TEAPスピーキング対策:面接の流れと質問文の作り方3選

TEAPスピーキング対策:Part3攻略の3つのポイント

以下のような方、必見です!

「TEAPを初めて受けるから、面接の流れがわからない!」
「TEAPスピーキングPart2の対策の仕方がわからない!」

本記事では、TEAPスピーキングセクションPart2の対策を紹介します。TEAPスピーキングPart2では「受験者が面接官に質問をする立場になる」という、他の英語4技能試験では類のないタイプの課題が出ます。今まで英検®️しか受けたことがなく、自分が質問する立場になるのは初めてで不安!という人も多いのではないでしょうか?ここでPart2の流れと対策をしっかりと抑え、本番に備えましょう!

TEAPスピーキングセクションの流れ

TEAPのリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4技能試験のうち、スピーキングは1番最後に行われます。筆記試験終了後、試験監督者の指示にしたがって待機し、順番がきたら面接官(Examiner)のいる部屋に入ります。試験は1対1の面接方式で、採点のために録音または録画されます。スピーキングの試験時間は約10分です。

スピーキング試験は以下の4つのパートにわかれています。面接の一部では「トピックカード」という、問題の指示などが書かれたカードを使用します。

Part 1:受験者についての質問に答える

トピックカード:なし
準備時間:なし
質問数:3~4問
所有時間:約2分

Part 2受験者が面接官に質問する

トピックカード:あり
準備時間:30秒
質問数:1問
所有時間:約2分

Part 3:受験者がスピーチをする

トピックカード:あり
準備時間:30秒
質問数:1問
所有時間:約1分

Part 4:さまざまな話題についての質問に答える

トピックカード:なし
準備時間:なし
質問数:4~5問
所有時間:約4分

TEAPスピーキング Part2の流れ

スピーキングPart2は以下の流れで進みます。

 面接官の指示を聞き「誰に対してのインタビューか」を把握します。

面接官の指示
“Now, I’d like you to interview me. Here are the instructions. For a class report, you will interview a middle school teacher. And I am the elementary school teacher”

 トピックカードを手渡されます。箇条書きで書かれた4つの質問事項について順番に質問することになります。カードには疑問文で書かれていないので、受験者自身がその場で正しい質問文に変換する必要があります。

 30秒間で内容を読み、準備します。

 面接官の”Please begin the interview.”を合図に、トピックカードの指示に沿ってインタビューを開始します。

トピックカードの冒頭に“Begin your interview with this sentence: Hello, may I ask you some questions?”と書かれているので、まずはその1文を読んでスタートします。

 カードに書かれた4つの項目について順番に面接官に質問をします。TEAPスピーキングPart2では、質問事項の理解力と、トピックカードの4項目を適切な質問文にして質問する力を測定されます。

 最後は”Thank you”と言って終わります。

質問文作成!3つのパターンを紹介

ここからは、トピックカードの質問項目を元に質問文を作成する際の3つのパターンを紹介します。

①モノやコトに関する質問をする場合

たとえばトピックカードに

The subject he/she teaches

と書かれていた場合、どの疑問詞を使い、どのような形で質問するか考えます。モノやコトについて「何を~?」と質問する場合は疑問詞”What”を使いますね。Part2では目の前の面接官に尋ねるので、youを主語にして“What subject do you teach?”という疑問文を作成します。

以下の場合はどのような質問文にすればよいでしょうか?

The best thing about the class

「クラスで1番良いことは何ですか?」と質問するので、疑問詞”What”を使い“What is the best thing about your class?”という疑問文を作ればOKです。

②数量に関する質問をする場合

トピックカードに以下の質問事項が書いてあった場合、どのように質問すればよいでしょうか。

The number of students in his/her class

生徒の「数」を尋ねる場合は”How many”を使うので、質問の形は”How many students are there in your class?”となります。以下の場合はどうでしょうか。

The price of the textbook

教科書の値段を質問する場合は”How much”を使います。なので質問の形は”How much is the textbook?”がよいでしょう。次を見てみましょう。

The age he/she started teaching

年齢を質問する場合は”How old”を使いますね。質問の形は”How old were you when you started teaching?”となります。

③〜はありますか?と聞く場合

以下のような場合はどのような疑問文が適切でしょうか。

Advice for future middle school teachers

1つ目のコツで紹介した”What”を使い、”What is your advice for the future middle school teachers?”と聞くのも間違いではありません。ですが、「アドバイスは何ですか?」と聞くよりも「アドバイスはありますか?」と聞いた方がより自然な質問文になりますよね。

上記トピックで「〜はありますか?」と聞く場合は”Do you have any~?”の形で聞くのが良いので、質問文は“Do you have any advice for the future middle school teachers?”となります。

次はどうでしょうか

The problems in his/her career

相手のキャリアについて尋ねる際は「今まで〜はありましたか?」の形で聞くのが自然なので、質問文は”Have you had any problems in your career?”となります。

トピックカードの質問項目は多岐にわたるので予想が難しく、上記の①〜③以外の形で質問文を作成しなければいけないケースも考えられます。身の回りのモノやコトについて「○○について聞く」→英語で質問文を作る、という訓練をしておくと、本番に向けて力がつくと思います。

まとめ

トピックカードの質問事項を元に質問文を作るコツ3つは抑えられましたか?トピックを元に英語で質問文を作ることは、TEAP対策だけでなく、将来大学で英語の講義を受けたり、海外に行く際にも役立つ力になりますよ。本記事が皆さんの質問力をつける手助けになれば幸いです!

Part3対策法は以下をクリック▼

TEAPオススメ対策法

オンライン英会話ベストティーチャーの「TEAP対策コース」では、ライティング(添削付き)とスピーキングの対策ができます。無料体験は▼をクリック!

※英検®及び英検CBT®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

この記事を誰かに共有する