TEAP直前対策決定版!お役立ち記事と受験体験記まとめ

高校生のみなさん、TEAP対策は順調に進んでいますか?当サイトでは、これまで各技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)のTEAP対策記事や、4skillsライターが実際にTEAPを受験して気付いたことを書いた体験記を公開してきました。多くの受験者に対策記事を読んでもらい、目標とするスコアを勝ち取って欲しく、今回は過去のTEAPについての記事をまとめました。ぜひ、参考にしてみてください!

*TEAPには、PBT(Paper Based Testing)CBT(Computer Based Testing)がありますが、本記事はPBTについてまとめています。

*試験概要は2018年8月時点のものです。

TEAPとは?

TEAPとは、”Test of English for Academic Purposes”の略語で、上智大学と公益財団法人 日本英語検定協会が共同で開発した、大学で学習・研究する際に必要とされるアカデミックな場面での英語運用力を測定するテストです。

スコアは取得後から2年度の間有効です。(2018年度TEAP受験の場合:2020年度入試まで利用可能。ただし個々の大学入試における有効期限については、各大学の規定による。)

総合的な英語力を正確に測定することができるよう「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能のテストで構成されています。

TEAPについて詳しく知りたい方は以下をクリック▼

TEAPスピーキング対策

TEAPリーディング対策

TEAPリスニング対策

TEAPライティング対策

TEAP受験体験記

受験体験記では、TEAP試験の申し込み方法、当日の流れや、試験中に気をつけること、高いスコアを取るための勉強法をご紹介しています。初めて受験する方も、読んでおけば安心して試験に臨めますよ。ぜひ、参考にしてみてください!

第1弾東京外大生がTEAPに挑戦!〜申し込み方法と試験概要の解説〜
第2弾TEAPで受験生が絶対に知っておくべき当日の流れと注意点
第3弾結果発表と試験の分析・スコアシートの見方

最後に

直近のTEAPまで残りわずかではありますが、スコアupの可能性はまだまだあります。本記事が、スコアupに少しでも力になればと思っています。みなさんのTEAP受験を、心から応援しています!最後まで、頑張ってください!

TEAPのオススメ対策法紹介

オンライン英会話ベストティーチャーの「TEAP対策コース」では、ライティング(添削付き)とスピーキングの対策ができます。無料体験は▼をクリック!

この記事を誰かに共有する