英検®︎準2級リスニング直前対策:合格するための3つのコツ

英検対策コースバナー
ベッティ

本記事は、こんな思いで英検準2級のリスニング対策をしてる人向きよ!

「初めて英検®︎準2級を受験するから、リスニング問題の概要と対策法を知りたい!」
「受験してみたけどリスニング問題が思っていたよりも聞き取れない!」
「リスニングに対する苦手意識を克服したい!」
「リスニングで点数を稼いで、英検準2級に合格したい!」
*試験概要は2018年4月時点のものです。

リスニング対策

英検準2級リスニングの問題形式、解き方のコツや対策法を確認していきます。

リスニング第1部

A→B→Aと行われる男女の対話の後に続く、最もふさわしいBのセリフを選びます!

対話自体は長くありません。問題文だけでなく選択肢もリスニングで聞き取ります。

解答のコツ①

会話の場面をイメージする

最初のAとBの発言から、「どんな場面で会話が行われているか」をイメージしましょう。

最初のAとBの会話を聞けば「どんな場面で対話が行われているか」を理解することができます。「文章」として覚えようとするのではなく「場面」として覚えるところにコツがありますよ。そのイメージした「場面」に自分自身を置きながら最後のAの発言を聞いて、一番自然なセリフを選びます。

ベッティ

選択肢も問題には書かれてないから、リスニングしなければいけないのがトリッキーね。
選択肢をリスニングしている間に、対話の「場面」を忘れないようにする対策もしっかりとしてね!

リスニング第2部

A→B→A→Bと続く2往復の男女の対話を聞きます。その後、質問が英語で放送されるので、問題用紙にかかれている選択肢の中から最もふさわしい解答を選びます。

問題文となる2往復の対話をリスニングし、聞かれる質問に対して書いてある選択肢から解答を選ぶので、「聞くこと」と「読むこと」の両方を試されます。

解答のコツ②

選択肢をリスニング前にチェック

出来る限り、リスニングを聞く前に選択肢に目を通して確認しましょう。選択肢には多くのヒントがありますよ。

例えば選択肢が以下のような場合、どんなヒントが隠されているでしょうか。

1)He will go to the library.
2)He will play tennis.
3)He will take a nap.
4)He will study at home.

選択肢がすべて”He”から始まっていますね。

ということは、質問では、「彼」について聞かれることが予想できます。この場合、「彼がどうするか」に注意してリスニングを聞けば、そこに答えがある可能性が高いです。

事前に選択肢をすべて完璧に理解する必要はありません。しかし、少し目を通しておくだけで、リスニングを聞くためのヒントになりますね!

ベッティ

リスニングや選択肢の中で、名前が代名詞である “He” や “She” に言い換えられていることがよくあるよ。
この言い換えに惑わされない練習もしっかりしておくべきだね。

リスニング第3部

15秒~20秒の説明文 or 物語文をリスニングし、その後、質問が英語で放送されるので、問題用紙にかかれている選択肢の中から最もふさわしい解答を選びます。

第2部と同じように、聞かれる質問に対して書いてある選択肢から解答を選ぶので、「聞くこと」と「読むこと」の両方を試されます。

解答のコツ③

キーワードをメモ

すべてを丸暗記しようとするのではなく、リスニング中に聞こえてくるキーワードをメモしましょう。

第3部は、他と比べるとリスニングしなければいけない情報量が増えるため、難易度が少し上がります。

準2級リスニング第3部では、「誰が」「どこで」「なにを」「いつ」「なぜ」「どうやって」に加えて、形容詞がキーワードになることがよくあります。

しかし、第3部ではそのキーワードを含んだ「ひっかけ問題」が選択肢の中に紛れ込んでいます。解答するときは、キーワードだけを追っかけて解答するのではなく、質問文をよく聞いて、「聞かれていること」を答えましょう。

ベッティ

他と比べると少し難易度が高いから、まずは第1部と第2部の対策をしてから第3部の対策に取り掛かるのもありね!

まとめ

リスニングの3つのコツは抑えられましたか?本記事で紹介したことを意識して本番も頑張ってくださいね!皆さんの英検準2級合格を応援しています!

英検®️準2級を受けるあなたにオススメの記事▼

英検®️オススメ対策法

オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」の英検対策コースでは、自宅にいながらライティング(添削つき)やスピーキングの練習ができちゃいます!無料体験は以下をクリック!▼

英検対策コースバナー

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

この記事を誰かに共有する