CATEGORY 4技能試験対策

英検・IELTS・TOEFL iBT・GTEC・TEAP・TOEICは、サイト上部のメニューからお選びいただけます。

ケンブリッジ英検の概要

ケンブリッジ英検のスコアは、世界中の20,000以上の大学、企業、行政機関が認定している、国際通用性の高い試験です。世界130ヶ国以上で受験されており、受験者は年間およそ500万人を超えています。スコアは一度合格すれば生涯使うことができるため、人気が高まっている試験です。

英検®︎志願者数は年間約340万人に、入試活用も追い風

英検®︎テストファミリー(実用英語技能検定、英検IBA、英検Jr.の総称)において、2016年度の総志願者数が3,393,520人だったと発表されました。前年度より168,162人増加しており、英検®︎の需要が高まっていることが明らかとなりました。

英検®︎1級から3級までの対策記事をまとめてみた

過去に4skillsで紹介した英検®︎3級から1級までのリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの各分野別の対策記事をまとめてみました。また、英検®︎の4つのメリットのとして、入試や留学での役立て方も紹介します。

人気の英検®︎対策教材を利用した勉強法を紹介します

旺文社の「7日間完成英検◯級予想問題ドリル」と「◯日でできる!英検◯級2次試験・面接完全予想問題」を使った勉強法を紹介します。受験日までどのようなスケジュールで勉強すれがよいか徹底解説!級の指定はなく、何級でも活用できます。

GTEC Junior誕生!小・中学生対象の英語4技能試験を徹底分析

ベネッセは、2016年12月よりGTEC Juniorを順次実施することを発表しました。GTEC Juniorは、小中学生を対象とした英語4技能試験として誕生しました。ベネッセはGTEC Juniorの誕生により、あらゆる年齢層の英語力を測定できるようになりました。GTEC Juniorの概要や特徴を分析してみました。

英検®︎1級・準1級・2級ライティングで絶対に守るべき2つのこと

英検®︎は全級の4技能化に向けた取り組みの一環として、2016年度第1回試験より試験内容が大きく変更しました。それに伴って、各級の合否判定方法や問題形式もリニューアルされています。今回は2016年10月3日に発表された、英検®︎1級・準1級・2級のライティングテストの採点に関する観点や注意点をご紹介します。