» 【2017年4月入学入試】法政大学、英語外部試験にTEAPの活用が可能に

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

2017年4月入学入試

【2017年4月入学入試】法政大学、英語外部試験にTEAPの活用が可能に

2016.07.05

法政大学は、2017年度入学試験(2017年4月入学)の一部の一般選抜入試において「英語外部試験利用入試」を実施することを発表しました。「英語外部試験利用入試」は、学部学科の定める1科目(文系学部は国語または数学、理系学部は数学)を受験し、英語の受験は免除となる試験方式です。

2017年度の実施学部は合計7学部で、人間環境学部、現代福祉学部、GIS(グローバル教養学部)、スポーツ健康学部、情報科学部、生命科学部の全学科、および経済学部国際経済学科(2017年度新規実施)となります。

 

「外国語」受験の免除に必要な試験とは

英語の受験が免除となる英語外部試験は、TOEFL iBT、TOEFL PBT、IELTS、実用英語技能検定、TOEIC、TEAP(※1)の6種類となっています。成績基準は受験する学部や提出に使用する試験の種類によって異なります。

 

英語外部試験の基準は、以下をご覧ください。

学部名 実用英語技能検定 TOEFL iBT TOEFL PBT IELTS TOEIC TEAP
経済学部国際経済学科 準1級以上 62点以上 510点以上 band 5.5以上 650点以上
人間環境学部 2級以上 57点以上 490点以上 band 5.5以上 600点以上 226点以上
現代福祉学部 準1級以上 57点以上 500点以上 band 5.5以上 600点以上

GIS(グローバル教養学部)

準1級以上 76点以上 540点以上 band 6.0以上 820点以上
スポーツ健康学部 準1級以上 57点以上 490点以上 band 5.5以上 600点以上 226点以上
情報科学部 2級以上 52点以上 470点以上 band 4.5以上 500点以上 226点以上
生命科学 2級以上 52点以上 470点以上 band 4.5以上 500点以上 226点以上

※1 TEAPは人間環境学部、スポーツ健康学部、情報科学部、生命科学部において有効

出典: 法政大学 2017年度入学試験ガイド

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2017年4月入学入試

【2017年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?