» TOEFL iBT本番で試してほしいリーディング対策の3つのテクニック

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

学習法・勉強法

TOEFL iBT本番で試してほしいリーディング対策の3つのテクニック

2015.05.18

はじめに、TOEFL iBTの各4セクションの内、リスニング力が必要とされないセクションはリーディングセクションのみです。他の3つのセクションは、教授のレクチャーを聞きとるという能力を要求するため、日本の中学校や高校で英語学習をされた方には回答しづらい問題も多いでしょう。

TOEFL iBT対策コース

そのため、これらの3つのセクションは、TOEFL iBT用に対策をきちんとしないと点数を取るのが難しいです。そこで、日本で英語学習をされてきた方には、まずはリーディングセクションで点数を稼ぐのが一番効率的でしょう。

今回はみなさんの点数を伸ばすため、TOEFL iBTリーディングセクションの時に役立つ3つのテクニックを紹介します!

テクニック1: 興味を持ってパッセージを読んでみよう!

このテクニックを見て、拍子抜けをした人も多いかもしれません。しかし、人間の脳は苦痛を感じると働きが低下し、記憶の効率も悪くなるという事が分かっています。文章を読んで、理解し、記憶し、問題を解くためにはまず、試験時に脳を活性化させる必要があります。伝達される情報が興味のあるものであれば、人の脳の神経組織は活性化され、情報処理率も上がります。

TOEFL iBTのリーディングテストは英国圏の大学における一般教養レベルの英文を使用していることから、内容は理系、文系を問わず、多岐に渡ります。

頻出内容の例:
・Politics 政治学
・Post Civil War 南北戦争
・Geoscience 地球化学
・American History アメリカの歴史
・Economics 経済学
・Biology 生物学

実際に出された内容では、以前TOEICとは違う!?TOEFL iBTリーディングの特徴と対策方法で紹介したように、オラウータンの生態や、アメリカのジャズの歴史などがあります。上記の内容は日本の高校で大学受験のために勉強をしていると、中々読む機会がない内容です。

この文章を読んで「内容が専門的で難しいな」と感じるか、「こんな分野があるんだ、新しい情報でおもしろい!」と感じるかは人それぞれです。ここで、「おもしろい!」と自分に言い聞かせ、知的好奇心を持って読むほうが脳は活性化され、問題は解きやすくなります。

またこのように読むことで、試験を受けているというストレスを減らすこともでき、一石二鳥です。同じ文章を読むのなら、知的好奇心を持って、「おもしろいな」と自分で自分に暗示をかけながら読んでみて下さい。

また、リーディングはTOEFL iBTの試験の中で最初のセクションなので、ここで脳を活性化させておくことで、冴えている脳で後のセクションも取りかかることができるでしょう。

テクニック2: 最初の文章を読まず、問題ページにすぐに進む!

TOEFL iBTのリーディングセクションでは問題は飛ばすことが可能で、画面の上のReview機能を使えば、回答済みの問題と未回答の問題を確認することが出来ます。文章は3~5題出題され、3題の時は60分、5題の時は100分と、1パッセージに平均20分使う事が出来ます。

ここで注意しなくてはいけない点は、最初に文章を読んでいると、1問1分程度で解かなくてはいけなくなるため、時間切れになる点です。そして、リーディングの各題の最後には要約問題があり、他の問題が1点と計算されるのに対し、この問題は2-4点で計算されます。この要約問題は文章を読めば回答できるため、解かないと非常にもったいないです。

ここで特記したい点は、リーディング試験の形式です。

まずは文章が全て表示され、問題に進むと画面右に問題が表示され、画面左にその問題に関係する文章の段落が表示されます。そうです。なんと親切なことに、関係のある段落が、問題と同じ画面上に表示されているのです!

そして、TOEFL iBTのリーディングの受験者に優しい点は、ちゃんと段落の順番通りに問題が出され、ほとんどの場合すべての段落についての問題が出されるという点です。そのため、私は最初にすべての文章が表示された時にその文章を読む必要はないと思います。

そして問題を解くとき、画面左に表示されている段落をちゃんと読み、内容を把握するのが良いでしょう。段落ごとの文章は短いため読みやすく、段落ごとに何が書かれているのかを整理できるので、最後の要約問題を解くとき、忘れてしまった内容があっても、その内容を探しやすいでしょう。

実際私はそのようにリーディングを受け、リーディング試験は28点を取りました。最初の文章を丸飛ばしするのは少し勇気が必要ですが、意外と問題はありません。ぜひ練習時に試してみて下さい!

リーディングの試験はExam Englishで無料で試せます。先に文章は読まずに、問題が該当する段落を読んで解いてみる、という練習をしてみて下さい。

テクニック3: 試験場には早く着こう!

このテクニックも見ただけでは、こんなのテクニックじゃないじゃん、と思う方も多いでしょう。しかし、これはTOEFL iBTを3回受験した私にとって一番重要なポイントでした。

TOEFL iBTの試験は施設のパソコン室で行い、受験者の到着順でパソコン室に通され個人的に試験を始められます。私はTOEFL iBTを初めて受けたとき、時間通りに着きました。すると、早く到着した受験者は、私がリスニング問題に取り組んでいる時には、すでにスピーキング試験を行っていました。

その経験から、他の人のスピーキングの回答を聞くことで、質問が大体予想出来るため、遅く来た方がスピーキングの試験で得ではないか、とずるい考え方をしました。

そして、その結果2回目に悲劇が起きたのです。

2回目の受験時に、試験場に故意的い遅く着いた結果、リーディング中に他の受験者のスピーキングの試験が始まったのです。そのときリーディングにまったく集中が出来ず、リーディングの点数は散々でした。みなさんも、音がまったく気にならないという方以外は、時間通りか早めに会場に着くようにしましょう。

まとめ

TOEFL iBTのリーディングでは様々な分野から問題が出るため、それを楽しむように心がけましょう!そして練習時に最初の全体分を読まずに、問題に取り掛かってみる方法を試してみてください。また試験場には私のような間違いは犯さず、時間通りか早めに着きましょう。

 

ベストティーチャー TOEFL iBT対策コース
  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?