» 【IELTS受験体験記vol.2】スコア速報!次回受験までの集中対策法とは?

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

チャレンジ企画

【IELTS受験体験記vol.2】スコア速報!次回受験までの集中対策法とは?

2017.11.14

IELTSを受験する方は、対策方法や試験当日の様子がわからず悩むこともあると思います。

4skillsのライターが IELTSを2回受験し「目標スコアに達するためにはどんな勉強をすれば良いのか?」をテーマにリアルな声をお伝えしていくこの企画。第2回目の今回は、初回受験のレポートと試験結果をもとにした今後の試験対策計画をお伝えします!IETLSの受験を考えている方は必見です。参考にしてみてくださいね!

 

はじめに

流れ 記事  
とりあえず受験! はじめに  
結果発表・分析・試験対策計画  ← 今回はここ!
試験対策の進捗 対策1ヵ月目・反省点・現状報告  
対策2ヵ月目・反省点・現状報告  
受験2回目!  結果発表・分析  
 まとめ  

今回は全6回のうち2回目の記事です。受験当日のレポート、結果分析と今後の試験対策計画についてお伝えします。第1回目の記事は【IELTS受験体験記vol.1】初受験から3ヵ月でスコアアップ?私、IELTSに挑戦します!を見てくださいね!

今回の企画でIELTS受験に初挑戦する、りいです。約3ヶ月の勉強でスコアを上げるという任務をおってプレッシャーを感じる毎日ですが、頑張ります!


試験結果発表!果たしてスコアは・・・?

今回まったく対策をせずに受けた初めてのIELTS。力試しとはいえ4skillsのライターとして下手なスコアは出せないので超不安です。果たしてスコアはどうなっているのでしょうか?

ドキドキ

・・

・・・

・・・・

(※IELTSのスコアの見方の詳細はIELTSスコアシート詳細解説をご覧ください。)

どうでしょうか?個人的に思っていたよりは良いじゃ〜んという印象です。しかしここで安心はできません!今回の結果をしっかり分析して次回の受験に活かさなければ意味がないのです!ということで、各技能ごとに受験の「感想」「できたところ」「できなかったところ」を振り返ってみようと思います!


試験の分析

Listening 7.5

・全体の感想
スピードは早めで、文章量も多く追いつくのが大変でした。一つの音声についての問題数が多いのでノートテイキングがとても重要だと感じました。

・できたところ
日頃海外ドラマを見ているおかげか、リスニング力自体はあったようです。大まかなシチュエーションやニュアンスはよく聞き取ることができました。

・できなかったところ
大事なところで単語を聞き取ることができず、自信を持って解答することができませんでした。またノートテイキングがもう少しできれば見直しの時間を有効に使えたと思います。

Reading 7.0

・全体の感想
読む量が多かったです。難しい語彙もありますが大体の内容はわかるレベルの文章でした。設問は正誤判断や要約などでややこしいものではなく比較的解きやすかったです。

・できたところ
精読よりも段落ごとのおおまかな内容を把握することを意識したので、つまずくことなく読むことができました。

・できなかったところ
文章を読む前に先に設問を読んでおけばよかったと思います。またわからない単語も多く問題を解くときに迷ってしまったり消去法になることも多かったです。

Writing 5.0

・全体の感想
1番できないと感じたのがライティングです。表を描写するTask1で時間を取ってしまいTask2に時間をかけることができませんでした。書く量が多いので、多様な語彙を使えないと稚拙な文章に見えてしまうと思います。

・できたところ
なんとか時間内に意見をまとめることができたのはよかったです。本当に時間が足りませんでしたが解答が途中で終わるということはなんとか避けました。

・できなかったところ
Task1ではグラフや表を表す語彙が思いつかず繰り返し同じような表現を使ってしまいました。Task2でも時間が足りず、論理的な意見を書くことができませんでした。

Speaking 5.5

・全体の感想
面接官の方は若い女性の方で終始優しく笑顔で対応してくれました。英語も聞き取りやすかったです。答えが長くなってしまい端的にまとめることができませんでした。

・できたところ
終始リラックスして会話できました。IELTSはメインの問題に入る前に一問一答のような質問がありますがそこでは例を交えながら端的に解答できたと思います。

・できなかったところ
メインの問題で答えを短くまとめられなかったことや同じような言い回しを繰り返し使ってしまったことが一番の反省点です。また解答用のメモもうまく活用することができませんでした。

Overall 6.5

見事に苦手分野が現れる結果となりました!次回受験で全体のスコアを上げるには大きく以下の3つを意識して対策する必要がありそうです・・・。

  • 問題形式に慣れて解答のスピードを上げる
  • 語彙や表現力を磨く
  • スピーキング、ライティングなどアウトプットの力をつける

今回スコアが伸びなかった「ライティング」と「スピーキング」のアウトプットを重点的に対策し、得意な「リスニング」「リーディング」のスコアもキープして全体のスコアアップを目指します!


次回受験までの試験対策方法

次回の目標スコアは 

  • Listening   7.5→7.5
  • Reading    7.0→7.5
  • Writing     5.0→6.0
  • Speaking  5.5→6.0
  • Overall     6.5→7.0

とします!

2ヵ月という限られた期間、色々な教材に手を出しても仕方がないので、公式過去問集単語帳を重点的に使って対策をします!プラスαでIELTS完全攻略問題集を使い苦手箇所を重点的に対策し、オンライン英会話のベストティーチャーを使ってライティングとスピーキングを強化していく予定です!

模試

全4回分の模試が収録されている公式過去問集です。基本的にはこの問題を解いてしっかり復習をするという学習をベースに行なっていきます!特にリーディングはセクションごとに20分時間を測って取り組み、速読力をあげる訓練をします。

弱点補強

設問ごとの解法ポイントやテクニックがとても詳細に解説されている問題集です。こちらも全部通すのは厳しいので、ライティングやスピーキング部分を中心に使って苦手分野をカバーする目的で活用しようと思います!

語彙

過去問を中心に作られている単語帳です。3500語がレベル別に収録されています。500語ごとにレベル分けされているので、1日50~100語、1週間で500語のペースで進め、覚えていない語を中心に繰り返し見直して確実にインプットしようと思います。また過去問などを解いていてわからなかった単語などは手作りの単語帳を作って覚えていこうと思います!

スピーキング&ライティング

ライティングとスピーキングは人に添削してもらうのが重要ですよね!ここはオンライン英会話を使って勉強していきます。スカイプレッスンだけでなくライティングも添削してもらえるのでかなり使えそうです!ライティングとスピーキングはこちらを中心に対策していきます。最低でも月10回受講する予定です!


2ヵ月の試験対策スケジュール

今後2ヵ月の試験策計画表です。1月20日に2回目の受験をしようと思っているので、今回の試験結果がでた11月から次回受験までの約2ヵ月間、以下のように勉強していきます!


筆記テスト当日の流れ

さらに、IELTSを実際に受けてみて感じた要注意点をお伝えします!IELTSを初めて受ける方、当日の雰囲気がわからなくて不安だという方は要チェックです。ちなみに私は今回「東京2-day」の日程で受験しました!

①会場入り

受付会場に入るとまずは「受験番号が書かれたシール」と「ビニール袋」が手渡され、持ち物を袋に入れてシールをパスポートとビニール袋に貼るように指示されます。準備が整ったらこのタイミングでトイレにいくことをオススメします!本人確認をしたあとはトイレなどで退出する場合もパスポートチェックと指紋認証が必要になってしまうからです。

②本人確認

本人確認はサイン、指紋認証、顔写真撮影の順に進みます。入国審査並みの手続きですが、スタッフの指示に従っていれば問題なく終わるのでご安心を。

③受験

Q.会場内に持ち込める荷物は?

  • パスポート(カバーなし)
  • 鉛筆(キャップなし)
  • 消しゴム(カバーなし)
  • 透明なボトルに入った水のみ

会場に持ち込める持ち物は上記の通りです。ティッシュ、鉛筆削り、筆記用具は会場で借りることができます。間違って鉛筆のキャップを持ち込んでしまった人はスタッフがその場で預かっていたので注意が必要です!

Q.試験中トイレっていけるの?

「IELTS試験中はトイレに行けない?」・・・なんてことはありません。トイレ行けます

ただしトイレ休憩はないですし、インストラクション中、各テスト終了10分前、試験問題と解答用紙を回収または確認している間、リスニングテストでCDが流れているときにはトイレに行けません。さらにトイレで退出する際はパスポートと指紋チェックが必要なので、時間のロスを考えると試験中トイレに立つのはあまりオススメしません。

Q.どんな服装で行けばいい?

試験中は3時間以上座っていることになるのでゆとりのある服が良いと思います。また脱ぎ着しやすい上着を1枚持っておくと良いと感じました。試験は10月の肌寒い日でしたが会場内は結構暑かったです!

Q.会場や試験官、他の受験者の雰囲気は?

一つの会場に100人ほどの受験者がいました。試験官はスーツ姿の方が受付会場と試験会場に10人ずつくらいいて多さと威圧感に驚きました。最初は緊張しますがみなさん優しく対応してくれるのでだんだんリラックスできました!(もちろん日本語でもOK)受験者はざっと見た感じやはり留学を控えているであろう大学生が大多数でした。

④退出

全ての試験が終わるとそのままスピーキングテストについての案内があります。私は2days受験だったので翌日の集合時間と場所を確認してその日は終了!だいたい12:30分頃には退出できました。その後最初の受付会場に戻り荷物を受け取って帰宅です。


スピーキングテスト当日の流れ

①受付

パスポートのチェック、指紋認証、サインをし、受付会場に入ります。本人確認が終わるとそのまま待機の指示があるので、待合室で名前が呼ばれるのをひたすら待ちます。

Q. 参考書は持ち込める?

待合室で待機している間は持参した参考書を見ることができます。しかしペーパーベースのものだけです。スマホなどは電源を切るように言われるので注意してください。

②試験

部屋に入って席に着くと名前を聞かれ「今から証拠のために、テープレコーダーに日時と名前の吹込みをするね」と言われます。そのほかにも試験が始まる前に「この部屋暑い?」などと聞かれたりもします。評価対象ではないですが、ここでスマートに対応できると緊張もほぐれリラックスできますよ!

Q.面接官はどんな人?

IELTSの面接官は基本的にネイティヴの方です。担当してくれた面接官は20代くらいの女性の方でしたが、他の面接官は40代くらいの男性が多かったです。

Q.スピーキング試験の持ち物は?

スピーキング試験に必要な持ち物はパスポートのみです。試験の途中でメモをとる時間がありますが紙や鉛筆は用意されたものを使います。


次回の受験まで約2ヵ月・・・頑張ります!

NEXT→次回は試験対策開始から1ヵ月目のレポートをお伝えします!お楽しみに!

 
  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?