神学部/文学部/総合人間学部/法学部/経済学部/外国語学部/総合グローバル学部/理工学部
点数 : 各学部によって異なる。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細 : 【2017年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

<聖路加国際大学>
実施 : 看護学部
点数 : 226以上で「英語」を80点、334点以上で「英語」を100点とする
詳細:【2017年4月入学試験】聖路加国際大学、一般入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<専修大学>
実施 : 方式により異なる。(全学部全学科対象の方式もあり)
点数 : 226~333で英語試験の得点を80点とみなす。334点以上で100点とみなす。英語試験免除。
詳細 : 【2017年4月入学入試】専修大学、一般入学試験にてTEAP等の4技能英語試験を採用

 <中央大学>
実施:経済学部、文学部、総合政策学部
点数:各学部によって異なる。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細:【2017年4月入学入試】中央大学経済学部・文学部・総合政策学部、TEAPなど英語試験活用方式を実施

<中京大学>
実施 : 文学部/国際教養学部/心理学部/法学部/経済学部/経営学部/総合政策学部/現代社会学部/工学部
点数 : 226点以上で出願資格を得ることができる。
詳細 : 【2017年4月入学入試】中京大学、TEAPなど6種の英語4技能試験を入試に活用

<東洋大学>
実施 : 経営学部を除く全学部
点数 : 70以上の基準スコアに応じ、英語試験の得点を70から100点とする。
詳細 : 【2017年度4月入学試験】東洋大学、TEAP等の英語4技能試験を入試に活用

<東京理科大学>
実施 : 経営学部ビジネスエコノミクス学科
点数 : 226点以上で出願資格を得ることができる。
詳細 : 【2017年4月入学入試】東京理科大学経営学部ビジネスエコノミクス学科、TEAP等英語試験活用方式を実施

<獨協大学>
実施 : 全学部(一部学科除く)
点数 : 学科による。基準以上で英語試験免除。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細: 【2017年4月入学試験】獨協大学、全学部の一般入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<南山大学>
実施 : 全学部全学科
点数 : 360点以上で出願資格を得ることができる。なお、1技能における最低基準スコアは60点。
詳細 : 【2017年4月入学入試】南山大学、全学部でTEAP等英語4技能試験活用方式を採用

<広島修道大学>
実施 : 商学部/人文学部/法学部/経済科学部現代経済学科/人間環境学部/健康科学部/経済科学部経済情報学科
点数 : 186以上で5点加点、226以上で10点加点。
詳細 :  【2017年4月入学入試】広島修道大学、一般入試前期C日程にてTEAP等の4技能英語試験を採用

<法政大学>
実施 : 人間環境学部/スポーツ健康学部/情報科学部/生命科学部の全学科
点数 : いずれの学部・学科も226点以上で出願資格を得ることができる。
詳細 :  【2017年4月入学入試】法政大学、英語外部試験にTEAPの活用が可能に

<武蔵大学>
実施 :①経済学部②人文学部/社会学部
点数 :①298以上②226以上で外国語以外の1教科若しくは2教科で受験可能となる。
詳細:【2017年4月入学試験】武蔵大学、一般方式「全学部統一グローバル型」にTEAP等英語4技能試験を活用

<武蔵野大学>
実施 : グローバル学部/法学部/経済学部/文学部/人間科学部/教育学部/薬学部/看護学部/工学部
点数 : 80点以上の基準スコアに応じ、英語試験の得点を80~100点とする。
詳細 : 【2017年4月入学入試】武蔵野大学、TEAP等の4技能試験を全学部の6種類の入試にて活用

<明治大学>
実施 : 経営学部
点数 : 230点以上で出願資格を得ることができる。
詳細 : 【2017年4月入学入試】明治大学経営学部、TEAP等英語4技能試験活用方式を実施

<明治学院大学>
実施 : 経済学部(国際経営)
点数 : 236以上で英語試験免除。
詳細 : 【2017年4月入学試験】明治学院大学、TEAP等英語4技能試験を活用

<立教大学>
実施 : 全学部
点数 :226以上で出願資格を得ることができる。
詳細:【2017年4月入学入試】立教大学、TEAP等の4技能試験を全学部一般入試等に活用

<立命館大学>
実施 : 法学部・理工学部を除く、すべての学部
点数 : 334点以上でセンター試験英語を換算とする。
詳細: 【2017年4月入学入試】立命館大学、TEAP等の4技能試験を一般入試に活用

<立命館アジア太平洋大学>
実施 : アジア太平洋学部/国際経営学部
点数 : 300以上でセンター試験の外国語を満点とする。
詳細: 【2017年4月入学入試】立命館アジア太平洋大学、一般入試・AO入試にてTEAP等の4技能試験を活用

<早稲田大学>
実施 : 文化構想学部/文学部
点数 : 280点以上で出願資格を得ることができる。。なお、1技能における最低基準スコアは65点。
詳細 : 【2017年4月入学入試】早稲田大学英語4技能テスト利用型の基準スコアはTEAP280点などCEFR B1の中間値に

 

2技能

<エリザベト音楽大学>
実施 : 音楽学部
点数 : 90点以上で英語試験免除。
詳細 : 【2017年4月入学入試】エリザべト音楽大学、TEAPなど5種の英語4技能試験を入試に活用

<京都外国語大学>
実施:全学部
点数:160点以上で出願資格を得ることができる。
詳細:【2017年4月入学入試】京都外国語大学、全学科の入試にてTEAP等の英語試験が活用可能に

<東洋大学>
実施 : 経営学部を除く全学部
点数 : 70点以上の基準スコアに応じ、英語試験の得点を70から100点とする。
詳細 : 【2017年度4月入学試験】東洋大学、TEAP等の英語4技能試験を入試に活用

<東京理科大学>
実施 : 経営学部ビジネスエコノミクス学科
点数 : 100点以上で出願資格を得ることができる。
詳細 : 【2017年4月入学入試】東京理科大学経営学部ビジネスエコノミクス学科、TEAP等英語試験活用方式を実施

<獨協大学>
実施 : 全学部(一部学科除く)
点数 : 学科による。基準以上で英語試験免除。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細: 【2017年4月入学試験】獨協大学、全学部の一般入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<武蔵野大学>
実施 : グローバル学部/法学部/経済学部/文学部/人間科学部/教育学部/薬学部/看護学部/工学部
点数 : 80点以上の基準スコアに応じ、英語試験の得点を80~100点とする。
詳細 : 【2017年4月入学入試】武蔵野大学、TEAP等の4技能試験を全学部の6種類の入試にて活用

<名古屋外国語大学>
実施 : 世界共生学部/外国語学部/現代国際学部
点数 : 334点以上で、外国語の得点に20点加点。
詳細 : 【2017年4月入学試験】名古屋外国語大学入学試験にTEAP等4技能試験を活用

<明治学院大学>
実施 : ①国際学部②経済学部(経済学科)③経済学部(経営)/心理学部
点数 : ①115以上②105以上③100以上で英語試験免除。
詳細 : 【2017年4月入学試験】明治学院大学、TEAP等英語4技能試験を活用

<立命館アジア太平洋大学>
実施 : アジア太平洋学部/国際経営学部
点数 : 130以上でセンター試験の外国語を満点とする。
詳細: 【2017年4月入学入試】立命館アジア太平洋大学、一般入試・AO入試にてTEAP等の4技能試験を活用

 

特別入試での利用

<青山学院大学>
実施 :自己推薦入試(文学部英米文学科/地球社会共生学部)/全国高等学校キリスト者推薦入試(地球社会共生学部)
点数 : 試験方式、学部によって異なる。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細: 【2017年4月入学入試】青山学院大学、TEAP等の英語試験を自己推薦等の入学試験に活用

<学習院大学>
実施 : AO入試(国際社会学部国際社会学科)
点数 : 260以上で出願資格を得ることができる。
詳細 : 【2017年4月入学入試】学習院大学、TEAP等の4技能試験を入試に活用

<鹿児島大学>
実施 :センター入試(全学部)
点数 :334以上で「外国語」を満点とする。
詳細: 【2017年4月入学入試】 鹿児島大学がTEAP等の4技能英語試験を活用

<関西学院大学>
実施 :大学入試センター試験を利用する入学試験(全学部)/グローバル入学試験(Ⅰ・Ⅱ・Ⅴ)(Ⅰ・Ⅱ:理工学部を除く全学部Ⅴ:理工学部)
点数 : 試験方式によって異なる。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細:【2017年4月入学入試】関西学院大学、TEAP等の英語試験をセンター試験利用等の入試に活用

<関西国際大学>
実施 :AO入試(教育学部/人間科学部)
点数 : 226以上で出願資格を得ることができる。
詳細: 【2017年4月入学入試】関西国際大学、AO入試にてTEAP等の4技能英語試験を活用

<京都外国語大学>
実施:自己推薦特別入試B方式(外国語学部)
点数:320点以上で出願資格を得ることができる。
詳細:【2017年4月入学入試】京都外国語大学、全学科の入試にてTEAP等の英語試験が活用可能に

<京都産業大学>
実施:公募推薦入試総合評価型(全学部)
点数:150点から出願資格を得ることができる。。合格最低点からの点差が設定される。
詳細:【2017年4月入学入試】京都産業大学、入試にてTEAP等の4技能英語試験を活用

<近畿大学>
実施 :推薦入試(国際学部)
点数 : 226以上の基準スコアに応じ、英語試験の得点を80~100点とする。
詳細: 【2017年4月入学試験】近畿大学、推薦入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<高知大学>
実施 :土佐さきがけプログラム 国際人材育成コースAO入試Ⅰ(出願資格A)(土佐さきがけプログラム 国際人材育成コース)
点数 : 226以上で英語の得点加算。
詳細: 【2017年4月入学試験】高知大学、TEAP等の英語試験をAO推薦入学試験に活用

<神戸海星女子学院大学>
実施 : 公募推薦A・B方式(現代人間学部英語観光学科/心理こども学科)
点数 : 80以上で10点加点。90以上で基礎学力判定の受験免除。
詳細: 【2017年4月入学試験】神戸海星女子学院大学、公募推薦入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<甲南大学>
実施 : 大学入試センター試験利用型入試前期、外部英語試験活用型(全学部)
点数 : 235以上で出願資格を得ることができる。一部学部で外国語を得点換算。
詳細: 【2017年4月入学試験】甲南大学、センター利用型入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<駒澤大学>
実施 :一般推薦入試(B方式)(グローバル・メディア・スタディーズ学部)
点数 : 220以上で出願資格を得ることができる。
詳細: 【2017年4月入学入試】駒澤大学、TEAP等の英語試験を公募制推薦入学試験に活用

<静岡文化芸術大学>
実施 :英語公募制推薦入試(文化政策学部国際文化学科)
点数 : 226以上で出願資格を得ることができる。
詳細: 【2017年4月入学試験】静岡文化芸術大学、TEAP等の英語試験を公募制推薦入学試験に活用

<常葉大学>
実施:AO入試/一般推薦入試/自己推薦入試(外国語学部)
点数:205以上で10点、230以上で15点、295以上で20点を面接点に加算。
詳細:  【2017年4月入学入試】常葉大学外国語学部、AO入試・推薦入試にてTEAP等の4技能英語試験を採用

<西南学院大学>
実施 : AO入試(文学部英語学科英語専攻)/公募推薦入試(①文学部英文学科②商学部③法学部法律学科・国際関係法学科④人間科学部心理学科)
点数 :AO入試では130以上で出願資格を得ることができる。公募推薦入試では①~③は110以上、④は95以上で出願資格を得ることができる。
詳細:【2017年4月入学試験】西南学院大学、入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<東京女子大学>
実施 : 知のかけはし入試(現代教養学部)
点数 : 110以上(2技能)、226以上(4技能)で出願資格を得ることができる。
詳細 : 【2017年度入学試験】東京女子大学、新設入学試験にTEAP等英語4技能試験を活用

<同支社女子大学>
実施:推薦入試L、AO入試(学芸学部国際教養学科)
点数:推薦入試Lは130以上(2技能)、276以上(4技能)。また、AO入試は106以上(2技能)、226以上(4技能)で出願資格を得ることができる。
詳細:【2017年4月入学入試】同志社女子大学、推薦入学試験にてTEAP等の4技能英語試験を採用

<東洋大学>
実施 : センター利用入試など(対象学部は方式によって異なる)
点数 : 253以上で、英語科目を満点とするなど。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細 : 【2017年度4月入学試験】東洋大学、TEAP等の英語4技能試験を入試に活用

<獨協大学>
実施 : 公募制推薦入試/課外活動推薦入試/卒業生子女入試/社会人入試/特別入試(一部学科除く全学部)
点数 : 学科による。基準以上で英語試験免除。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細: 【2017年4月入学試験】獨協大学、全学部の一般入試にTEAP等英語4技能試験を活用

<名古屋外国語大学>
実施:特別選抜入試特別選抜I英語有資格型自己推薦入試(世界共生学部/外国語学部/現代国際学部)
点数:226点以上で外国語の得点に加算。
詳細: 【2017年4月入学試験】名古屋外国語大学入学試験にTEAP等4技能試験を活用

<名古屋学院大学>
実施:グローバル人材特別入試(外国語学部)
点数:68点以上(2技能)で出願資格を得ることができる。
詳細: 【2017年4月入学試験】名古屋学院大学グローバル人材特別入試にTEAP等の4技能英語試験を採用

<名古屋工業大学>
実施:推薦入試(工学部第一部創造工学教育課程)
点数:68以上(2技能)で推薦入試の出願資格を得ることができる。
詳細: 【2017年4月入学入試】名古屋工業大学、創造工学教育課程にてTEAP等の英語試験を活用

<北海学園大学>
実施:推薦入学試験公募制1部(人文学部)
点数:230点から出願資格を得ることができる。
詳細:【2017年4月入学入試】北海学園大学、推薦入学試験にてTEAP等の4技能英語試験を採用

<武蔵野大学>
実施 : AO入試(①グローバル学部/教育学部②法学部/経済学部/文学部/人間科学部/工学部)
点数 : ①4技能220以上②2技能100以上で出願資格を得ることができるなど。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細 : 【2017年4月入学入試】武蔵野大学、TEAP等の4技能試験を全学部の6種類の入試にて活用

<明治学院大学>
実施 : 自己推薦AO入試(心理学部教育発達学科)
点数 : 100以上(2技能)で出願資格を得ることができる。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細 : 【2017年4月入学試験】明治学院大学、TEAP等英語4技能試験を活用

<桃山学院大学>
実施 : 公募推薦入試/専門学科・総合学科推薦入試/特別活動推薦入試(全学部)
点数 : 150以上で英語試験の得点70点、226以上で90点、334以上で100点とする。
詳細 : 【2017年4月入学試験】桃山学院大学、推薦入学試験にTEAP等英語4技能試験を活用

<龍谷大学>
実施 :センター試験利用入試(前期募集)(全学部)
点数 :280以上で「外国語(英語)」を満点とする。
詳細: 【2017年4月入学入試】龍谷大学、TEAP等の英語試験を入学試験に活用

<立教大学>
実施 : 自由選抜入試(経済学部/経営学部(資格Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)/異文化コミュニケーション学部(資格Ⅱ)/現代心理学部心理学科(資格Ⅴ))/国際コース選抜入試(異文化コミュニケーション学部/社会学部)
点数 :学部学科により異なる。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細:【2017年4月入学入試】立教大学、TEAP等の4技能試験を全学部一般入試等に活用

<立命館アジア太平洋大学>
実施 : 特別入試/AO入試/秋期AO入試/秋期帰国生徒入試/編入学/転入学(アジア太平洋学部、国際経営学部)
点数 : 入試方式による。出願資格を得ることができる。詳細は、以下の記事をご覧ください。
詳細: 【2017年4月入学入試】立命館アジア太平洋大学、一般入試・AO入試にてTEAP等の4技能試験を活用

 

以上の入試情報につきましても、随時更新される可能性がありますので、詳細は各大学の公式情報をご確認ください。

※以上の情報は、TEAP公式サイトの採用大学を参考にしています。

 まとめ

TEAPは1年に3回実施されており、スコアの有効期限は2年で、高校2年生から受験可能です。あらかじめ、TEAPを導入している大学やその基準スコアを知っておくことで、計画的な受験プランを練ることが出来ます。英語が得意な方、英語力を活用したい方にとって、TEAPを利用した大学受験は大きなアドバンテージとなるでしょう。

英語4技能試験対策スクールのベストティーチャーでは各試験の対策コースを提供しておりますので、ぜひご覧ください。

TEAP対策

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

3
2017年4月入学入試

【2017年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

4
学習法・勉強法

【旧形式】英検準1級一次試験の開始後20分で14点満点中10点を取れる英作文を書く7つのコツ

5
2017年4月入学入試

TEAP採用大学の出願時条件まとめ