» 英検2級二次試験の面接を1問ずつ丁寧に解説します!

英語4技能資格・検定試験対策サイト

学習法・勉強法

英検2級二次試験の面接を1問ずつ丁寧に解説します!

2016.07.10

英検対策講座

2016年度からライティング問題が追加され、4技能化された英検2級ですが、二次試験の面接に関しては問題形式は従来通りです。本記事では、二次試験の問題形式ごとに留意すべき点をご紹介します。これを読めば、合格間違いなしです!

問題カードの音読

コツは、単語を読み間違えても、発音を間違えてもいいので、大きな声で読むことです。英語は、大きな声で発話しないと伝わりづらい言語と言われています。間違えて当然だ、という気持ちで、堂々と音読しましょう。そのときに、問題カードをずっと見ているのではなく、文章ごとに目を上げて、面接官と目を合わせるのもいいかもしれません。通常のビジネスのプレゼンや、大学でのディスカッションでは、周りの人のリアクションを見ながら英語を話します。

1問目:問題カードの内容に関する質問

問題カードに書かれている内容から、HowまたはWhyの質問をされます。この回答は、大抵問題カードのパッセージのある部分をそのまま読むだけで回答になります。Because~やTo~などで、的確に回答しましょう。合格者で、ここを間違える方はあまりいないものと思われます。

2問目:イラストの状況の説明

この問題がもっとも難関です。この問題がクリアできれば、ほぼ合格したと考えてもいいと思います。ここをその場で考えて説明を論理的にするのはかなり難易度が高いです。でも安心してください。英検対策スクールのベストティーチャーが特別に、どんな問題が出題されたとしても活用できるテンプレートをご紹介します。

1文目: 問題カードに書かれている Your story should begin with this sentence: の後に書かれている文章をそのまま読みます。

2文目:3つのイラストの一番左に書かれている会話文を、直接話法で読みます。

Aさん said, “イラストに書かれている会話文”.

3文目:1つ目のイラストと、2つ目のイラストの間に書かれている場面展開を読み、その後2つめのイラストを描写します。

4文目:2つ目のイラストと、3つ目のイラストの間に書かれている場面展開を読み、その後3つめのイラストを描写します。

もし余裕があれば、3文目と4文目の後に、イラストの描写をもう1文ずつ追加したいのですが、それはなかなか難易度が高いので、上のテンプレートに沿って話すのがベターです。イラストを描写する際は、難しく言おうとせず、平易な構文と平易な単語で話しましょう。

3問目:イラストに関連した意見を問う問題

ここからは問題カードを閉じるように指示を受けますが、イラストに関連した質問があります。まずはI agreeなのかI disagreeなのかを述べ、その後に1文理由を言います。

4問目:イラストに関連しない意見を問う問題

こちらも3問目と同じく、まずはYesなのかNoなのかを述べ、その後に1文理由を言います。

まとめ

音読は読むだけ、1問目は問題カード内にある内容を回答するだけ、3,4問目はYesかNoかを述べてその理由を言うだけなので、難易度が高く合否を分けるのは2問目のイラスト描写です。こちらは練習量がものを言うので、英検対策スクールのベストティーチャーで問題を解いて慣れておくのもいいでしょう。皆さんが英検2級に合格できるよう心から応援しております!

英検対策講座