【英検®︎準2級】一次試験合格するためのライティング対策

英検対策コースバナー
ベッティ

本記事は、こんな思いで英検準2級のライティング対策をしてる人向きよ!

効果的なライティングの対策法・勉強法を知りたい

「ライティング問題を効率よく進められるテンプレートを知りたい」

「得点につながる採点のポイントを知りたい」

「時間内にライティング問題を完答するための時間配分を知りたい」

*試験概要は2018年4月時点のものです。

〜目次〜
■ライティング問題の採点ポイント
内容
構成
語彙
文法
■ライティングの対策
導入(Introduction)
本文(Body)
結論(Conclusion)
完成した解答例

ライティング問題の採点ポイント

内容:課題で聞かれていることに答えているか

「課題に対して、あなたの意見とその理由を2つ英文で答えなさい」と問題文で指示されます。自分の意見をしっかりと述べることはもちろん大切ですが、その理由を2つ英作文することを徹底しましょう。この際、理由を1つしか書かかなかったり、自分の意見が曖昧だったりすると、減点の対象になりますので気をつけましょう!

構成:英作文の構成が論理的であり、わかりやすいか

読み手にとって読みやすく、理解しやすい英作文を書くことが求められます。英検準2級のライティング問題では課題に対して自分の意見とその理由を2つ書きますが、接続詞(However, Also, First, Second)等を使い、文全体の構成と流れをわかりやすくしましょう。

語彙:内容に対して、適切な語彙を使えているか

「英単語のスペルを正しく書けているか」や「伝えたい内容に適切な語彙を使っているか」が評価されます。書いた英作文の内容やニュアンスが相手に伝わるかどうか、読み手の立場に立って語彙の使い方を考えてみましょう。

文法:文構造のバリエーションとその正確性

英作文の中に、同じ単語や言い回しを多用するのは避けましょう。同じ表現を何度も使うと、退屈で単調な文章になってしまい、減点対象となります。例えば、「Good」の言い換えとして「Amazing」「Wonderful」「Excellent」などがありますね。単語の言い換え表現だけでなく、文の言い換え表現も織り交ぜていきましょう。

ライティング対策

英検準2級ライティングは、「導入(Introduction)」・「本文(Body)」・「結論(Conclusion)」の3つの要素を50〜60語で書きます。

例題を使って解説していきます。

例題 :
・あなたは、外国人の友だちから以下のQUESTIONをされました。
・QUESTIONについて、あなたの意見とその理由を2つ英文で書きなさい。
・語数の目安は50語〜60語です。
・解答がQUESTIONに対応していないと判断された場合は、0点と採点されることがあります。QUESTIONをよく読んでから答えてください。

QUESTION:
Do you think trains should run 24 hours a day in Tokyo?

ベッティ

まずは、設問をよく読んで、質問を理解しよう!「何を聞かれているのか」「どのように答えるのか」を確認してから解答を始めましょうね!

導入(Introduction)

最初に、自分の意見をはっきりと述べます。TOPICに対して賛成の場合はI think〜、反対の場合はI do not think〜から書き始めると良いでしょう。導入で自分の意見を述べる際は、QUESTIONの文をそのまま使用するのがベストです!

賛成の場合:I think trains should run 24 hours a day in Tokyo.

反対の場合:I do not think trains should run 24 hours a day in Tokyo.

ベッティ

導入の冒頭文で「I think that ~」「I do not think that ~」と述べることによって、「聞かれたことにしっかりと答えますよ!」と採点官にアピール出来ることができるよ!

本文(Body)

設問に「QUESTIONについて、あなたの意見とその理由を2つ英文で書きなさい」とあります。そのため本文(Body)では、導入(Introduction)で述べた自分の意見を支える理由を2つ英作文します。

今回は、賛成の例を見てみましょう!

There are two reasons. 
First, it is convenient for people who work late at night, because they don’t have to worry about the last train. 
Second, it will increase job opportunities and help the economy to grow. 

ベッティ

「Because 」から文を始めないように気をつけね!減点対象よ。「Because」は、「~~~, because ~~~.」という形で使うのが正解だよ。

結論(Conclusion)

最後は、再度自分の意見を述べます。以下のように書き始めると良いでしょう。

「For these reasons, I think ~~~」や「Therefore, I believe ~~~」といった表現が使えます。これは暗記してしまいましょう!

結論(Conclusion):Therefore, I believe trains should run 24 hours a day in Tokyo.

ベッティ

結論を書き忘れると減点対象よ!試験中にパニックになって書き忘れないように、普段からの練習が大切ね!

完成した解答例

I think trains should run 24 hours a day in Tokyo. There are two reasons. First, it is convenient for people who work late at night, because they don’t have to worry about the last train. Second, it will increase job opportunities and help the economy to grow. Therefore, I believe trains should run 24 hours a day in Tokyo. 

上記で60語です。今回ご紹介した英作文のテンプレートに沿って対策を行えば、ライティングで点数が稼げ、合格点を突破出来ること間違いないでしょう。「導入(Introduction)」・「本文(Body)」・「結論(Conclusion)」の流れを何度も練習してから本番にチャレンジしてくださいね。

英検®️オススメ対策法

オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」の英検対策コースでは、ライティング(添削付き)とスピーキングの練習ができちゃいます!まずは無料体験してみませんか?詳しくはこちらから↓

英検対策コースバナー

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

この記事を誰かに共有する