英検®️準2〜2級二次試験アティチュードで満点取る3つの方法

英検®️2級・準2級の二次試験では「アティチュード」が評価され、33点中の3点が配点されます。

アティチュードってマナーの問題でしょ?」
「大きい声で話したり、挨拶ができれば大丈夫でしょ?」

と思っている方。アティチュードはマナー面の評価だけではありません。面接での積極性もアティチュード点の重要な判断材料として見られています。本記事ではアティチュードでしっかり点を取るための「積極的に話す」方法を紹介します。

英検準2〜2級アティチュードで満点


経験者は語る

私が英検2級の面接を受けた時の体験談を紹介します。

アティチュードは面接時の態度(マナー)の評価だと信じていたため、面接当日はノックから始まり、挨拶、声の大きさ、スマイルと、礼儀正しく進めるよう意識しました。なので、成績表でアティチュードの評価が2/3だったのを見たときは、

経験者は語る

私の態度のどこに問題があったの!?いい子にしてたのに!

と心外でした。「アティチュード=マナー」と思い込んで同じ経験をした人もいるのではないでしょうか。マナーを完璧にするだけではアティチュードは2点分しかもらえなかったのです。私には「積極性」のアピールが不足していたのでしょう。

では「積極性」とは具体的に何をすれば良いのでしょうか。


アティチュードの「積極性」とは?

英検準2〜2級の面接では、どのような発言をすれば積極性があると見なされるのでしょうか。

〈積極性のアピールに必要なこと〉

・聞かれた質問に単純に答えるだけでなく、話を膨らます

・わからない単語があっても、わかる範囲で説明する

具体例を伝えたり、最適の英語が出てこなくても工夫して話す姿勢が評価される傾向にあるようです。「アティチュード=コミュニケーション努力能力」と捉えるとわかりやすいかもしれませんね。

態度の悪い受験者のイラスト(就職活動)

もちろんマナーが悪いのはダメですよ。

「自分はコミュニケーション能力ないから無理….」という人も大丈夫!本記事で紹介する方法を使えば誰でも積極性をアピールすることができるようになります。


■積極性をアピールする方法3つ

①聞かれたことに答えるだけはNG!エピソードなどで具体的に!

たとえば日本語で「ご趣味は?」の質問に対して、答えが「料理です」だけだったら物足りないですよね。どんな料理が好きか、どうして好きなのか、どれくらい料理するのか、そもそも料理を食べるのが好きなのか作るのが好きなのか……もっと情報が欲しいところです。

英検の面接も同じです。質問の答えだけを言うのではなく、例や体験談、理由などを加えて答えましょう。

〈例題&解答例〉

Q: What do you do for fun in your free time?

A:In my free time, I usually watch anime.

まずは聞かれたことに答えます。

I watch about two episodes every weekend.

「いつ」「何をするか」を伝えます。数字があると具体的に伝えられますよ。

I watch them with my friends. They usually come to my house.

「誰と」「どこで」を伝えます。本当は一人でアニメを見る場合でも、便利な言葉”with my friends”を使って話をチョイ盛り。100%事実を話す必要はありません。

Sometimes, I stay up late to watch them. 

“sometimes”も話が膨らむ便利な言葉です。積極的にエピソードを話しましょう。

②もし〜なら、たとえば、〜だと思う….便利な言葉で話を膨らまそう!

〈例題&解答例〉

Q:Some people say every kid should go to school, even if the kid does not feel comfortable to attend school. What do you think about that?

A:I don’t agree with that idea.

まず自分の立場をagree/disagreeでハッキリさせます。

If a kid was having a really tough time going to school because of bullying, for example, you should not force him or her to participate in school.

便利な言葉”if〜”, “for example”を使って実例や反例を入れます。

I think it is important for parents to communicate with their kids and decide whether they feel comfortable going to school or not.

便利な言葉”I think it is important”を使えば意見が言いやすいです。

③英単語が出てこなかったら知っている単語を使おう!

〈例題&解答例〉

Q:Do you think smartphones have bad effects on students?

A:Yes, I think smartphones have bad effects on us, students.

(「集中できなくなる」って英語でなんて言うんだろう….?)

That is because when I try to study with my smartphone close to me, I can’t study. I want to check my smartphone.

集中できない”can’t focus”が言えなくても、自分がわかる単語で状況を精一杯説明できればOK。

■まとめ

アティチュードで満点を取るための3つの方法を紹介しました。実はこれらは英検に合格するためだけではなく、日頃のコミュニケーション能力を培うためにも大切なワザです。この記事を読んだ人は「アティチュード=マナー+積極性」と覚えて、面接本番ではコミュニケーション能力を発揮してください!皆さんの合格を応援しています。

<オススメ!英検二次試験対策>

オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」の英検対策コースでは、自宅にいながらライティングの添削やスピーキングの練習ができちゃいます!まずは無料体験してみませんか?詳しくはこちらから

英検対策コースバナー

もちろん大事なマナー面について知りたい人は以下をクリック!▼

【英検®︎2級二次試験】アティチュードで減点されないための4つのコツ

〈英検®️スピーキング対策記事〉

準2級 【英検®︎準2級面接スピーキング】二次試験合格のコツと対策法
2級 英検®︎2級二次試験対策【イラストの展開説明】で高得点を取る4つのワザ

英検®︎2級二次試験の面接を突破したいなら留意すべき5つのこと

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

この記事を誰かに共有する