» 国大協が新テスト英語の参考例を発表「英語全体配点の2割以上」「CEFRのA2以上」

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

4技能試験ニュース

国大協が新テスト英語の参考例を発表「英語全体配点の2割以上」「CEFRのA2以上」

2018.06.13

国立大学協会は12日、「大学入学共通テストの枠組みにおける英語認定試験及び記述式問題(国語)の活用に当たっての参考例等について」の公表しました。

英語に関する参考例は以下の2点です。

・2020年度から大学入試センター試験に代わり実施される「大学入学共通テスト(新テスト)」英語の民間資格・検定試験の配点について、従来のマークシート式の点数に加点する場合は全体の2割以上となるようにする。

・英語の民間資格・検定試験を受験資格として活用する場合は、CEFRのA2以上となるようにする。

また、この活用例はあくまで参考例であり、具体的な対応や最終判断は各大学に委ねるとしています。

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

3
学習法・勉強法

英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

5
学習法・勉強法

英検®︎3級二次試験は中1英語で合格!スピーキングでパニックにならないための面接シュミレーション!