» TOEIC SWのスピーキングセクション、テレビを使った必勝テクニック

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

学習法・勉強法

TOEIC SWのスピーキングセクション、テレビを使った必勝テクニック

2015.06.17

TOEIC SWの2本柱の一つである、スピーキングセクションでは、ずばり瞬発力を鍛えることが勝利への第一歩と言えます。

英語で話そうとすると急に緊張する・・・というあなた。発音が悪いから私には無理・・・というあなたも、3つの必勝テクニックをおさえて、確実にTOEIC SWの高得点を狙っていきましょう。

TOEIC(R) SWのスピーキングに求められること

TOEIC SWのスピーキングに求められること、それは論理的に話すことです。中でも、「筋道の通った継続的なやりとりができる」力を測るのが、TOEIC SWのスピーキングテストなのです。詳しくはTOEIC SW公式サイト・テストの形式と構成をご覧ください。

前半部分の満点をねらう!

TOEIC SWのサンプル問題を見て、お気づきの人も多いかもしれませんが、あれ?前半は思ったほど難しくないのです。音読、写真の説明や質問に端的に答えるといった問題は、練習さえすれば必ず高得点を狙うことができます。ではどのように練習すればよいのか、次で見ていきましょう!

テレビのアフレコで楽しく英語瞬発力トレーニング!

9feb007ea6424816d52504bf9c754dce_s

家に帰って「ピッ」とつけたそのテレビ、まずは音声を消してしまいましょう。やることはシンプルです。

  • テレビの音声を消す
  • テレビの映像や音声を見ながら、状況を説明してみる
  • 1分間集中してやってみて、うまく説明できなかった状況をリストアップする
  • 今度はライティングの練習も兼ねて、どう説明すべきだったか、パーフェクトな解答を書いてみる

スピーキング練習は振り返りが重要

テレビを見ながら瞬発力を鍛えたら、今度はパーフェクトな解答を何度も声に出して練習します。スピーキングがニガテだと感じるのは、何を言えばいいだろう、と頭の中で文章を組み立てるのに時間がかかるからです。それに慣れるためには、先ほどのように瞬発力を鍛え、さらに自分だけの完璧な台本を用意する必要があります。

丸暗記しろってこと?

本記事では、作った文章を丸暗記しろと言っているわけではありません。完璧なスピーキング台本を作って練習すると、順序立てながら論理的に話すクセがつき、整った文章構成で話ができるようになるのです。

まとめ

  • スピーキングテストに求められるのは論理的に会話する力です
  • TOEIC SWのスピーキングは前半部分の満点を狙いましょう
  • テレビのアフレコは、前半部分の攻略にピッタリの練習方法です
  • 振り返りをすることが何よりも重要です

TOEIC / TOEIC SWの対策に関する記事

その他の「TOEIC」タグの付いた記事一覧はこちら

その他の「TOEIC SW」タグの付いた記事一覧はこちら


TOEIC / TOEIC SW受験者の体験談

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?