【英会話や英語試験に役立つ】単語やフレーズの効率的な覚え方とは?

英語を書くとき、話すとき、いつも使う単語やフレーズが同じになっていませんか?ボキャブラリーが豊富になると会話が広がることはもちろん、試験対策にも有利ですよね。今回は、オンライン英会話「ベストティーチャー」で活躍するベテランAnica講師単語やフレーズを覚えるコツについて教えてもらいました!

なかなか単語が覚えられない…

Learning new words and phrases is quite challenging for learners. As there are plenty of expressions, idioms and phrasal verbs students would like to remember and learn, sometimes, even in a short period of time, they try to find some new tricks and tips. What’s more, people who prepare for different exams or English tests (for example, IELTS, TOEFL, TOEIC, EIKEN, and various school tests, etc.) do not have plenty of time since they need results fast. Besides, even when they learn new words and phrases, they do not know how to remember them and use them in sentences, conversations, and stories properly.

新しい単語やフレーズを学ぶことは、かなり難しいことだと思います。覚えたい表現、イディオム、句動詞はたくさんあるので、何か覚えるコツやヒントを見つけられたらと思いますよね。さらに、様々な試験や英語のテスト(例えば、IELTSTOEFLTOEIC英検、学校の各種テストなど)の準備をする人は、早く良い結果を得る必要があるため時間があまりありません。また、新しい単語やフレーズを覚えても、文章や会話の中でどう正しく使うのか把握できないのです。

覚えたい単語に色をつける

Luckily, some good ways can help learners to enrich their vocabulary quickly. Firstly, people remember many things easily when something is fun. Therefore, when writing down new words and phrases, they could try to use coloring pencils and markers or crayons in different colors (for example, red, blue, yellow, green…). In addition, some difficult words could be highlighted with markers. To illustrate, when students learn colors, food-related vocabulary, or feelings-related words, they can circle or highlight a word with a corresponding color (cold or freezing can be marked with a blue pencil or crayon while anger with a red one).

幸いなことに、迅速に語彙力をつけるのに良い方法があります。まず、人は「楽しい!」と感じる時、多くのことを簡単に覚えます。よって、新しい単語やフレーズを書き留めるときには、色鉛筆やマーカーを使い分けて、様々な色で塗ってみるのも良いかもしれません。また、難しい単語もマーカーでハイライトしましょう。例えば、「色や食べ物に関する単語」、「感情に関する単語」を学ぶ時は、対応する色で単語を丸で囲んだり、ハイライトします(冷たい、凍えるは青で、怒りは赤など)。

Now, many stickers might help students to memorize something they find challenging. By the way, if some people prefer typing and using computers or smartphones, everything I mentioned could be done on devices as there are many applications with amusing stickers and entertaining functions. Even though this method might not be convenient and practical for all learners, some people, especially visual types (people who learn faster when they can see something – for example, words or expressions with a sticker or simple drawing) might find that quite handy.

この方法を取り入れることで、難しいと感じる単語も暗記することができるかもしれません。パソコンやスマートフォンを使用した学習を好む人もいると思いますが、楽しい機能を持ったアプリケーションがたくさんあるので、ここで紹介したことはデバイスでも行うことができると思います。この方法は、すべての学習者にとって便利で実用的とは言えないかもしれませんが、特に視覚で覚えることが得意なタイプの人(例えば、単語やフレーズにシールや簡単な絵をつけることでより速く記憶できる人)にとっては、とても便利な方法だと思います。

単語やフレーズをグループ化する

Next, grouping similar words and phrases and creating personal vocabulary lists might be useful for learning new words and phrases. To explain, if people write some titles (such as education, medicine, work, the weather…) in a notebook or if they create such a note/document, every time they see or hear a new word from a specific group, they can add it to their list. Of course, it’s essential for students to revise their lists from time to time and try to use those words and expressions.

次に、似たような単語やフレーズをグループ化しリストを作成することも有効です。例えば、教育、医療、仕事、天気などのタイトルをノートに書き、関連する単語やフレーズを見聞きした時に書き足していくのです。もちろん、時々リストを見直して、その単語やフレーズを使うようにすることが重要ですね。

定着させるためのトレーニング

A very important question is how to make words and phrases active. I mean, how to use them easily in conversations, at work, or when we do a test. One idea is to create unusual stories. When learners do not have enough time to write their stories down or to type them, they can try making stories in their minds. To illustrate, while commuting, cooking or doing some tedious mechanical tasks, or just when sitting, we can try to use a few words in a story. For example, if we try to remember the weather-related vocabulary, we can try to make a story about the weather on that specific day or what the weather was like when we were happy or frustrated.

とても重要なポイントは、単語やフレーズを実際に会話や仕事、テストなどでいかに使えるようにするかということです。そのために「架空の物語」を作ることをおすすめします。ストーリーを書き留めたり、タイプしたりする時間が十分にない場合は、頭の中でストーリーを作ってみるのも良いでしょう。通勤中、料理中、作業をしている時、あるいはただ座っている時、いくつかの単語を使って物語を作ってみるのです。例えば、天気に関する単語を覚えたい場合は、その日の天気や、嬉しかったり悔しかったりしたときの天気の話を作ってみましょう。

Although many people struggle with learning new words and phrases, we can try to find some amusing ways to make it less boring and tiring.

新しい単語やフレーズを覚えることは骨が折れますが、疲れたり退屈しない、何か面白い方法を探してみましょう。

こちらの記事を執筆した講師のプロフィールはこちら

この記事を誰かに共有する