CATEGORY コラム

【早期英語教育の表と裏】〜第3回〜英語教育の目標と方法

日本は地理的に独立した環境(「島国」)にあるため、日常的に複数の言語に触れる機会はなく、基本的にひとつの言語で長い歴史を歩んできました。それだけに日本語以外の言語は常に「外国語」であり、時代によって必要とされた言語は違いますが、いつも「外国語とどのように付き合うか」は難しい問題でした。

【早期英語教育の表と裏】〜第2回〜 英語はひとつではない

到達可能な目標としてどのような英語力が考えられるかと効果的な英語学習の順序について見ていきたいと思います。英語といえば以前は「英国英語(British English)」と「米国英語(American English)」の対比がよく取り上げられました。元々「英国の言葉」を指していた英語ですが、世界の情勢…

【早期英語教育の表と裏】〜第1回〜 日本人にとって必要な英語力とは

英語教育改革が日本人の英語力を高めることを目的にしていることは明らかですが、それではこの改革が目指す日本人の英語力とは、どのようなものなのでしょうか。改革の方向性を検討した「英語教育の在り方に関する会議」(2014年)では、目標を「アジアの中でトップクラスの英語力」と位置づけています。

【どう変わる英語教育】〜第4回〜英語教育改革に向けた課題

日本の英語教育を抜本的に改革するためには、今回英語教育が強化される小学校だけでなく、小・中・高を通じて一貫した指導理念のもと、それぞれの段階での英語教育を改善・強化する必要があります。小学校は特定の教科の授業を担当する「教科担当制」ではないため、教員になったら英語を教えなければ…

【どう変わる英語教育】〜第3回〜小学校の英語教育はどのように変わるのか

新しい学習指導要領では、「外国語活動」の目的は「外国語を用いたコミュニケーションを図る素地となる資質・能力」を育成することに、また「外国語」の目的は「外国語を用いたコミュニケーションを図る基礎となる資質・能力」を育成することに、それぞれあるとあります。一見すると同じように思えますが、前者が「素地」、後者が「基礎」…

【どう変わる英語教育】〜第2回〜英語教育はどのように変わっていくのか

日本の英語教育は、従来「読む」「書く」を中心に進めれてきました。これまで英語とは、学問や技術が進んでいる欧米からその知識を吸収するために必要な道具であった。そのため「読む」技能が最も重要であり、次いで必要最低限のコミュニケーションに必要な「書く」技能があれば充分でした。しかし、世界のグローバル化の進展が…

【どう変わる英語教育】〜第1回〜英語教育改革の背景と経緯

ここ数年、話題に上がることが多い日本の英語教育。2020年度から現在の「大学入学センター試験」が新しいスタイルの「大学入学共通テスト(新テスト)」という記述式が導入された試験に変わり、英語の試験では4技能試験が採用される予定です。本記事では、英語教育改革における背景と経緯を軸に、今後の英語教育について説明します。