» IELTSライティングスコア6.0への突破口はこのイディオム表現集!

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

学習法・勉強法

IELTSライティングスコア6.0への突破口はこのイディオム表現集!

2015.09.10

英語では熟語表現のことをイディオム(idiom)といい、2つ以上の単語を組み合わせて元の単語が持つ意味とはいくぶん異なる意味を持たせた決まり文句、もしくはこの単語とこの単語は相性が良いと一般に認められている表現のことを指します。

IELTSのライティングモジュールでは、高度な文法や難しい語彙を使用できるようになることが高スコア達成のための1つのハードルです。したがって、多くの人は文法の参考書や単語帳を使用し、単語・文法を一生懸命学んでいたとしても、イディオムの学習がおろそかになってしまうことが多いようです。

今回はIELTSライティングで積極的に使っていきたいイディオム表現を学び、目標スコア達成のための足がかりにしていきましょう。

イディオム表現を覚えましょう。

IELTSライティング攻略のための3種のイディオム

① 2つ以上の単語を組み合わせて新たな意味を持たせたイディオム

② 組み合わせの相性が良い単語が結びついたイディオム

③ 接続詞としての役割を果たすイディオム

① 2つ以上の単語を組み合わせて新たな意味を持たせたイディオム

“carry on”(続ける)や”carry out”(行う)などは、2つ以上の単語が組み合わさり元の単語である “carry”(運ぶ)とは異なった意味を持たせた表現です。いわゆるイディオムというと、このタイプを指すことが一般的で、とりわけ有名なものは単語帳にもよく載っています。

このタイプのイディオムはリーディングやリスニングでも頻出である上、ライティングにおいては効果的に使うことで高スコアへつながります。では、実際にライティングの試験においてどのようにこれらのイディオムを使っていけばいいのでしょうか。

 

《2つ以上の単語を組み合わせて新たな意味を持たせたイディオム》

イディオム 意味
put forward ~ 〜を提示・提唱する
account for ~ 〜を説明する
go through ~ 〜を経験する
work out 上手くいく / 結論に至る
set out to +(動詞) 〜しようとする
set out +(名詞) 〜を提示する / 〜に着手する

 

【作文例】

◯ Nicolaus Copernicus, a mathematician and astronomer from Poland wrote “On the Revolutions of the Heavenly Spheres” in 1543 and put forward the Heliocentric Theory which was considered to be a heretical thought by the Catholic Church.

(ポーランド出身の数学者・天文学者であったニコラス・コペルニクスは、1543年に「天球の回転について」を著し、当時カトリック教会において異端思想と考えられていた地動説を提唱した。)

◯ In the book, he set out to prove that the Earth and planets revolve around the Sun at the center of the Solar System.

(彼は著作において、地球や惑星が太陽を中心に回転しているということを証明しようとした。)

② 組み合わせの相性が良い単語が結びついたイディオム

例えば「徹底的に調べる」という表現をしたい際、「調べる」という意味の”examine”や”investigate”に「徹底的に」という意味の副詞を用いることになります。「徹底的に」という意味の副詞としては”completely”、”thoroughly”、”exhaustively”などがありますが、どれを使うとより自然で洗練された表現になるでしょうか。

 

もちろんどれを選んでも間違いではありません。しかしこの場合、”thoroughly”をセットとして使うのがより好ましい表現です。特に理由があるわけでなく、”thoroughly”の方が”examine”や”investigate”とセットで使われることが多く、相性が良い組み合わせであると考えられるからです。

一方で名詞の”inquiry”(調査)や”search”(探索)などでは形容詞の”exhaustive”とセットで使用して”exhaustive inquiry”(徹底的な調査)や”exhaustive search”(徹底的な探索)と表現する方が自然です。

このように、より一般に受け入れられた自然な語句の組み合わせを覚えておくことで所定の単語数を効率良く消化したり、採点官の答案への印象を良くすることができます。では、以下で他の例を学んでいきましょう。

 

《組み合わせの相性が良い単語が結びついたイディオム》

イディオム 意味
strongly suggest 強く提案する
highly recommend 強く勧める
firmly establish しっかりと確立する
conclusively establish  決定的に立証する
be heavily based on 強く依拠する
be loosely based on ほとんど依拠しない
inevitably pose 必然的に提示する
be commonly associated with 一般的に連想される

 

【作文例】

◯ It’s been said that the Heliocentric Theory which was introduced by Copernicus inevitably posed a threat to the doctrine of the Catholic Church at that time.

(コペルニクスにより提唱された地動説は、必然的に当時のカトリック教会の教理にとって脅威となったといわれている。)

 ◯ Although the Heliocentric Theory is commonly associated with the symbolic phenomenon of the conflict between science and religion, some scholars strongly suggest that this axis of conflict is loosely based on the fact and it was dramatized during the 19th century.

(地動説は一般的に科学と宗教の対立の象徴的事象として連想されることが多いが、この対立構造はほとんど事実に依拠しておらず、これは19世紀に脚色されたものだと主張している学者もいる。)

③ 接続詞としての役割を果たすイディオム

“on behalf of”(〜の代わりに)や”in spite of”(〜にも関わらず)など、接続詞的に使われるイディオムもあります。これらのイディオムは”in”や”on”のような前置詞を伴うので”prepositional phrase”(前置詞句)と言われており、文と文や段落と段落の接続部で大活躍する表現です。

これらの表現を多く覚えることで実際のライティング試験において単語数をできるだけ多く消化することができ、更にそれが高度な表現であれば加点される可能性があります。では、以下より他のイディオムの例とそれら実際の使用例を確認していきましょう。

 

《接続詞としての役割を果たすイディオム》

イディオム 意味
in conjunction with ~ 〜と協働で
in comparison with ~ 〜と比較して
in line (accordance) with ~ 〜に即して
to some extent (degree) ある程度
from then on その時以来
on behalf of ~ 〜の代わりに

 

【作文例】

In conjunction with Johannes KeplerGalileo Galilei contributed to the diffusion of the Heliocentric Theory.

(ガリレオ・ガリレイは、ヨハネス・ケプラーと協働で地動説の普及に貢献した。)

◯ On 31st October 1992, Pope John Paul II made a remark about the case of Galileo in which he admitted that the legal process on Galileo was inappropriate and apologized to him on behalf of the Catholic Church.

(1992年10月31日、ヨハネパウロ2世はガリレオの裁判について言及し、カトリック教会の代わりに、彼の一件に関する裁判手続きが不適切であったことを認めた上で彼に謝罪した。)

まとめ

今回は普段の学習では疎かになりがちなイディオム表現に焦点を当て、多くのイディオム表現を覚えておくことで単語数の効率的な消化高度な表現の使用による加点を同時に狙えるということを解説しました。

イディオムは「決まり文句」であるため、使用する場面を間違えずスペルミスなく綴れていれば減点されることはありません。実際のライティング試験で使えるようになるために、普段の練習に取り入れていきましょう。

 

ベストティーチャー IELTS対策コース
  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?