» TOEICテストはTOEIC Listening & Reading Testに名称変更。4技能受験が当たり前の時代への布石か

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

4技能試験ニュース

TOEICテストはTOEIC Listening & Reading Testに名称変更。4技能受験が当たり前の時代への布石か

2016.08.26

TOEIC®テストを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、従来のTOEIC®テストの名称を「TOEIC® Listening & Reading Test」に変更することを発表しました。

これまで一般的にTOEICテストはと言えば2技能のLRの測定を指していましたが、これまでのTOEICテストはTOEIC Listening & Reading Testと明示し、TOEIC Speaking & Writing Testsと並列化することで、聞く(Listening)、読む(Reading)、話す(Speaking)、書く(Writing)の4つのスキルを測定できるということを認知させることが目的とのことです。

2つのテスト内容に変更はないとのことですが、社会人同士の会話の中で、「こないだTOEICテスト受けたんだ」「それってRLとSWのどっち?」みたいな会話が行われる時代が来るかもしれません。

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?