1~3級対応!英検®︎二次試験の前に知るべき情報まとめ

英検対策コースバナー
英検®️二次試験直前チェック

本記事では、各級の英検二次試験対策記事をまとめました。当日は準備万端で行けるよう心がけましょう。

二次試験対策まとめ

初めて英検®️二次試験を受ける人はこちら▼

全級で大事!アティチュードに関して

受験票

受験票は試験日の6日前までに届きます。
届かない場合や紛失してしまった場合は、早めに英検®︎サービスセンターに問い合わせましょう。

当日の持ち物

前夜までに準備しておきましょう。

・受験票
・本人確認票
・筆記用具
・室内履き(会場、申込み形態により異なる)

上記以外にも、以下のものは万全を期して持参しましょう。

・ハンカチ、ティッシュ
・腕時計
・参考書
・飲み物
・寒くなったときのための上着

試験時間

試験時間は以下の表の通りです。集合時間から解散までは約1時間です。

1級:約10分
準1級:約8分
2級:約7分
準2級:約6分
3級:約5分

基本的に、受付した順番通りに試験は行われます。

合格スコア

各級の合格基準スコアは、こちらを御覧ください。

英検CSEスコアに関しては、こちらを御覧ください。

2019年度 第二回検定合否発表

合否発表は、送付される成績表またはウェブで確認できます。

2019年度 第二回検定のウェブでの合否閲覧の開始日は以下の通りです。ウェブで確認する際は、受験票に記載されている「英検ID」と「パスワード」が必要となります。

A日程B日程
11月12日(火)
団体:12:00以降
個人(英ナビ):13:00以降
11月19日(火)
団体:12:00以降
個人(英ナビ):13:00以降

到着日までに送付されない場合は、到着日翌日以降に英検®︎サービスセンターに問い合わせましょう。

受験後について

①合格証明書は保管しましょう。

今後、検定の保有やスコアを証明する際に必要になります。

②不合格だった場合でも、一年間は一次試験が免除されます。

一次試験の免除とは、1級~3級で一次試験合格から一年間、一次試験を免除で二次試験を受験できる制度です。再受験の際は申込み用紙に経緯を記入すれば、受験料は正規料金がかかりますが、一次試験が免除されます。

例えば、2015年度第1回検定で一次試験合格の場合は、2016年度第1回検定まで一次試験免除の申請ができます。

③合格すれば、入試優遇・単位認定に活用できます。

現在、日本には大学で336校、高校で1268校、中学で60校の英検®︎優遇校があります。優遇校では、英検を取得していることで、入試において合格判定で優先されたり、内申点に加算されるなどの優遇措置があります。また、高校や短大・大学で、在学中に英検資格を取得すると、級に応じて英語科目の単位として認められる場合もあります。

最後に

これらを確認した上で、以下の級別の面接対策記事を読んで対策をすれば、二次面接対策はバッチリです。自信を持って、笑顔で受験してきてください。4skillsは皆さんの合格を応援しています!

英検®️オススメ二次試験対策

オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」の英検対策コースでは、自宅にいながら英検の模擬面接を受けることができます!無料体験はこちらから▼

英検対策コースバナー
※模擬面接を受ける際は、英検タグのついた講師を予約してください。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

この記事を誰かに共有する