» 英検3級・準2級・級2級・準1級・1級の概要【新試験対応】

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

4技能試験の概要/特徴

英検3級・準2級・級2級・準1級・1級の概要【新試験対応】

2016.05.19

英検対策講座

1963年から始まった英検(実用英語技能検定)は、年間約330万人が受験する、非常にポピュラーな検定試験です。レベルによって級が5級〜1級(3級と2級の間に準2級、2級と1級の間の準1級あり)に分かれています。

2015年度から成績表の「英検CSEスコア」表示が始まり2017年度からは英検準2級・3級に英作文問題が導入されるなど、時代に合わせた改革も行っています。


英検受験の目的

  • 自身の英語力のチェックする
  • 就職の際に英語力の証明する
  • 国内の中学・高校・大学・大学院受験に利用する
  • 国外の学校への留学のための英語力を証明する
  • 通訳案内士試験など、資格・認定で外国語(英語)の試験を免除する

英検の運営団体

公益財団法人日本英語検定協会


英検各級に試験内容・時間

英検3級〜1級は、ペーパーテストの「一次試験」と、面接試験の「二次試験」で構成されています。二次試験は、一次試験合格者、または一次試験免除者に課されます。

※4級と5級には「二次試験」がありませんが、合否に影響しない「スピーキングテスト(録音形式)」を任意で受験することができる

※「一次試験免除」:3級〜1級に設けられた、一次試験合格から一年間、一次試験を免除で二次試験を受験できる制度

試験内容

一次試験、二次試験それぞれの「試験内容」は、以下のように構成されています。

リーディング問題(マーク式)​

一次試験

二次試験

筆記試験

リスニング試験

 面接試験

リーディング問題(マーク式)

ライティング問題(記述式)

 リスニング問題(マーク式)

 スピーキング問題

各試験の細かい出題内容は、各級の対策記事をご覧ください。

試験時間

 

3級

準2級

2級

準1級

1級

筆記試験

50分

75分

85分

90分

100分

リスニング試験

25分

30分

面接時間

約5分

約6分

約7分

約8分

約10分

 


英検の試験結果・点数について

試験結果は、郵送で届きます(Webでも閲覧できます)。試験結果には、「合否」「リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングそれぞれの得点」「英検CSEスコア」「英検バンド等」が示されます。合格だった場合は、合格証明書が届きます。
※英検CSEスコア:CSEは「Common Scale for English(CSE)」の略で、CEFRと対応した英検独自のスコア。詳しくはこちらをご覧ください。
※英検バンド:合否と英検CSEスコアをもとに、合格ラインまでの距離を示す数値。

<一次試験スコアシートのイメージ>

スコアシートの見方については、こちらをご覧ください。

※こちらの画像はイメージです。公式のシートとは異なります

満点スコア

各級の「4技能それぞれの満点スコア」、「4技能をすべて合わせた全試験トータルスコア」は以下の通りです。

 

3級

準2級

2級

準1級

1級

各技能の満点スコア

550

600

650

750

850

トータルの満点スコア

2200

2400

2600

3000

3400


合格基準スコア

2016年度から、各級の合格基準スコア(英検CSEスコア)が固定になりました。詳しくはこちらを御覧ください。

 

3級

準2級

2級

準1級

1級

一次試験

1103(満点1650)

1322(満点1800)

1520(満点1950)

1792(満点2250)

2028(満点2550) 

二次試験

353(満点550)

406(満点600) 

460(満点650)

512(満点750)

 602(満点850) 

 


英検のテスト日程と会場

テスト日程及び会場はこちらで確認できます。
受験案内 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

テスト日程について

試験は年間3回実施され、一次試験の4週間後に二次試験が行われます。

テスト会場について

試験は基本的に、全国約230都市・400会場の「本会場」にて実施されます。(申込時に受験地の選択はできるが、試験会場は指定不可)。

一次試験は、「準会場」という「申込責任者が定めた、申込団体単位の会場」で受験することもできます。所属する団体(学校・塾・企業など)から団体で申込む場合に、利用することが多いです。
また、1級の二次試験のみ、札幌、仙台、横浜、東京、新潟、名古屋、京都、大阪、広島、福岡、那覇の11都市で実施されます。


英検各級の受験料

  • 3級: 3,800円
  • 準2級: 5,200円
  • 2級: 5,800円
  • 準1級: 6,900円
  • 1級: 8,400円

英検各級のレベル

各級の「レベルの目安」、「CEFRに換算したレベル」は以下の通りです。

 

3 級

準2級

2級

準1級

1級

レベルの目安

中学卒業程度

 高校中級程度

高校卒業程度 

大学中級程度 

大学上級程度 

CEFR換算レベル

A1

A2

B1

B2

C1

 


英検受験のメリット・デメリット

メリット

1.入試で利用できる

英検保持者は、大学、高校、中学の入試試験で、優遇措置を受けられることがあります。具体的な優遇内容については、こちら、高校での検定優遇についてはこちら、大学はこちらの記事をご覧ください。

また近年、英検を優遇する学校の増加2020年のセンター入試廃止計画のような、「大学入試の英語試験を、民間試験で代用しよう」という動きが強まっています。民間試験の中でも、英検は主要検定ですから、今後の大学受験利用に期待できるでしょう。

2.他の資格試験の取得につながる

英検を取得していると、他の資格や検定の一次試験や、英語科目の受験が免除されることがあります。例をあげると、1級保持者は、「通訳案内士試験」の筆記試験の英語試験が免除されます。

3.自分のレベルに合わせて級を選べる

英検は、他の検定(TOEIC、TOEFL iBT等)と違って、レベル別で級が分かれています。そのため、英語初心者でも、無理なく自分に合ったレベルの級を受けられて、徐々に英語力を向上させることができます。

4.成績表が詳細

英検は、TOEIC、TOEFL iBT等と比べて、スコアシートが詳細です。各大問ごとに詳細に点数、またはコメントが明記されるため、自分の弱点が詳細にわかり、テスト後の復習にも役立ちます。また、2015年度の「英検CSEスコア」「英検バンド」の導入により、より客観的に英語力を把握できるようになりました。

デメリット

1.国外での利用があまり期待できない

英検は、TOEFL iBTやIELTSなどの海外で作られた試験と違い、日本国外での効力が弱いです。留学や、海外の企業への就職に利用するには、あまり向いていないでしょう。

2.判定が合格、不合格で示される

TOEIC、TOEFL iBT等のような、スコアが評価させるものであれば受験が無駄になることはありませんが、英検は不合格の場合、英語力の証明としては使えません。

3.アカデミックさに欠ける

大学生や社会人に求められる実践的なコミュニケーション力や、アカデミックさに欠けるため、英検対策だけでは海外大学・MBAで使える英語力の向上は難しいとされています。


英検に関するニュース


英検全般に関する記事


英検各級の対策に関する記事


英検各級の受験者の体験談

その他の「英検」タグの付いた記事一覧はこちら


※本ページの情報は2017年8月現在のものです。詳細は上記の公式サイトでご確認ください。

 
英検対策講座
  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?