» 明治大学の入試で4技能試験活用、国際日本学部の外国語科目が満点に!

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

4技能試験ニュース

明治大学の入試で4技能試験活用、国際日本学部の外国語科目が満点に!

2017.04.12

4技能試験で一般入試の外国語が満点に!

明治大学国際日本学部が、2018年度一般選抜入学試験において英語4技能資格・検定試験を活用することになりました。対象となる英語4技能資格・検定試験のいずれかを受験し、指定の等級、スコアを取得していれば、一般選抜入学試験の試験科目「外国語」(配点:200点)の得点が満点に換算されます。

CEFRの指標でB2レベル以上で有効

なお、TOEFL iBT 及びTOEIC (L&R)& TOEIC S&Wについては日本国内で受験した結果に限り提出が認められます。満点換算が適用される具体的な等級、スコアは現在検討中ですが、CEFRの指標で、B2レベル以上であることを条件とする予定です。

CEFRに関しては、 読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?にて解説してありますので、ご参照ください。

対象の資格、検定試験

日本国内での受験に限る 受験国を限定しない
TOEFL iBT  実用英語技能検定(英検)
TOEIC  (L&R) &  TOEIC  S&W ※1 IELTS TM    (アカデミック・モジュールに限る)
  TEAP ※2
  GTEC CBT
  ケンブリッジ英検

※1 「TOEIC (L&R)テスト」及び「TOEIC S&Wテスト」両検定試験の受験及びスコアを必須とします。また、IPテストのスコアは認められません。
※2 4技能パターンに限ります。また、TEAP CBTのスコアは認められません。

【注意】等級、スコアの証明書類は、出願締切日から遡って2年以内に受験し、かつ出願締切日までに提出できるものに限ります。ただし、TOEFL iBT 及びTOEIC  (L&R)& TOEIC  S&Wについては日本国内で受験した結果に限り提出が認められます。

 

※詳細はこちらをご覧ください。
出典:明治大学「2018年度 国際日本学部一般選抜入学試験における英語資格・検定試験の導入について(取扱変更)

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?