【教えてジェイソン先生】日本語と英語の違いは「説明の量」だった

新シリーズ「教えてジェイソン先生」が始まります。本シリーズでは、英語講師のジェイソン先生と、4skillsライターのサキとの会話を通して、英語でのアウトプット(書く・話す)学習方法をお伝えしていきます。

第1話となる今回はイントロダクションとして、登場人物の自己紹介、サキが英語に関して苦手と感じていることをご紹介します。

登場人物の紹介

ジェイソン
Hi, I’m Jason. I help with the 4skills column and, in addition, I teach students how to prepare for the TOEFL iBT in Japan. Nice to meet you.

(はじめまして、ジェイソンです。4skillsの企画を手伝うかたわら、日本で主にTOEFL iBT対策を教えています。)
サキ
And I’m Saki. I’m also one of the writers of 4skills. In this series, we are going to show you some fun, efficient English learning methods.

(4skillsライターのサキです。このシリーズでは、効果的で楽しい英語でのアウトプット学習方法を紹介していきます。)
ジェイソン
Today, for the first episode, we’re going to introduce ourselves and give a brief introduction about this series. You first, Saki-san!

(記念すべき第1話の今回は、私たちの自己紹介と、このシリーズの概要を紹介します。 まずはサキさん、どうぞ!)
サキ
Okay! As a 4skills writer, I mainly write Eiken preparation articles. I used to live in California for four years when I was a child.

(私は4skillsのライターとして主に英検®️対策記事を書いています。 子供のころ約4年間アメリカのカリフォルニアに住んでいました。)
ジェイソン
Wow, so you must be rather fluent!

(じゃあ英語は話せるんだ!)
サキ
I forgot a lot of English since I haven’t used it for a long time.

(長いこと英語を使ってないからかなり忘れちゃった。)
ジェイソン
Really? I would’ve thought it would be like riding a bike for you, since you used to live abroad.

(本当に?昔海外に住んでいたなら、1度身についた英語は忘れないかと思ってたよ。)


自転車が乗れるようになると、その後乗り方を忘れないように”like riding a bike”=「一度身についたことは忘れない」という英語のイディオム
サキ
Seriously, not for me at least! Many people would think that a returnee can speak English fluently, but speaking is not my strength anyway.

(いや、本当に忘れる!帰国子女は英語ペラペラなイメージかもしれないけど、私は喋ることが得意なほうではないの。)
ジェイソン
Oh, no. Have you ever taken any English exams before?

(ありゃりゃ。英語の資格は何かもってる?)
サキ
Well, I got Eiken grade Pre-1….but that was 15 years ago.

(英検®️準1級を取ったよ….15年前に。)
ジェイソン
That’s great! But it has been awhile, right?

(いいじゃん!でもけっこう前だね。)
サキ
Yeah. I don’t need to use English at my work so I haven’t studied it much since I graduated from college.

(そう。仕事では英語を使わないから、大学卒業後は全然勉強していないの。)
ジェイソン
If that’s the case, what’s gotten you to think about English again?

(だとしたら、何でまた英語のことを考えるようになったの?)
サキ
I have more free time because of the pandemic, so rather than staying at home doing nothing, I wanted to re-study English and take the test. Then I could expand my opportunities, right?

(コロナで自分の時間が増えたし、家でゴロゴロしてるくらいならもう一度英語を頑張って資格でも取ろうかなと思って。そうすればいろいろなチャンスが増えるでしょ?)
ジェイソン
You’ve come to the right place! This is a common struggle for even the most skilled students but together, we’ll use some great strategies that’ll get you to a level of fluency that you’ll be proud of. Most importantly, it’ll be fun.

(それはいいことだね!一緒に素晴らしい戦略を使って流暢な英語を手に入れよう。きっと楽しめるはずだよ。)
サキ
Great! I’d like to work hard to improve my output skills in English. Okay, Jason sensei, how about you tell us about yourself?

(楽しみ!これを機に英語でのアプトプット力を頑張って伸ばしたい。じゃあ次はジェイソン先生、自己紹介をどうぞ。)
ジェイソン
A little about me, I’m an English teacher from California, in the US. I’ve been teaching for the past several years in Tokyo, helping students of all levels get good TOEFL iBT scores.

(僕について少し説明すると、アメリカのカリフォルニアから日本に来た英語講師です。 ここ数年は東京にいて、どんなレベルの生徒でもTOEFL iBTでよいスコアを取れるようにサポートしています。)
サキ
You used to live in California too! I’m excited that we can be part of this series together.

(ジェイソン先生もカリフォルニアに住んでいたんだね!一緒にこのシリーズ担当になって嬉しい。)
ジェイソン
Me too! Oh, do I miss California burritos.

(僕も!あ〜カリフォルニアのブリトーが恋しい。)
サキ
Burritos are so awesome, I love them too.

(ブリトー美味しいよね、私も好き。)


「ブリトー」はカリフォルニアで大人気の食べ物
ジェイソン
Anyway, my main priority is to help students get past any worries or hesitations about test prep.

(とにかく、僕が最も優先していることは、生徒がテスト対策についての不安や迷いを克服できるようにすること。)
サキ
Sounds like you are the best teacher! Have you been studying Japanese since it’s been two years since you’ve come to Japan?

(最高の先生だね!日本に来て2年ってことは、日本語も勉強してるの?)
ジェイソン
I only started learning Japanese a few months before I moved here, pretty much all through self study. I researched different methods that other learners suggested but ultimately I chose what worked for me personally.

I regularly practice through writing, daily vocab memorization, making plenty of mistakes through speaking with my friends, as well as listening to Japanese music and watching dramas. Through my own personal way of practicing the 4 skills, I’ve been able to get to an intermediate level in a couple of years!

(日本に来る少し前から独学で日本語を勉強し始めたよ。他の日本語学習者がおすすめしている勉強法をいろいろと調べたけど、最終的に自分にあったものを選んでるんだ。

日常的にやっていることは、日本語を書くこと、言葉を覚えること、たくさん間違えながら友達と日本語で話すこと。あとは日本語の音楽を聞いたりドラマを見ているよ。 自分なりに日本語4技能を勉強して、数年で中級レベルまで達することができたんだ。)
サキ
You’re such a hard worker! I admire you.

(すごく努力家!尊敬する。)
ジェイソン
Thank you! As a language learner myself, I know how difficult the TOEFL iBT can be!

(ありがとう!僕自身も語学学習者として、TOEFL iBTの難しさは理解できるよ。)

「登場人物の紹介」のおさらい

・サキ:4skillsライターの1人。子どものころにアメリカに住んでいたが、今は英語を忘れつつある。もう一度英語を勉強し直して、とくに英語でのアウトプット(書く・話す)を伸ばしたい。

・ジェイソン先生:アメリカ出身の英語講師。現在は日本で主にTOEFL iBT対策コースを教えている。日本語を勉強中で、さまざまな勉強法の中から自分にあったものを試している。

日本語ユーザーが英語に苦手意識をもつ背景

ジェイソン
It’s important to know what a student’s strengths and weaknesses are. As you’ve said, speaking is something you feel you struggle with, right? Would you mind describing exactly what you find difficult?

(何かを始める前に生徒の長所と短所を知ることが大切なんだ。サキさんは話すことそのものに苦手意識を感じているんだよね?具体的に説明してもらえる?)
サキ
I’m not good at having smooth and long conversations. When someone asks me a question, I often only reply in one or two short sentences.

(会話を続けることが苦手で、質問されてもひと言ふた言で話が終わっちゃうのが悩み。)
ジェイソン
I see. That can be a problem.

(なるほど、それは問題かもね。)
サキ
Besides, I’m not really good at talking to strangers, much less continuing conversations with them.

(というか、日本語でも知らない人と会話を続けるのは苦手…..)
ジェイソン
The good news is, you’re not alone. Especially with Japanese students, this is a fairly common obstacle but the reason behind it is quite interesting!

(会話に苦手意識をもっている人は多いから心配しなくて大丈夫! 特に日本の生徒にはよくあることなんだけど、その理由がとても興味深いんだ。)
サキ
What is it?

(なになに?)
ジェイソン
According to research provided by Yokogawa Ayako, a professor by special appointment at Meiji University, since Japan is an island country populated by people who share a common culture and language, the idea of having to explain things in detail is not typical for most people.

(明治大学の横川綾子特任教授の研究によると、島国の日本はみんなで共通の文化を共有しているため、物事を詳しく説明するという考えに慣れていないんだって。)

出典元:メイジネット

サキ
That is interesting!

(へぇ〜おもしろい!)
ジェイソン
Basically, when communicating, Japanese people are more used to “reading the air”, rather than having to be descriptive and direct. Would you agree?

(日本人はコミュニケーションをとる際に説明的でストレートにものを言うことよりも、基本的に「空気を読むこと」に慣れているらしいよ。どう思う?)
サキ
Right! Most Japanese speakers don’t really need to go into detail when speaking with one another. Which I guess is why I tend to only reply in short sentences when speaking English.

(たしかに!そもそも日本語ユーザーは「説明に慣れていない」ってことね。だから私は英語を話すときも短い返事ですませちゃうのかも。)
ジェイソン
Exactly!So basically, if students aren’t used to speaking descriptively in their own language, it would be even harder in a foreign one.

(そう!つまり母語で「説明すること」に慣れていないと、外国語で「説明すること」はもっと難しくなるわけ。)


英語力以前に「物事を説明する力」が必要
サキ
I guess English requires more explanations than Japanese. When you use really long explanations in Japanese, it sometimes gets annoying.

(そういえば英語のほうが説明が長いというか….日本語で同じことやったらクドイくらい説明するよね。)
ジェイソン
Right? However, it’s a necessity when communicating in a foreign language.

(でしょ?でも外国語で話すときはそれくらいしっかり説明することが必須なんだ。)
サキ
I need to learn how to explain things properly.

(私はまず「説明する力」をつける必要があるね。)
ジェイソン
By regularly practicing methods of output, whether it be writing a description about what you see in a picture, or talking to someone about a favorite item of yours, your ability to clearly communicate ideas will only increase! Isn’t that interesting?

(アウトプットの練習として、写真の内容の説明文を書いてみたり、自分の好きなものを誰かに話したりすることがいいよ。 くりかえし練習すると自分の考えを明確に伝えることができるようになるんだ。面白いでしょ?)
サキ
I see, we start with “describing simple things around us”. When I describe my favorite food to friends who haven’t eaten it before, I want them to get a clear idea of what the food’s like. I guess by doing something like that, studying speaking isn’t gonna be so hard!

(まずは身近なものを説明するのね。自分の好きな食べ物をまだそれを食べたことがない友達に紹介するときは、ちゃんと説明しがちだもんね。そう考えるとそんなに難しくなさそう。)

「日本語ユーザーが英語に苦手意識をもつ背景」のおさらい

・日本語でのアウトプットは「説明が少ない」傾向がある。

・英語でのアウトプットは「説明が多い」傾向がある。

・英語でのアウトプット力を伸ばすためには、まず「説明する力」を伸ばす必要がある。

・身の回りのものを英語で説明する練習が効果的。

長くなるので次回につづく……

まとめ

新シリーズ「教えてジェイソン先生」第1話はイントロダクションの前半として、登場人物の自己紹介と、日本語と英語の特徴の違いについてお伝えしました。英語でのアウトプットは「英語力」そのものよりも「説明する力」を伸ばすことが重要だとわかりましたね。

次回、イントロダクション後半は引き続きサキの苦手分野を話し合います。それを受けてジェイソン先生から、今後苦手をどう克服していくか、勉強のスケジュールなどのアドバイスがありますよ。

▼次の回へつづく!

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

この記事を誰かに共有する