» 【IELTS受験体験記vol.3】短期集中対策!1ヵ月でスコアアップを目指す参考書と勉強法

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

チャレンジ企画

【IELTS受験体験記vol.3】短期集中対策!1ヵ月でスコアアップを目指す参考書と勉強法

2017.12.20

IELTSを1ヵ月などの短期間でスコアアップしたいとき、一体どんな勉強をどれくらいしたら良いのでしょうか?

4skillsのライターがIELTSを2回受験し「目標スコアに達するためにはどんな勉強をすれば良いのか?」をテーマにリアルな声をお伝えしていくこの企画。第3回目の今回は、1ヵ月の短期集中勉強法をリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングの技能別に徹底解説します!1ヵ月という短期間にやるべき勉強法や次の1ヵ月に向けて改善してくべきポイントなど、IETLSの受験を考えている方は必見の内容です。参考にしてみてくださいね!


はじめに

流れ 記事  
とりあえず受験! はじめに  
結果発表・分析・試験対策計画  
試験対策の進捗 対策1ヵ月目・反省点・現状報告 ← 今回はここ!
対策2ヵ月目・反省点・現状報告  
受験2回目!  結果発表・分析  
 まとめ  

今回は全6回のうち3回目の記事です。勉強1ヵ月目の現状報告や、実際に行なっている勉強法、次の1ヵ月に向けての改善点などについてお伝えします。


1ヵ月前に立てた学習スケジュール

こちらがIELTSを初めて受けたあとに作成した1ヵ月の学習計画表です。詳しくは第2回目の記事【IELTS受験体験記vol.2】スコア速報!次回受験までの集中対策法とは?を見てくださいね!初受験の結果や弱点分析も書いています。

今回はこの学習計画表のちょうど中間にあたります。

はたしてこの通りに勉強を進められているのでしょうか・・・!?!?


1ヵ月の勉強法

Reading

リーディングに使っている教材はこちらのIELTS公式過去問集です。全4回分の模試が収録されています。模試1回ごとにセクション1〜3の3つのパートがあるので、全部で12問の長文問題が載っています。

勉強法

① 問題を解く

まずは模試1回分の問題を解きます。1回目の受験では、問題の形式に不慣れですべて解き終わるのが時間ギリギリになってしまっていました。そのためリーディング対策では、60分を1回通すのではなく、1セクションごとに20分ずつ時間を測って解いていきます!

② 答え合わせと精読

問題を解き終わって答え合わせをしたら、間違えた問題やよく理解できなかった部分を確認してしっかりと精読します。

精読とは、文法や単語をひとつひとつ確認して、英文の意味を正確に理解することです。この作業ではなんとなく訳して読むのではなく、文構造を明らかにしてなるべく正確に訳すことを目指します。

具体的には次の3つの作業をしています。

  • わからない単語や表現を調べる
  • 文構造や文法を整理して文の意味を正確に理解する
  • 間違えた問題はなぜ間違えたのか、正しい答えをどう選ぶのかを説明できるようにする

③ 復習

十分に精読をしたら30分くらい時間をかけて音読をして、英文や解いた内容を復習します。

勉強時間

1セクション20分×3で模試1回分をなるべく通しで解くようにしています。平日はまとまった勉強時間をあまり取れないので移動時間やちょっとした空き時間に頭の中で英文を読み返したりする作業にあてています。

〜振り返り〜

前回の受験では「問題形式に慣れる」ということが課題だったので、その点では毎週問題を解くことによってコツがつかめてきたように思います。ただ、まだ時間内に余裕を持って解き終わることができないことが多いので、今後は「速読」という部分も意識しながら勉強していきます!

Listening

リスニング対策でも、同じくIELTS公式過去問集を使用しています。リスニングはセクションが4つあるので、模試4回分で16個のリスニング問題が載っています。

勉強法

① 問題を解く

リスニング対策も基本的にはリーディング対策と流れは同じです。前回の受験では「語彙力」と「問題形式への慣れ」が課題でした。この2つを意識しながら本番と同じように30分時間を測り、4つのセクションを通しで解くようにしています。

② 答え合わせと精読

答え合わせをしたらわからない単語や表現を調べて、英文の意味を完全に理解できるように確認します。基本的にリーディングの勉強で行う精読と作業は同じですが、リスニング問題は基本的に発話形式で難解な文章はあまりないのでリーディング問題ほどは時間をかけていません。

③ 復習

リスニング対策では、音読とシャドーイングを繰り返して目と耳の両方から復習するようにしています。特にシャドーイングはリスニング力を鍛えるのにとても役立つので、リーディングの勉強全体の中で一番力を入れて行なっています!

勉強時間

勉強時間は机に向かって問題を解いたり精読をしたりという時間で約1時間くらいでしょうか。基本的に週末の時間があるときに問題を解いて、音読やシャドーイングなどの復習は平日の隙間時間でこなすようにしています。

〜振り返り〜

週末に問題を解いて平日にシャドーイングなどで耳を鍛えるようにしていますが、リスニング力のアップを実感するにはまだ至っていないですね・・・。リスニングは前回1番スコアが良かったのでそこまで時間をかけていなかったのですが、今後は毎日時間を決めてもっとシャドーイングの量を増やしていく必要がある気がします。

またIETLSのリスニングで効率的に解答するにはスクリプトを聴きながらメモを取るノートテイキングのスキルが不可欠だと思うのですがまだそこをマスターできていないので、次の1ヵ月では重点的に対策していきます!

Writing

ライティング対策にはオンライン英会話ベストティーチャーの「IELTS対策コース」を活用しています!ベストティーチャーはオンライン英会話サービスですが、スカイプレッスンをする前にライティングレッスンがあるのが特徴です。ライティングレッスンでは

勉強法

① Writingレッスン

まず練習問題を選んで自分の英文を送ると、講師が添削してくれます。ライティングをするときは、時間を測って時間内に書き終える練習というよりは、単語や表現、またエッセイライティングのポイントを調べながらじっくり時間をかけて書くように意識しています。

ライティングのコツや使うべき語彙など英文を書くためのヒントは「IELTS 完全攻略」という参考書を読んで勉強しています。この参考書は問題を解くための考え方やテクニックなどがとても詳しく解説されているので、苦手な部分の補強用に使っています!

② 添削と復習

自分で作った文章を送信すると、遅くてもだいたい1時間以内には添削されて返ってきます。ベストティーチャーには「ベストレ」という復習用のページがあって添削された箇所を確認できるほかに、自分が作った文章でオーバーラッピング、シャドーイング、ディクテーションができるようになっています。スカイプレッスンの前に「ベストレ」をして自分の文章を復習します。

*オーバーラッピングの方法については英語4技能試験スピーキング対策で耳も鍛える!オーバーラッピング5つの手順をご覧ください!

③ Skypeレッスン

Skypeレッスンでは自分で作ったエッセイをもとに、より良い表現やエッセイの組み立て方に対してアドバイスをもらいます。講師によって少しずつ着眼点が違うので現在はレッスンごとに違う講師に見てもらっていろいろなアドバイスをもらうようにしています。レッスンが終了すると成績表がもらえるので自分の弱点も明確になります!

勉強時間

週に2~3レッスンを進める計画でいましたが、なかなか実行できていないのが現状です・・・。1週間に1回のときもあれば、時間に余裕があり3回もできるときもあったりとレッスンの頻度にばらつきが出てしまっています。

〜振り返り〜

1番の苦手分野なので1番時間をかけなきゃいけないはずが、なかなかまとまった時間を取れていません(汗)苦手だから無意識に避けているのかもしれません・・・。これからはレッスンを受ける曜日を決めた方がいいなと感じました。現時点で20%ほどしか時間を取れていないので、次回の1ヵ月は30%まで勉強の比重をあげるようにします!

また現在はSkypeレッスンごとに別の講師を選択していますが、同じ講師に見てもらって継続的に評価してもらうのも良いと思います。Skypeレッスンの復習もできていないので、レッスンの受け方をもう一度見直して行こうと思います!

Speaking

スピーキング対策にもオンライン英会話のベストティーチャーを利用しています。ライティングと同様に、まずは自分が話す内容を文章で書いて講師に添削してもらってからSkypeレッスンをするのが特徴です!

問題はパート1のインタビューやパート2のメモを取って自分の考えを述べるもの、パート3のディスカッションと内容ごとに分かれているので自分が対策したいものを選んで解答していきます。

勉強法

① Writingレッスン

はじめにWritingレッスンでスピーキングの解答用スクリプトを作ります。スピーキングでは、本番のように素早く解答を組み立てる頭の動きを意識してあまり時間をかけずに解答を作るようにしています。スクリプトの作成はスマートフォンアプリでできるので電車内などの隙間時間にチャット感覚で作るようにしています。

② 添削と復習

ライティングの勉強と同様に、自分で作成したスクリプトが添削されて返ってくるので、「ベストレ」を活用して復習します!

③ Skypeレッスン

Skypeレッスンでは作ったスクリプトをもとに、正しい発音やより良い表現を教えてもらったり、メモの取り方についてをアドバイスをもらったりしています。

スクリプトをもとにしたレッスンの他にも、その場で新しいスピーキングの質問を出してもらって模擬試験のように活用することもできます!

勉強時間

スピーキングのスクリプトはライティングほど考えこむ必要がないので、チャットをする感覚で電車内での隙間時間に講師に英文を送って添削してもらっています。スカイプレッスンは平日の夜家に帰ったあとなどにしているのですが、継続的にレッスンを入れるのがなかなか難しく全体の割合では20%くらいになってしまっています。

〜振り返り〜

スカイプレッスン自体は講師の方々がとても親身になってアドバイスしてくださるのでかなり役立っていると思います。ただ毎回受けるだけで満足してしまうことも多いので、事前に質問したいことを考えたり同じ講師のレッスンを受けて継続的に評価をしてもらったりなどレッスンの受け方にも工夫の余地があると感じました。

またライティングの対策と同様にSkypeレッスンの復習がおろそかになってしまっていました。講師に指摘されたポイントをノートにまとめるなど、内容を後から見返せるようにしようと思います。

スピーキングもライティング同様に苦手な技能なのでこれからの1ヵ月全体の30%ほどの勉強時間を確保できるようにしたいです!現在は空いている時間にSkypeレッスンをするという状態なので今後はSkypeレッスンをするために勉強時間を設けるという意識に変えていきたいです!

Vocabulary

語彙の補強にはこちらのIELTS用単語集を使っています。全部で3500語収録されていますが、私が目標とするスコア7.0には必要なさそうなので、3000語を頭に叩き込むのが目標です!

勉強法

1日約100語、1週間に500語のペースで進めています。しっかり覚えながら進めるというよりは、ざっと目を通して覚えていない単語をチェックという作業を繰り返しこなすイメージです。もはや覚えてなくてもいいのでとにかく単語を目に入れる回数を増やすようにしています!何回か繰り返しチェックして、それでも覚えていない単語は手作り単語帳に記録してさらに重点的に見返します。

またこの単語帳以外にも、リスニングやリーディングの対策でわからなかった単語は手作り単語帳に記録するようにしています。手作り単語帳は単語帳を作れるスマホアプリを活用中です。紙に書くより手っ取り早く作れるし、電車の中でも見返しやすいのでオススメですよ!

勉強時間

単語帳は基本的に隙間時間を使って勉強しています。前回受験してわかった課題が「語彙・表現力不足」だったので他の勉強ができなくても単語だけは毎日少しずつでもチェックしています。隙間時間にコツコツ進めて、勉強時間全体の10%くらいを語彙の補強にあてている感じです!

〜振り返り〜

語彙の補強はとにかく習慣づけることが重要だなと感じました。毎日ほんの少しでも単語帳を開くことです!また単語帳アプリを活用するのも作業短縮に役立っています。忙しくてまとまった勉強時間がなかなか取れないという方にはオススメの方法だと思います。現時点で全体の10%くらいを語彙にあてることができているので、次の1ヵ月もこの調子で進めていきたいと思います!


今後1ヵ月の勉強に向けて

これまでの1ヵ月を振り返って

これまでの1ヵ月を4技能ごとにそれぞれ振り返ってみましたが、自分では勉強した気になっていても、改めて振り返ると改善するべきポイントが見えてくるものですね!

まず全体の勉強のバランスが、インプット中心になってしまいアウトプットの量がまだまだ足りていなかったと思います。またスカイプレッスンの内容がいつも講師の方にお任せになってしまっているので、もう少しレッスンの受け方も工夫できるのではないかと感じました。さらにまとまった勉強時間をとることができていないので、勉強の時間管理も見直して行きたいですね。

こうして振り返ってみるとかなり壊滅的です(汗)とくにアウトプットは次回のスコアを上げるための要になる部分なので、今後1ヵ月の勉強ではライティング30%、スピーキング30%の比重をかけられるようにしていきたいと思います!

今後1ヵ月に向けて

今後1ヵ月の勉強で改善していくポイントは次の通りです。

  • アウトプットの割合を増やす(スピーキング30%、ライティング30%、リスニング10%、リーディング10%、ボキャブラリー10%)
  • 質問を事前に考えたり、同じ講師に継続して評価してもらうなど、スカイプレッスンでの効果や成果がわかるようにレッスン内容を工夫していく
  • 1週間ごとに勉強スケジュールを見直して、まとまった勉強時間を作るようにする!
  • 隙間時間を含め全体の勉強時間を測って記録し、勉強の量とその効果(結果)の関係がわかるようにする

・・・

・・・・

・・・・・

残り1ヵ月なので、気を引き締めて頑張ります!

次回の記事では勉強2ヶ月目と受験直前のレポートをお伝えしますのでチェックしてくださいね!

 

<IELTSテストの詳細は以下のページからもご覧いただけます>

 

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

3
学習法・勉強法

英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

5
学習法・勉強法

英検®︎3級二次試験は中1英語で合格!スピーキングでパニックにならないための面接シュミレーション!