» 大阪府、府立高校入試において英検等の4技能試験を活用

英語4技能資格・検定試験対策サイト

4技能試験ニュース

大阪府、府立高校入試において英検等の4技能試験を活用

2016.10.20

 大阪府は10月17日、平成29年度の大阪府立高校入学者選抜において外部機関が認証した英語力判定テストを活用することを公表しました。対象となるのはTOEFL iBT・IELTS・英検のスコア等です。

 従来通り、受験者は全員学力検査を受験しますが、当該英語資格・検定試験のスコア等がすでに一定のレベルに達している受験生に対して、一定の得点率(下記参照)に基づいてスコア等のレベルを換算します。換算した得点と当日受験する学力検査の英語の得点と比較し、高い方の得点を当該受験生の英語の学力検査の得点とするということです。

 大阪府教育委員会が定める換算表は以下の通りです。

読み替え率 IELTS TOEFL iBT 英検
100% 6.0~9.0 60~120 準1級
90% 5.5 50~59 対応なし
80% 5.0 40~49 2級

 

 英語教育において4技能を鍛えることを重視している大阪府では、高校の入学者選抜における学力検査において4技能を直接的かつ適切に測定する方法を開発中であり、その実現に向けて研究および環境整備に努めていくとしています。現時点では4技能を試す独自の検査を導入することは困難であるため、今回の英語外部試験の活用によって上記の状況を補完し、一定の努力と実力を自ら証明した中学生に適正な評価を与え、大阪の児童・生徒の英語への学習意欲を高めるとともに、日本の英語教育が今後歩むべき方向性を示したいということです。

 

詳細については、以下の出典をご覧下さい。

出典:平成29年度 大阪府公立高等学校 入学者選抜実施要項

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

3
2017年4月入学入試

【2017年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

4
学習法・勉強法

【旧形式】英検準1級一次試験の開始後20分で14点満点中10点を取れる英作文を書く7つのコツ

5
2017年4月入学入試

TEAP採用大学の出願時条件まとめ