» 英作文の添削をオンライン英会話で?効果的なライティングの対策方法とは

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

受験者インタビュー

英作文の添削をオンライン英会話で?効果的なライティングの対策方法とは

2017.06.26

今回は、英作文の対策に”オンライン英会話”を使っている大澄かれんさんに「英作文対策にオンライン英会話を使う理由」「オンライン英会話の活用法」をインタビューしました!

英作文の問題は解答が一つに定まらないという特性上、問題集の解答に書いてあるいくつかの解答例だけでは対応することができません。そのため、英作文の学習では自分の書いた文章を”添削”してくれる人が必要です。

しかし、誰もが添削を受けられる環境にあるとは限りません。実際には、「近くに添削できる人がいない」「毎回聞きに行く時間がない」という方もいるでしょう。そのような悩みに答えられるのが、オンライン英会話です。

「えっ?オンライン英会話ってスピーキング力を高めるサービスでしょ?」と思ったあなたも、このインタビュー記事を読めばオンライン英会話の可能性に気づくはずです。

 

Q.何のために英作文の学習をされているのですか?

大学入試で使う、TOEFL対策のためです。私は現在カナダの高校に留学しているので、スピーキング、リスニング、リーディングはこちらでの生活で充分に養うことができるのですが、ライテイングは生活しているだけではなかなか伸びないので、特に力を入れて勉強しています。

Q.なぜ英作文の対策を”オンライン英会話”でしようと思ったのですか?また、どのようなサービスを利用していますか?

カナダには日本人専門に英語を教えてくれる学校やサービスが少ないので、独学かオンライン英会話しか選択肢がなく、独学が難しかったのでオンラインにしました。最初は独学で勉強していたんですが、自分が正しいと思って書いた文章の間違いを自分で見つけるのは難しく、誰かに添削してもらう必要があると思いました。

オンライン英会話で対策しようと思ったのは、オンラインならば、学校の先生に添削を依頼するのと違って、時間を気にせずに何度も添削を依頼できるからです。また、講師は普段の生活で英語を使っているので、本場の英語にも対応できると思いました。

利用しているオンライン英会話は、ベストティーチャーのTOEFL iBT対策コースです。ライティング対策ができるオンライン英会話はベストティーチャーしかないですし、口コミの評判が良かったので選びました。ベストティーチャーは英語4技能すべての対策ができますが、私はライティング学習をメインに使っています。

Q.オンライン英会話をどのように使って、英作文対策をしていますか?

大まかな使い方は、ライティングレッスンで添削してもらい、スカイプレッスンで添削してもらった内容に対して細かい質問をするといった方法です。

私は英作文の強化をしたいので、授業カテゴリーの中から英作文トピックを中心に選んでいます。

ライティングレッスンで受ける添削では、文法上の間違いの指摘やより自然な表現を教えてもらえます。添削された箇所は覚えるくらいまで何度も読んで、身につけるようにしました。

スカイプレッスンは内容を自分で決められますが、英作文を中心に勉強したい人は、講師に添削の内容について質問するといいかもしれません。添削してもらった内容に対して疑問に思ったことや、単語の語法(使い方)を詳しく教えてもらえます。私は、聞きたいことを時間内にすべて質問できるように、質問を事前にまとめておくようにしています。

また、レッスン中に教えてもらったことはメモをとって、レッスン後にまとめます。まとめたものはバインダーに保存して次のレッスンを始める前に見返し、実践するようにしています。
何よりも復習が大事ですね。

Q.学習の頻度を教えて下さい。

1日1レッスンを目標に、夕食前に1時間ほど学習しています。今は学校の試験が控えているので受講頻度が少ないですが、TOEFL試験直前にはもう少しレッスンの量を増やそうと思っています。

ベストティーチャーはレッスンの回数制限がなく、自分のスケジュールに合わせて受講できるのがうれしいです。ただ強制されない分、モチベーションが必要です。私の場合は、「ライバルに負けたくない」「試験に絶対受かりたい」という気持ちがモチベーションになっています。

Q.オンライン英会話を使ってみて、良いと感じたことはなんですか?

添削内容が的確だと感じています。講師の中には英語教師の経験が長い方が多くいるので、私のレベルに合わせて、必要な知識をわかりやすく説明してくれます。

また、自主的に学べることが作文の上達につながっていると思います。自分から知りたいことを質問するということは、授業のように一方的に教えられるのと違います。自分が”知りたい”と思って聞いたことなので覚えもいいし、自分に欠けていることをピンポイントで知ることができるので、学習効果が良いと思います。

 

まとめ

英語圏で生活しているにもかかわらず、ライティングの学習環境が充分ではないとは、意外ですね。でも考えてみれば、日本で生活していても日本語の文章を添削してもらえるチャンスはあまりありません。こんなところが意外な落とし穴になっています。

オンライン英会話での英作文学習は「いつでも、どこでも、何度でも」添削を依頼できるので、英語の学習環境が十分でない英語圏に住む人だけでなく、様々な需要に応えられます。

「仕事で英語のメールを送るのにライティングの力を伸ばしたいけど、添削してくれる人が近くにいない」「検定受験の英作文対策をしているけど、独学では難しい」という方、オンライン英会話ベストティーチャーを試してみてはいかがでしょうか?

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?