CATEGORY 中学・高校

小学校の英語教科化を受け、2018年度から英語専任教員1千人増に!

政府は、2020年度から全面実施される小学校の次期学習指導要領で英語が教科化されるのに先立ち、2018年度の公立小の教職員定数で、英語を専門的に教える「専科教員」の1,000人増を決めました。学校現場の課題に応じて政策的に配分する加配定数を改善させることで、林芳正文部科学相と麻生太郎財務相が合意しました。

公立高校入試も英語4技能試験を導入!大阪府では3種類採用も課題は残る

公立高校の入試に、英語民間試験の導入を進める自治体がでてきました。現行の入試では測ることのできない「話す力」を評価するのが狙いです。しかし、経済的、地理的観点から、受験機会が不公平であるという問題が指摘されており、多くの課題が残ると言えそうです。