» 【速報】2020年新テスト(共通テスト)の 英語民間試験を発表

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

4技能試験ニュース

【速報】2020年新テスト(共通テスト)の 英語民間試験を発表

2018.03.26

大学入試センターは26日、現行のセンター試験に代わりに2020年度から始める「大学入学共通テスト」の英語で活用する『民間資格・検定試験』について、英検やTOEICなど23試験の参加を認めると発表した。

参加要件が満たされたと発表された検定・資格試験

  • 「ケンブリッジ英語検定」(ケンブリッジ大学英語検定機構)
  • 「英検」(日本英語検定協会)
  • 「GTEC」(ベネッセコーポレーション)
  • 「IELTS」(ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS Australia*)
  • 「TEAP」(日本英語検定協会)
  • 「TOEFL」(米ETS)
  • 「TOEIC」(国際ビジネスコミュニケーション協会)

 

その他まとめ

  • 参加を申し込んだ24試験のうち、ケンブリッジ大学英語検定機構の「リンガスキル」は、国内での実施実績がないなど、要件を満たしていないと判断され認められなかった。
  • 英検は、5試験全て(英検1級、準1級、2級、準2級、3級)の参加が認められたが、実施方法の一部が要件を満たさないとされた。
  • 文部科学省は、民間試験のスコアが国際的な語学力基準「CEFR」A1~C2の6段階のどれに当たるかを示した対照表を公表した。英検は、3級水準の1400~1699点ならA1、準2級水準の1700~1949点ならA2、2級水準の1950~2299点ならB1となる。
  • 受験生は毎年4~12月、民間試験を2回まで受験できる。実施団体は受験生とセンターに結果を通知。センターは、共通テストを入試に使う国公私立大・短大に、出願した受験生の民間試験のスコアとCEFRの段階別評価の両方を提供する。
  • 現時点では、各検定の検定料に差があることから、受験生への負担が増える可能性がある。
  • 一部の民間試験を除いて、現時点では全都道府県での実施が難しく、受験機会が限られる受験生が出る可能性がある。
  • 民間試験の活用に関しては、慎重な大学も多く現時点では東大は活用しない方針を示している。

*IDP:IELTS Australiaが実施するInternational English Language Testing System(IELTS)については、条件付きで、参加 要件を満たしていると見なすことができるものと判断(詳しくは、大学入試センターサイトより

(出典元:大学入試センターウェブサイト

各認定試験のCFERでの対照表やその他、詳細はあらためて本サイト内でご提供いたします。

 

 

 

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英検準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

5
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法