» 【英検CBT®︎受験体験記】〜第2回〜準2級受験前にやっておべき事とは!

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

チャレンジ企画

【英検CBT®︎受験体験記】〜第2回〜準2級受験前にやっておべき事とは!

2018.07.27

はじめに

みなさん、英検CBTってご存知ですか?

英検CBTとは、2018年8月19日より新しく始まる、公益財団法人日本英語検定協会が運営する英語4技能検定試験です。CBTとは、Computer Based Testingの略でコンピュータを使って受験する英検の新しい形です。

「英検CBTとはどんな試験なのか」「どのように受験するのか」などといった英検CBTに関する皆さんの疑問を解消するため、この連載では4skillsのライターが初めての英検CBTを実際に受け、皆さんの受験に有益な情報をどんどん伝えていきます。

ということで今回、私は英検CBTの準2級を受けてみることにしました!

今後の流れ

以下のように4回に分けて、英検CBTの受験について書いていきます。

記事内容  
第1回 受験予告・受験概要説明・申し込み方法  
第2回 受験前準備・試験対策  ⬅️
第3回 受験概要おさらい・受験後の感想  
第4回 結果発表を受けて  


第2回のこの記事では、英検CBTの受験前準備・試験対策について説明します!


自己紹介

名前:かなこ

早稲田大学に通っている、教育学専攻の3年生です。英検2級は高校1年生の時に取りました。それ以来、英検は一度も受けておりません…が!今回しっかりと英検CBT準2級に受かり、皆さんに英検CBTについて伝えていきたいと思います!よろしくお願いします!

 


受験前対策

受験前対策……?英検CBTって、何すればいいんだろうか…………

 

このように、初めての受験形式に戸惑う方も多いと思います。何をするべきかが分からず結局試験当日まで何もしなかったり、これまでの受験形式に準じた英検対策問題集だけを解いて対策を済ませてしまう方もいるでしょう。そこで今回、4skillsのライターより英検CBT準2級受験前対策の3つのコツをご紹介します。

 

問題内容は、紙で受験する英検と同じ。そのため、英検CBTは初めてだから何も対策できないというわけではないのです。まずは、「英検準2級」の問題を一緒におさらいしましょう!


①試験内容を把握する

英検CBT準2級の試験は、このような流れになっています。

ライティング・リーディングが早く終わった方は、そのままリスニングに進めます。(ただし、ライティング・リーディングで余った時間をリスニングで使うことはできません。)基本的に休憩時間は設けられておらず、約2時間弱座って試験を受けることになりそうです。各試験の問題内容は以下の通りです。

 試験 問題数 内容
スピーキング(約15分) 1 パッセージの音読
1 パッセージについての質問
2 イラストについての質問
2 受験者の意見を問う質問
ライティング(約20分) 1

質問に対する解答を英文で書く

リーディング(約55分) 20 短文の語句(空所補充)
5 会話文の文(空所補充)
5 長文の語句(空所補充)
7  長文の内容(一致選択)
   リスニング(約25分)  10  会話の応答文(選択)
10  会話の内容(一致選択) 
 10  文の内容(一致選択)

 


②試験問題の対策をする

皆さん、試験内容はおさえられましたか?

それでは次に、4技能の試験対策をそれぞれ簡単に紹介していきます。

スピーキング

①適切なマイク・ヘッドフォンの準備

②各質問に対して、簡潔に正確に答える

ポイント「アティチュード」:「積極性」「明瞭な音声」「自然な反応」など

「英検準2級のスピーキング対策法をもっと知りたい!」という方は、ぜひこちらの記事をご覧ください!

【英検®︎準2級面接スピーキング】二次試験合格のコツと対策法
全級対応!英検®︎二次試験の前に知るべき情報まとめ
英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!
 英検®︎準2級二次試験の面接で出題される問題を全問解説!

ライティング

①TOPICに対しての自分の意見を述べる

②理由を述べる

③再度意見を述べて締める

(④見直し)

「英検準2級のライティング対策法をもっと知りたい!」という方は、ぜひこちらの記事をご覧ください!

【英検®︎準2級】一次試験合格するためのライティング対策
英検®︎準2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く3つのコツ

リーディング

①本文にざっと目を通す

②設問をチェック

③本文を読んで解答の根拠となる部分を探す

「英検準2級のリーディング対策法をもっと知りたい!」という方は、ぜひこちらの記事をご覧ください!

英検®︎準2級リーディングはむしろ得点源!問題形式ごとのコツはこれだ

リスニング

①先に選択肢に目を通して場面や質問内容を推測する(5W1H)

②重要なメッセージが述べられることの多い第1文や第2文は注意

③どの疑問詞で問われているのかを正確に把握する

「英検準2級のリーディング対策法をもっと知りたい!」という方は、ぜひこちらの記事をご覧ください!

英検®︎準2級リスニングが苦手な方に読んでほしい決定版対策記事
 【英検®︎準2級】初心者でも一次試験合格するためのリスニング対策

 

よーし準備万端!

…………と言いたいところですが、コンピュータで受ける試験が初めての方も多いと思います。経験がある方も、コンピュータで英検を受けるのは初めてかもしれません。操作方法が分からなくて無駄に解答時間がかかったり、そもそもコンピュータでの受験に慣れていないので点数を落とす……なんてことは無きにしも非ずです!

 


③CBT形式の特徴をつかむ

ホームページから当日のパソコンの使用方法を学んでおく

出典元:英検CBTホームページ

英検CBTのホームページを見ておくことはとても大切です!なぜなら英検CBTの「試験画面・操作方法」が動画とともに説明されているからですね。以下にその動画で説明されていた内容を簡単に説明していきます。

 

スピーキングテストの操作

出典元:英検CBTホームページ

1)ヘッドセット(ヘッドフォンとマイク)を装着

2)ログイン

3)音量とマイクのチェック

4)マイク録音の確認「Hello! How are you?」とマイクに言う

5)ウォームアップ(面接委員との会話)

6)イラストとパッセージの問題

7)Yes・Noで答えてから意見を述べる問題

※面接委員からの質問が終わるたびに画面右のマイクのイラストが赤くなるので、その後解答ができます。

※質問を聞き直したいときは、「もう一度聞いてやり直す」のボタンが表示された場合のみ、2回まで聞いてやり直すことが可能です。

 

ライティングテストの操作

出典元:英検CBTホームページ

1)設問をよむ

2)解答をタイピングする

3)筆記終了のボタンを押す

※ライティングテストは、パソコンに備え付けられたキーボードで解答を入力します。

 

リーディングテストの操作

出典元:英検CBTホームページ

1)解答を選択していく

2)次のページに進む/戻る

※選択・穴埋め問題:問題画面の上部にある三角をクリックするとその設問の大問の内容が確認できます。また、右側の三角をクリックすると、自分の解答を確認し、変更することができます。

※長文問題:長文にペンやマーカーで線を引いたり、その線を消すことができる機能がついています。また、文の全体を見たいときは、「全体を表示」というボタンを押します。

※試験時間内であれば、解答内容の見直し・訂正ができます。

 

リスニングテストの操作

出典元:英検CBTホームページ

1)音量確認をする

2)音声を聞き、解答を選択していく

※まだ音声が流れていない設問の選択肢を先に見ることは可能です。

※メモボタンを押して、メモを取ることも可能です。

※1問ごとに音声が再生され、その後10秒間の解答時間があります。10秒を過ぎると次の問題へ自動的に切り替わります。

※試験時間内であれば、解答の見直し・訂正ができます。

タイピングの練習をしておく

ライティングでは文章のタイピングが求められます。

約20分間で、50〜60字書き込まなければなりません。英検CBT公式ホームページには、1分間で30文字書ければ問題ないとありました。50〜60字がどのくらいの量なのかや、打ち込むのにどれくらいの時間がかかるのか、事前に知っておくといいかもしれませんね。また、小さいお子様の受験に関しては、保護者は試験教室内に入室することができませんし、英検スタッフが解答の操作などを補助することもできないようです。受験者本人が基本的なマウス操作とキーボード操作が行えることをご確認ください。

英語のタイピング練習をしたい方には、以下のサイトがオススメです。

Benesseの英語タイピング練習(無料)

他のCBTテストを受けてみる!?

英検以外にもCBT試験を行っている英語のテストは以下のように数多く存在しています。

ケンブリッジ英検

GTEC

TEAP CBT

TOEFL iBT

TOEFL Junior Comprehensive

TOEIC S&W

これらを受けてみて、英検CBTの対策に使うのもありです。コンピュータでの受験を数多くこなしていれば、英検CBT受験に対して抵抗は少なくなるかもしれませんね。

デモ体験で練習してみよう!

TEAP CBT

GTEC CBT

この2つのテストは、ネット上でデモ体験を受けることができます!

CBT受験ってどんな感じだろう……と不安に思う方は受けてみるのもいいと思います。しかし、先ほどチェックした英検ホームページでの英検の形式をお忘れなきよう。


次回予告

試験内容をおさえて、受験問題の対策をし、CBTテストに慣れる。

これで、受験対策は完了です!直前まで問題・単語の復習を忘れず、受験に挑みたいと思います!

8月19日(日)に英検CBTを受験し、皆さんに有益な情報をお伝えできるよう頑張ってきます!

 


■英検準2級対策おすすめ記事まとめ

【英検®︎準2級総まとめ】試験概要・問題内容・合格点・対策法・レベル・日程
 【英検®︎直前!準2級確認テスト】これを解いてから本番に臨め!

 

※英検®及び英検CBT®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

3
学習法・勉強法

英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

5
学習法・勉強法

英検®︎3級二次試験は中1英語で合格!スピーキングでパニックにならないための面接シュミレーション!