【教えて!ジェイソン先生】TOEFL iBT対策:イラスト付きフレイヤー・モデル実践編

教えてジェイソン先生_タイトル画像

シリーズ「教えて!ジェイソン先生」第4話です。4skillsライターサキ(TOEFL iBT受験予定)と英語講師ジェイソン先生の会話を通して、英語のアウトプット力を伸ばす方法をお伝えしていきます。

本記事では、ボキャブラリー学習法として有効な「フレイヤー・モデル」を実際に作成した例をご紹介します。「フレイヤー・モデル」については覚えた英単語がしっかり身につく!効果的な学習法をご覧ください。

前回までのおさらい

ジェイソン
Hi, Saki-san. How’s your English study going?

(こんにちはサキさん。英語の勉強は進んでる?)
サキ
Hi, Jason-sensei! I have started studying vocabulary and reading English articles on the Internet. I started watching English movies and dramas and I’ve been writing down what the characters say.

(こんにちはジェイソン先生!前回からボキャブラリーを勉強し始めたし、インターネットで英語の記事を読んだり、英語の映画やドラマのセリフを書き出したりしてるよ。)
ジェイソン
Did you work on show and tell like we did in the previous article?

(この前の記事の”show and tell”はやってみた?)
サキ
Yes I did and I’m really getting the hang of it! I’ve been able to do it at anytime. Like this…
“These are potato chips that I’m eating right now. This is my breakfast, although it’s already afternoon. I chose potato chips for my breakfast because I’m too lazy to get some proper food.”

(うん、コツをつかんでこんな風にいつでもできるよ….
「今私が食べているのはポテトチップスです。もう昼だけどこれは朝ごはんです。ポテチを選んだ理由は、ちゃんとした食事を用意するのがめんどくさかったからです。」)
ジェイソン
That’s so funny!

(おもしろいね!)
サキ
Show and tell is such a good stay-home-activity! What have you been doing for fun recently?

(”show and tell”はステイホームにぴったり!ジェイソン先生は最近楽しいことあった?)
ジェイソン
Nothing special, but an interesting thing is, because of our conversations, I’ve been applying more and more of what we’ve been talking about to my own Japanese studies. It’s made studying a lot more enjoyable!

(これといってはないけど、実はこのシリーズで話したことを自分の日本語学習にどんどん取り入れているんだ。最近は日本語の勉強がもっと楽しくなってるよ。)
サキ
That’s so impressive.

(さすがだ。)

「フレイヤー・モデル」を作ってみた

ジェイソン
Now, we’ve put a new article out! This time, we’re going to introduce something called the Frayer Model.

(最近「フレイヤー・モデル」の記事を公開したね。)
サキ
I had actually never heard of it before you told me about it. But as I started to work on it, I found it really interesting.

(ジェイソン先生に教えてもらうまで聞いたことなかったけど、やってみたらすごく楽しいよ。)
ジェイソン
So have you started making your own Frayer Model?

(じゃあもう「フレイヤー・モデル」を作ってみたの?)
サキ
Yes! Today, I want to share a few my original Frayer Model notes. Here is the first one.

(うん!今日はいくつか紹介していくよ。まずはこちら。)


中央:覚えたい英単語

“Definitions(意味)”:英単語の意味

“Characterizations(特徴)”:英単語がどのようなはたらきをするのか、どのような状況で使われるのか、など

“Examples(例)”:例文

“Non-Examples(例ではない)”:覚えたい英単語と逆の意味の言葉や、英単語を表わさない状況など

ジェイソン
Great example! One of the most important things when using the Frayer Model, is to understand what distinguishes the term or concept from other things. Using a word like “engulf,” which is an extreme situation, is a great choice.

(いい例だね!「フレイヤー・モデル」では、選んだ単語とそれ以外のモノや概念をどう区別するかが大事。”engulf”のような極限状況を選ぶと「当てはまらない状況」を説明しやすいね。)
サキ
When I googled the word “engulf,” many pictures of fires showed up and I could have a clear image of the word. Also I learned there is a graph called an engulfing bar, that you see when you are looking at stock prices.

(”engulf”をググったら炎の画像がたくさん出てきて単語のイメージが明確になったよ。あと株価でよく見るグラフは”engulfing bar”っていうことも知った。)
ジェイソン
It sounds like Google image was very helpful for this Frayer Model. Not only do you now have a visual to help you understand the word more, you were also able to learn other new vocabulary!

(Google画像は「フレイヤー・モデル」を作るのに役立ちそうだね。視覚的に学ぶだけじゃなく新しい単語も覚えられたし!)
サキ
It’s very effective, isn’t it? Let’s move on to the next word.

(効果的だよね。では次の単語を紹介するよ。)


ジェイソン
What do you mean by Saitama, Yamanashi, and Nagano?

(埼玉、山梨、長野ってどういうこと?)
サキ
Those prefectures don’t face the ocean, so they don’t have a chance to see an “ebb.”

(海なし県だから”ebb”を見る機会がないの。)
ジェイソン
I see. It’s important to write things down in your own words. The more you can do that, the clearer you can understand things. After all, the Frayer Model is only for your study, so it’s perfectly fine if only you can understand it.

(なるほど。単語の理解を深めるには自分の言葉で書くことが大事だね。「フレイヤー・モデル」は自分の勉強のためだから、最終的に自分さえわかればどんな内容でもいいんだよ。)
サキ
And no offense to the people from Saitama, Yamanashi, and Nagano! Believe me, I was born in Yamanashi.

(そして埼玉、山梨、長野の方に対して悪気はございません。私、山梨生まれですから!)
ジェイソン
But you know, if there were to make a Frayer Model chart to this word, they might use the same examples! Isn’t that interesting?

(でもさ、海なし県の人も同じ例を使うかもしれないよ?そうだったらおもしろいね。)
サキ
Yes, I’m really having a fun time making Frayer Model notes, especially when I write something that relates to me! Let’s look at the next one, which is my favorite.

(うん、自分に関係のある内容で「フレイヤー・モデル」を作ってるときは本当に楽しい!では次の単語、これはお気に入り。)


ジェイソン
The blue creature you drew is…

(あの青い生き物は….)
サキ
The genie in a lamp, of course! Don’t you think he seems happy to become free after he made the master’s three wishes come true?

(もちろん、ランプの精ジーニー!ご主人様の3つの願いを叶え終えて自由の身になったから嬉しそうな顔でしょ?)
ジェイソン
Usually “emancipate” is used in the context of slavery, but this is very funny.

(普通”emancipate”は奴隷に関する話で出てくる言葉だけど、これはおもしろいね。)
サキ
I tried to draw a picture of Lincoln, but it was difficult, so I ended up with the genie.

(リンカーンの絵を描こうとしたんだけど難しかったからジーニーにした。)
ジェイソン
That is a great example of using prior knowledge to increase comprehension. While people in general might think of Lincoln, this is an example that works for you! In addition, through the physical process of handwriting your examples and providing an illustration, you’ve activitated the kinesthetic, or sensory, learning.

(自分がすでにもっている知識を使うことで理解がより深まるんだ。ほとんどの人はリンカーンを思い浮かべるだろうけど、サキさんは自分に合った例を使ったんだね!加えて、実際に手を動かして絵を描くことで運動感覚学習効果もあるよ。)
サキ
Thank you! Now for the last one.

(ありがとう!次で最後だよ。)


ジェイソン
Why did you put “me in the morning” for the non-example?

(なんで「朝の自分」は例ではないの?)
サキ
It’s just because I’m usually in a hurry in the morning. Like you said, I’m trying to connect the vocabulary to my personal experiences.

(朝はいつもバタついてるから。ジェイソン先生が言っていたように、自分の経験と結びつけた方がいいかなと思って。)
ジェイソン
What great examples you’ve provided! As you can see, you’ve engaged your different senses in order to grow a better understanding of the vocabulary. Research shows that, with greater sensory engagement, students can have a better learning experience.

(今回はいい例がたくさん出たね!さまざまな感覚を使ってボキャブラリーの理解を深められた。研究結果によると、絵を描いたり自分に関する内容を使ったり、たくさん感覚を使う方がより学びに繋がるんだ。)
サキ
I’m sure that the important thing is to use visual aids that work for you. It doesn’t matter how well you can draw!

(自分にとって視覚的に理解できるものを使うことが大事だと思うよ。絵の上手さは関係ない!)
ジェイソン
What’s more, the Frayer Model doesn’t require any difficult study styles or fancy apps. Whether you’re studying vocabulary, a concept, or a topic, no matter what level of learner you are, it is a great tool for studying! Give it a try!

(しかも「フレイヤー・モデル」は難しい勉強方法ではないし、イケてるスマホアプリもいらない。ボキャブラリー、概念、話題など、どんなことでも学べる。学習者の英語レベルに関係なく使えるツールだから、ぜひ使ってみてね!)
サキ
It would even work for small kids too.

(小さい子どもでも使えるね。)

最後に

「フレイヤー・モデル」を作る際の具体的なやり方はおわかりいただけましたか?「フレイヤー・モデル」作成時に役立つポイントをおさらいしましょう。

・Google画像で英単語を検索する
→画像を見ることで、英単語が表わすモノや状態のイメージが明確になる

・自分が理解できる内容を使う
→すでに知っている自分の中の知識、経験と繋げることで理解が深まる

・イラストを描く
→視覚的、感覚的に学ぶ方が効果的に身につく

自分が好きな内容や、おもしろいと思える内容を使えるので、単語学習も苦ではなくなりました。皆さんもぜひ楽しみながら「フレイヤー・モデル」を作ってみてください!

次回もお楽しみに♪

この記事を誰かに共有する