【2021年度英検®️】検定料が上がる!わかりやすい検定料まとめ

公益社団法人 日本英語検定協会は、2021年度の「英検®️(紙で受験する「従来型」)」「英検 S-CBT」「英検 S-Interview」の検定料を発表しました。(2021年2月5日)

新型コロナウイルス感染対策で試験会場の密を避けるため、なるべく多くの受験者が「準会場」に分散して受験できるようにするための施策の一貫とのことです。検定料は「本会場」より「準会場」の方が安く受けられます。

また、これまでコンピュータで受験する英検®️として「英検 CBT®️」と「英検 S-CBT」がありましたが、2021年度から「英検 S-CBT」に一本化されます。

英検®️の受験方法が多様化し、検定料も異なるため、混乱してしまう受験者も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、英検®️の検定料をわかりやすくまとめました。2021年度に英検®️を受験する予定の方は必見です!

「本会場」と「準会場」の違い

個人で英検®️に申し込む場合は、英検協会が設定する「本会場」で受験します。具体的な試験会場は受験票で通知されます。

学校や塾などの団体で英検®️に申し込む場合は、その団体を「準会場」として受験します。日程などの詳細は、所属団体の担当者(学校や塾の先生など)に直接ご確認ください。

昨年度は、一次試験と二次試験の両方を「本会場」で受験するか、一次試験のみ「準会場」で二次試験は「本会場」で受験する2パターンでした。

本年度は「準会場」と「本会場」の組み合わせパターンが増え、それぞれで検定料も異なります。自分がどのパターンで受験するのか確認しておきましょう。

※検定料はすべて税込

一次試験と二次試験を「準会場」で受ける場合

5級(一次試験のみ)
2,500円

4級(一次試験のみ)
2,900円

3級
4,400円

準2級
5,400円

2級
6,100円

※準1級と1級は一次・二次共に「本会場」受験のみ

一次試験と二次試験を「本会場」で受ける場合

5級(一次試験のみ)
4,500円

4級(一次試験のみ)
4,900円

3級
7,900円

準2級
9,200円

2級
9,700円

準1級
10,700円

1級
12,600円

一次試験を「準会場」二次試験を「本会場」で受ける場合

5級(一次試験のみ)
2,500円

4級(一次試験のみ)
2,900円

3級
4,800円

準2級
5,800円

2級
6,500円

※準1級と1級は一次・二次共に「本会場」受験のみ

一次試験を「本会場」二次試験を「準会場」で受ける場合

5級(一次試験のみ)
4,500円

4級(一次試験のみ)
4,900円

3級
7,500円

準2級
8,800円

2級
9,300円

※準1級と1級は一次と二次共に「本会場」受験のみ

英検 S-CBTを受ける場合

「英検 S-CBT」はコンピュータで受ける英検®️です。英検協会指定のテストセンターで受験します。

ライティング試験は解答用紙に手書きで解答するか、キーボードでタイピング入力するか、受験申し込みの際に好きな方法を選べます。

3級
7,400円

準2級
8,700円

2級
9,200円

準1級
10,200円

※「英検S-CBT」は3級〜準1級のみ対応

英検 S-Interviewを受ける場合

英検 S-Interview は、CBT方式では受験がしづらい吃音の方や、テロップ・点字などの受験上の配慮が必要な受験者のみを対象に実施している試験です。

3級
7,400円

準2級
8,700円

2級
9,200円

準1級
10,200円

1級
12,100円

まとめ

2021年度の英検®️の検定料はおわかりいただけましたか?中高生は「準会場」で受けることが多いと思うので、必ず学校や塾の先生に確認するようにしてください。4skillsは皆さんの英語学習を応援しています!

出典元:日本英語検定協会

▼2021年度の試験日程についてはこちらをご覧ください▼

※英検®️、英検 CBT®️は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

この記事を誰かに共有する